「住友別子鉱山鉄道 廃線跡」 “あかがねのまち新居浜ブロガー旅行記” (愛媛県新居浜市)

「住友別子鉱山鉄道 廃線跡」 “あかがねのまち新居浜ブロガー旅行記”

住友別子鉱山鉄道は、1977年(昭和52年)まで愛媛県新居浜市において鉱石輸送や旅客輸送を行っていた住友金属鉱山運営の鉱山鉄道(一時期地方鉄道)の通称です。
伊予鉄道に続く愛媛県で2番目の鉄道(山岳鉱山鉄道としては日本初)として1893年(明治26年)に開業しました。

昭和4年から昭和30年まで旅客を乗せていたので、新居浜の人々の生活に密着していた鉄道だったことでしょう。

全廃は昭和52年(1977年)ですが、今も町のあちこちにはっきりとわかる廃線跡があります。


15102601.jpg
マイントピア別子あたりでは、はっきりと線路までが残っています。