JR西日本 高山本線3セク移管直前旅 「越中八尾駅」 (富山県富山市)

 北陸本線から分岐している、城端線・七尾線、大糸線、高山本線は、北陸新幹線開通後も、そのまま「JR西日本」の管轄として残ります。
 ただ、接続路線が3セクとなるので、連絡が悪くなり、運賃面でも割高になりそうです。
青春18切符も、分岐しているJRに乗車するのなら3セク部分も乗車可だそうですが、その手続きはどのようにするのか、どうもわからない部分が多く、とにかく 私から遠くなることは確か。
今回の 北陸乗り放題切符で、不便になるだろう路線にも乗車したいと、いろいろ計画してみたのですが、なにぶん本数が少ない。 なんとか、計画に はまったのは高山本線「越中八尾駅」
たまには、人並みの観光もしてみましょう。 おわら風の盆で有名な八尾の町を見てみましょう。



 15040401.jpg

15040420.jpg


JR西日本 北陸本線3セク移管直前旅 「石動(いするぎ)駅」 (富山県小矢部市)

 北陸本線 富山県の最西端駅 「石動駅」
“いするぎ” どのように読めばこうなるのでしょう。。

15040204.jpg
どこに立てば、駅の全体像を捉える事が出来るのだろう?と 思うほどに駅が長く細い。

15040206.jpg

 少しずつ、少なくなってきた、昭和のど真ん中時代を思わせる駅舎です。

1968年(昭和43年)に建てられました。

JR西日本 高山本線 「越中八尾駅」 (富山県富山市)

 北陸の旅初日は、連日からの豪雨のためダイヤが乱れ、一日中綱渡り状態で列車を乗り継ぎました。
猪谷駅から「ワイドビューひだ」で、越中八尾駅下車。
途中下車せずに富山駅まで直行すればいいものを5分の普通電車への乗換時間で「越中八尾駅」を見るためでした。

ダイヤが多少乱れていたので「普通は何時に出ます?」と改札の人にお聞きすると「もう出ますよ!」といわれ、写真を撮るのを中断 跨線橋を走って渡り別のホームにうつり普通に乗り換えたのですが。。。。
2~3分は停車していました。

ん~~ 目の前の改札を出て、越中八尾駅の写真を撮る時間は十分あった。。
検索してみなさんの写真を見れば、おわら風の盆で有名な駅だけあって風格と雰囲気を持っているのですか。
ん~~ 勿体なぃ。。


10100504.jpg




JR西日本 高山本線 「猪谷駅」 (富山県富山市)

10100401.jpg

猪谷駅到着。

雨のせいで、薄暗く感じますが、駅周辺は広々と開放的。
いくつもの線路が見通しよく伸びています。



10100417.jpg
線路を渡って行く駅は、駅と電車の一体感かあって好きです。





高山本線 富山駅~猪谷駅 (富山県)

10100303.jpg

 車窓から見えるのは濁流の神通川。昨日からの大雨の影響。
今朝は東海道本線も落雷のため大阪京都間が早朝から不通となっていて、この旅の行方が最初から危ぶまれたのでした。

 昨年夏 大糸線南小谷駅を目指した日もこんな日でした。
→ 大糸線 糸魚川~南小谷
 北陸から内陸山間部を目指す時は、自然の厳しさを感じるこんな日が似合っています。