JR西日本 関西本線 「柘植駅」前 (三重県伊賀市)


17042405.jpg

柘植駅前にある一軒の喫茶店 「中村屋」
かつては、駅弁等を販売していましたが改装して 喫茶店をされていまいす。
昔話も聞かせて頂けるそうで、是非ここが休憩をしたかったのですが、生憎 定休日でした。 次回は是非と思っています。


[ 2017/05/01 18:00 ] ---まちあるき--- 三重県 | TB(0) | CM(2)

JR西日本 関西本線「新堂駅」界隈 (三重県伊賀市)


昔ながらの民家側に旧駅舎があり、その昔の利用者がそちら側だったのだという事を物語っています。
反対側に出ると、整備された大きな広場があり、トイレ、自転車置場 がゆったりした中にあります。

17041803.jpg

17041801.jpg

17041802.jpg


[ 2017/04/25 17:00 ] ---まちあるき--- 三重県 | TB(0) | CM(2)

JR西日本 関西本線 「佐那具駅」前 ぶら~り (三重県伊賀市)


 佐那具駅前の道、昔ながらの建物と気持ちのいいカープにひかれて、左へと進みます。

17041501.jpg

17041503.jpg
少し進むと、左に川の流れが目に入りました。

17041505.jpg

17041504.jpg
いつの頃に架けられた橋なのでしょう?

[ 2017/04/22 20:00 ] ---まちあるき--- 三重県 | TB(0) | CM(0)

JR東海 名松線「家城駅」で<すわランチ> “青春18切符 名松線の旅” (三重県津市)


 家城駅から数分 国道15号沿に、「レストランすわ」があります。

事前にマップで調べてはいたものの、営業日、お店の雰囲気まではわかりません。
営業してなかったらしてなかったでいい。ローカル線の旅でお昼抜きになることは、よくあることです。


16093801.jpg

立派なレストランでした。
何台かの車も泊っています。
[ 2016/10/15 17:00 ] ---まちあるき--- 三重県 | TB(0) | CM(0)

JR東海 名松線「家城駅」前の風景 “青春18切符 名松線の旅”  (三重県津市)

駅があったから町が栄えたのか、町が栄えていたから駅が出来たのか。
「卵が先か、鶏が先か」
きっと、人の集まる駅前にお店がたくさんできたのでしょう。
日曜日のお昼どき。
お休みなのか、もうお商売をされていないのかわからないお店も多くありました。

16093712.jpg
お店が三軒並んでいたようです。

16093711.jpg

16093710.jpg

16093729.jpg
カバン、はきものの西川さんは、かろうじてお商売をされているようです。「売り切れごめん」かなぁ。。


16093730.jpg
同じ屋根の下の精肉屋さんはもう閉店されたようです。





[ 2016/10/14 17:00 ] ---まちあるき--- 三重県 | TB(0) | CM(0)

JR東海 名松線 「家城駅」界隈、街道としての町並み “青春18切符 名松線の旅”  (三重県津市)

16093701.jpg
家城駅からは、そう広くない真っすぐな道が伸びています。


16093702.jpg
大きな桜の木の下に目をやれば、田んぼが盛り土され台座になっている、さらに石垣のある少し高い場所があります。

城跡でしょうか、神社があったのでしょうか。

[ 2016/10/13 17:00 ] ---まちあるき--- 三重県 | TB(0) | CM(0)

JR東海 関西本線「亀山駅前」 ぶらり “青春18切符 名松線の旅”  (三重県亀山市)

 亀山駅前は大きな広場があり、その前にかつての繁栄を感じる旅館やお店が並んでいました。
「かつて」。。 「鉄道が全盛だったころは多くの人が行きかう町だったけれど、何年か前から人の波が他へ移ってしまった」
それを顕著に感じる風景が駅前に広がっているのでてす。

16093314.jpg

駅真正面。


16093302.jpg

[ 2016/10/09 17:00 ] ---まちあるき--- 三重県 | TB(0) | CM(4)

近鉄宇治山田駅 延伸計画 “人気番組足跡めぐりツアー”  (三重県伊勢市)



16082501.jpg

宇治山田駅 ホーム下から撮った画像です。
手前の鉄柱のジョイント部分は8角形。
奥のジョイント部分は6角形で、左端が閉じられた形になっています。

[ 2016/09/01 17:30 ] ---まちあるき--- 三重県 | TB(0) | CM(2)

伊勢の「河崎地区」 “人気番組足跡めぐりツアー”  (三重県伊勢市)


 蔵のあるまち「河崎」
江戸時代から、勢田川の水運を利用した問屋街として発展した河崎のまち。人々からは「伊勢の台所」とも呼ばれ、伊勢神宮への参拝客をもてなすまちとして賑わっていました。
 陸運が発達した現在となっては、その役目が終わってしまいましたが、勢田川沿い約1kmには当時の面影が偲ばれる町並みが続くとともに、古い蔵を利用したカフェやショップなどがオープンし、昔と今が融合した伊勢の新たな観光名所としてその魅力を発信しています。


16082303.jpg 16082302_s.jpg
 

[ 2016/08/31 17:00 ] ---まちあるき--- 三重県 | TB(0) | CM(0)

古市・油屋跡、朝吉旅館 “人気番組足跡めぐりツアー”  (三重県伊勢市)


古市は伊勢神宮へ参拝する伊勢街道の通り道であり、古市は遊郭・歌舞伎町として江戸時代栄えました。
遊郭は江戸時代に栄え、最盛期には妓楼70件、遊女は軽く1000人を超えたそうです。
江戸幕府非公認ながら、江戸の吉原、京都の島原と並んで三大遊廓に数えられていました。
代表的な妓楼としては、備前屋、杉本屋、油屋、千束屋などがありました。


1902101.jpg

16082102.jpg

16082103.jpg

16082104.jpg

「油屋跡」は近鉄の線路を見下ろす道路脇にあります。



[ 2016/08/30 17:30 ] ---まちあるき--- 三重県 | TB(0) | CM(0)

「筋向橋」 “人気番組足跡めぐりツアー”  (三重県伊勢市)


1602007.jpg 16082001_s.jpg


かつての伊勢街道、伊勢本街道、熊野街道の合流地。
各地から来た人たちがここで落ち合った交通の要所です。
筋向いに橋が架かっていたことが名前の由来です。


古くは反橋であり、大正4年に平橋、昭和3年にコンクリート橋 となり 昭和45年に暗渠になりました。
伊勢には反橋が似合います。

今もその名残を感じることができるのは、さすが伊勢です。



[ 2016/08/28 17:30 ] ---まちあるき--- 三重県 | TB(0) | CM(2)

伊勢神宮外宮 “人気番組足跡めぐりツアー”  (三重県伊勢市)


 宇治山田駅から三重交通のバスに乗って 伊勢神宮外宮へ移動。
参道を歩き始めてすぐ、散水車に出会いました。
ツアーで一緒の方々が「これは珍しい」と皆さんカメラを向けられています。
伊勢神宮参拝がまだ三度目という私は、珍しいのかどうかわからないまま同じようにカメラを向けました。

16081801.jpg

16081802.jpg

16081803.jpg


[ 2016/08/27 17:00 ] ---まちあるき--- 三重県 | TB(0) | CM(2)

宇治山田駅前 “人気番組足跡めぐりツアー”  (三重県伊勢市)


 3月に訪れた時、訪れたのが明倫商店街 → 明倫商店街
16081710.jpg
二か所の出入り口があって、中はコの字になっている。
この迷路のような商店街が昭和らしく謎めいていていいんだよなぁと。。眺めながらも今回は入らなかったけど、改めて前回訪れた時の写真を見て、勿体ない事をしたなぁと思います。
夜食のフライでも買えば良かったなぁ。



伊勢市観光文化会館。
16081709.jpg
面白い形の建造物で、近代建築かと思ったけれど、昭和46年建築と、意外に新しい。


[ 2016/08/26 17:30 ] ---まちあるき--- 三重県 | TB(0) | CM(2)

伊勢うどん “人気番組足跡めぐりツアー”  (三重県伊勢市)

 足跡めぐりツアーは、宇治山田駅8時30分集合のため、前日に伊勢入り。
「伊勢」と言えば「伊勢うどん」

16081403.jpg

[ 2016/08/23 17:30 ] ---まちあるき--- 三重県 | TB(0) | CM(6)

名張駅前 ぶらり散策 「サンロード商店街」 “近鉄週末フリーパスの旅”  (三重県名張市)

 
 ホテルを出て、雰囲気のある道をぶらぶら歩いていると、その先に見えるたのがアーケード商店街の入口。

16040501.jpg


16040503.jpg


[ 2016/04/08 17:00 ] ---まちあるき--- 三重県 | TB(0) | CM(0)

名張駅前 ぶらり散策 “近鉄週末フリーパスの旅”  (三重県名張市)

 昨晩 駅前を軽く歩いてみたけれど、さほど目ぼしいものはなかったし、ゆっくり寝て出発しようか。
グーグルマップを見てみると、西方向の道路がいい具合にカーブしていて、商店もある様子。
もしかすると何かあるかもしれない。。と、やっぱりいつも通り早朝にホテルを出ました。


16040401.jpg
 ふむふむ、いい感じ。 これが街道かな?

16040402.jpg

16040403.jpg


16040404.jpg
 最近「結納」ってしなくなったけれど、新しい旗がなびいていると言う事は、このあたりでは今も結納の風習があるのでしょうか?

[ 2016/04/07 13:52 ] ---まちあるき--- 三重県 | TB(0) | CM(4)

なばり饅頭 “近鉄週末フリーパスの旅”  (三重県名張市)

16040301.jpg

 広い名張駅西口前にある、電飾の綺麗なお店。
電飾の野暮ったさが感じられないのは、すっきりした和風建築だからかもしれません。

16040302.jpg
実はここで、夕を取ろうと思っていました。
でも。。 店内から男性数人の賑やかな笑い声が聞こえてきて、やっぱり女性1人が行くところじゃないかもしれないと断念(笑)

 「なばり饅頭」に惹かれ、店舗の方へ。
上品なお姉さんが出てこられて、ちょっと一安心。

 一人旅なんぞをしていますが、気の小さい私は各所でドキドキ、躊躇しながら写真を撮り、お店に入っているのです。。

[ 2016/04/06 17:00 ] ---まちあるき--- 三重県 | TB(0) | CM(8)

懐かしの伊勢名物「生姜糖」 “近鉄週末フリーパスの旅” (三重県伊勢市)


 関西人にとって伊勢名物として一番馴染みなのは「赤福餅」
♪ いじゃないか いじゃないか 赤福餅いじゃないか 伊勢の名物 赤福餅はいじゃないか♪というCMは誰もが知っています。
修学旅行前には、申込書と集金袋が配られ事前に申込をしておいて修学旅行の翌日だったかに教室で配られた記憶があります。
そのような斡旋は今じゃ許されない? 当時は 学研の学習雑誌も教室で配られ、貯金も教室まで郵便局の人が取りに来ていました。 教室にどこまで個人的な事に介入してくるのか?と 今じゃ考えられない時代でした。

 と、また話は思い出話になってしまいましたが、赤福餅ともに申込書に書かれていたのは「生姜糖」
親戚等からの伊勢のお土産は、日持ちのする生姜糖の方が多かったような気がします。
ただ、子供にとって色はとても綺麗なんだけど、生姜の香りは馴染めなくてあまりべてなかったような気がします

岩戸屋さんのHPからの借物ですが、当時よく頂いた生姜糖はこんな感じでした。

16041203.jpg


[ 2016/04/03 17:00 ] ---まちあるき--- 三重県 | TB(0) | CM(6)

「明倫商店街」 “近鉄週末フリーパスの旅”  (三重県伊勢市)

 とてつもなく駅正面幅が長い宇治山田駅前は、ゆったりとしたバス発着場、駐車場。 
その前の道路を隔てたところには、昭和を感じさせてくれる建物が並び、昭和46年開館の伊勢市観光文化会館までもが同化しています。

16032002.jpg




同じ並びに気をつけていなければわからないような商店街の入り口がふたつ。
16032003.jpg

16032004.jpg


うわぁ~~
宇治山田駅を見にきたのに、こんな商店街に出会えるなんて♪
いったい、この中はどうなっているんでしょ?

足を踏み入れるのは、ちょっと恐いけれど、素通りなんて絶対出来ない私が大好きな場所。

[ 2016/04/02 17:00 ] ---まちあるき--- 三重県 | TB(0) | CM(2)

近鉄鈴鹿線 「平田駅」界隈 “近鉄週末フリーパスの旅” (三重県鈴鹿市)

 平田駅を出れば、中都市の雰囲気を感じます。

16031201.jpg

16031205.jpg


[ 2016/03/25 17:00 ] ---まちあるき--- 三重県 | TB(0) | CM(2)