京都駅~小倉駅 高速夜行バス

感動冷めやらぬうちに気持ちを残したかった、小野田線。
やっと。。心落ち着きましだ。
さて、旅のはじまりに戻りましょう。




行きたいところがいっばい。乗りたい路線がいっぱい。
限られた日数と金額なら フリー切符。遠いところなら夜行高速バスで近くまで。これが一番。

美祢線は山口県を走りますから、山口県のどこかで停車するバスを検討していたのですが、小倉まで行った方がいいよとのアドバイスをブログ友達から頂きました♪

検索してみると、ツアー型バス、独立席でもリーズナブルに乗車する事が出来るのでした。




16102905.jpg

16102901.jpg
20時30分発 ロイヤルエクスプレス。

早い時間に乗って、早朝に着けるのは 一番嬉しい事です。


[ 2016/11/05 17:00 ] 長距離バス | TB(0) | CM(4)

京都-小田原 高速夜行バス  “伊豆・箱根の旅”


「箱根登山鉄道」
鉄道ファンならずとも、誰もが知る登山路線ですが、「誰もが知る」ゆえ、敬遠していた路線です。
ところが先日見た鉄道番組で、雰囲気のある駅舎もありやはり、一度は行っておくべき路線だと思い、早速計画開始。
やはり移動はリーズナブルかつ、効率的な高速夜行バスでしょ。

高速バスでの移動を始めた頃は、主要都市間を走るバスしかないと思っていたし、入口の広いピンクのあのバスサイトしか見ていなかったのですが、実は今では中都市間を結ぶ高速バス路線もかなりあります。
また、高速路線バスの方が信頼できるし、料金的にもツアーバスより、日によってはお安く快適に乗車できることもわかってきました。
→ 路線バスとツアーバス




今回は 京都-小田原。

16062520.png


 さらに、私が乗車する日は「期間限定割引」に該当することが判明。 なんと3900円。
この金額で3列独立シート、トイレ付きが利用できるなんて、こんなお得な話はありません。
飛びついて、発売開始日に予約しました。

[ 2016/06/24 17:00 ] 長距離バス | TB(0) | CM(2)

長野駅~京都駅 “信州・私鉄の旅” (長野県~京都府)

 22時30分発 京都行夜行バス。

16062311.jpg

 高速バスの乗り場はわかりにくい事が多く、一度一時間近く探し回った事があり、とりあえずバス停の確認。 おっけ~♪


 JR長野駅は開放的で大きいのですが、ベンチや待合室を見つける事ができません。
結局 上田電鉄の待合所に多くのベンチがあり、そこで本を読みながら、待ちました。
夜の長野駅前を歩いてみればよかったのですが、雨と、疲れから断念。。

[ 2016/06/23 17:00 ] 長距離バス | TB(0) | CM(2)

信州大好き!! ‘信州・私鉄の旅’ (長野県)

ずっと遠くまで続く高原。高い山。。
あーやっぱり信州!!と 深呼吸してしまいます。
そんな中を駆け抜ける電車。
降り立った駅は、澄みきった空気の中で、時を越えた様相を健気に感じさせてくれます。
あーー いいなぁ。。
もっとどっぷりとつかりたいなぁ。。

信州は裏切りません。。すべてが素晴らしい。





 私が始めて信州に足を踏み入れたのは中学三年生の時の修学旅行。近隣の学校は東京や日光を訪れていた時代に、なぜか東京と信州でした。
でも、決められたルートをバスで行くだけ。それより友達とのおしゃべりに夢中だったり、好きな男の子の行動ばかりみていたり(笑)
蓼科高原、鬼押出し、善光寺。
記憶の中で、際立っているのは 長野駅から椅子の夜行列車で大津駅まで帰ってきたこと。薄暗い中で車内を友達と歩き回ったこと。

 鉄道が好きになって、まだ間もないころ。身延線に乗ってみようと思い訪れたのが、意識して信州に足を踏み入れた最初。
ペンションのおじさんに標高が一番高いところにあるという「野辺山駅」まで車で送ってもらったのも、スイッチバックの姨捨駅に行ったのも、小海線に乗ったのも、今思えば鉄道ファンとしては魅力的な事なのに、まだまだ何もわかっていない時でした。
 その後、何度訪れたでしょう。飯田線で長野県入した事もあったし、松本を訪れたこともなり、諏訪湖を訪れた事もありました。
 そのどれもで、素晴らしい景色に出会えました。


0608091_2016042421370621e.jpg
(2006)

12081911_20160424214111b7d.jpg
(2012)











 今回は、念願だった上田電鉄、長野電鉄が目的でしたが、その道中出会ったすべてが最高でした。
この感動をどうしようか、缶詰にでもつめこめたらいいのにと。。
このような状況に居ることができるすべてに感謝だと。。。

それほどにいい旅でした。
[ 2016/04/25 17:00 ] 長距離バス | TB(0) | CM(6)

上信電鉄・わたらせ渓谷鉄道の旅_「出発」

 北陸新幹線開業直前に第三セクター化する北陸本線旅をして以来の遠出。私にしては珍しいことかも。

 なにやら秩父鉄道が面白そうだなぁと、目的地を埼玉県にして格安夜行バスを予約したのですが、チェック不足でフリー切符は週末だけでした。
折角の格安バス、ならばどこへ行こうか?と。。
思いつくままに、味のある私鉄を目的地にしたのはいいのですが、「関東」は広い。
バス乗降地の池袋、新宿から 栃木県、群馬県とJRで移動したのですが、これがなかなか遠かった。
帰路、群馬県の桐生駅から新宿駅まで2時間半。
う~ん。。  関西なら和歌山あたりまで移動しているなぁと。。。改めて、かなり都心から離れてしまっていた事を実感したという有様です。。
 「西日本」というくくりに住んでいる者ってこんな感じかなぁ。
群馬も埼玉も栃木も 東京の近くだと思っています。
西日本と東日本の境界近くに住んでいるのに、やはり九州、四国の方が地名でのイメージがしやすいんです。
 今回、旅中も自分のいる位置は地図で確認しないとわからなかったり、身の置き場がない緊張感を感じたり。。
故に旅気分は大きかったのですが。。


 ということで、6月29日 京都駅から夜行バスに乗りました。


15070102.jpg

15070103.jpg




[ 2015/07/04 08:18 ] 長距離バス | TB(0) | CM(6)

「博多駅筑紫口 バスストップラウンジ」  (福岡県福岡市)

15020204.jpg


15020207.jpg

15020206.jpg



 博多駅筑紫口近くにあるお洒落なカフェ。

[ 2015/02/04 21:27 ] 長距離バス | TB(0) | CM(2)

高速バスで 小林IC~福岡駅  (宮崎県・熊本県・福岡県)

 11月に主人の実家を訪れた時は義父のお見舞いが目的だったので、前後に観光を組み入れました。
実家に一泊した翌朝は、最寄のICから、福岡駅まで高速バスです。
 九州に於いて、JRの利用率が低い分、中距離バスはかなりの頻度で運行され利用されています。
鉄道ファンにとっては、寂しい事ですが、路線の少なさと本数の少なさは否めず勢い高速バスでの移動になってしまうことは、日常生活では仕方のない事だろうと思います。


15011901.jpg

15011911.jpg

15011912.jpg






[ 2015/01/30 16:01 ] 長距離バス | TB(0) | CM(10)

長距離正規料金旅。

 昨年は結局三回、宮崎の主人の実家に行きました。
 一度目は、GW。主人の両親が元気なうちに、みんなで遊びに行こうよ、と娘達家族とともに往路-陸路 帰路-フェリー の旅。出来の悪い嫁の私は、義両親の金婚式以来15年ぶりの訪問。懐かしい風景に第二の故郷を感じました。
 二度目は、11月。義父の体調がよくないと聞き一人、夜行バスで観光を兼ねての訪問。
91歳の義父、突然訪れた私の名前もしっかりわかって、帰り際にお金を渡してやれ。。と義母に言い、私が帰ってからも何度も気にしてくれていたというのに。

 12月22日朝。義母からの電話で、お昼過ぎ主人が行きました。
まさか。。もしもの時の用意なんてして行かない方がいいね。。
年は越せるはず、だって娘達家族は年末年始におじいちゃんに会いにいくんだもん。。

 12月23日早朝のベルは、もうすべてを伝えてくれてました。
心つもりはしていたけれど、準備に時間がかかりました。

ローカル電車や、お得切符でののんびり旅はするけれど。
当日に正規の料金で新幹線に乗るのは、こんな時だけ。
鉄道ファンなのに、慌てている事も手伝ってまるで、おばさんのひとり旅。
駅員さんに聞きながら、乗車。
連絡すべきを終え落ち着いたのは岡山駅に着いた頃でした。


15010401.jpg

15010402.jpg



[ 2015/01/16 17:47 ] 長距離バス | TB(0) | CM(2)

高速バスで鳥取を後に。 (鳥取県鳥取市)

<山陰海岸ジオパーク女子旅モニターツアー 2013後期>

高速バスで鳥取を後に。

14012501.jpg

鳥取と関西を結ぶ高速バスはかなり充実していて、神戸・大阪とを結ぶ瓶は1時間に1本~2本。
京都を結ぶ便は一日3本。所要時間3時間半
特急「はくと」と時間の差はあまりなく、代金は半分。
リーズナブルに鳥取往復が出来ます。

[ 2014/01/29 21:00 ] 長距離バス | TB(0) | CM(2)

「たびたび城たびin兵庫」 いざ淡路島へ

【兵庫・ブロガー100人戦国トリップ】

≪ノスタルジックアイランド淡路≫

「いざ淡路島へ」


13103001.jpg

旅行の予定は、10月24日25日。
数日前から台風の進路が気になっていましたが、なんだか怪しい。
台風の進路そのものも直撃しそうですが、その北側にある前線と気圧の谷があり雨が降り続くという予報。
でも休みの都合で、変更するわけにはいかないんです。

「天気予報なんてあてにならない♪ 私は晴れ女♪ 大丈夫!!」
いつになく楽観的な気持ちになって出発しました。



13103002.jpg
最寄り駅6時58分発。


13103003.jpg
ホームの間から、青空が見えているではありませんか。

ほうら、大丈夫、晴れてくるって。



[ 2013/10/26 22:46 ] 長距離バス | TB(0) | CM(6)

路線パスで1時間半 湯の峰温泉~紀伊田辺 【南紀パス】 (和歌山県田辺市)

 不通となっている区間を走っている田辺市のバスで、熊野本宮大社前まで。
12050601.jpg

 昨日は一日まともな事を取る機会がなく、やっと落ち着いて「事」
12050602.jpg



12050603.jpg

12050604.jpg

龍神バスで、紀伊田辺駅へ。

[ 2012/05/06 19:34 ] 長距離バス | TB(0) | CM(0)

JR四国 「バースデー切符」 旅の始まり 

10052008.jpg

10052009.jpg

 鉄道好きの私にとって、こんな嬉しい切符はありません。

 この切符の存在を知ったのはブログ友達のkaresansuiさんからのコメントでした。
あれから誕生月が来るたび検討してたのですが、なかなか実現することができませんでした。
 現在も母が入院中。後ろ髪ひかれる思いをひきづりながらも「今しかない!」と思い立って、「出来たら5月に三連休ください」と主任にお願いしたら偶然にも誕生日の5/20~の三連休となったのでした。。




10052010.jpg
[ 2010/05/24 21:33 ] 長距離バス | TB(0) | CM(4)