JR西日本 北陸本線3セク移管直前旅 「富山地方鉄道」

 鉄道好き、昔の姿の鉄道好きにとって「富山」は魅力ある土地です。
「富山地方鉄道」
 現有路線の総延長距離は100.5kmという、私鉄が走っています。 しかも、レトロ感たっぷりの駅舎、車輌、日本海、立山連峰と車窓も素晴らしく、富山県の宝のひとつでもあると思うのですが、新幹線開業にともなって 「富山駅で降りて富山地方鉄道に乗ろう」と宣伝するわけにはいかないのでしょう。


 2010年に訪れた時のブログはこの日から続いていますが、途中までとなっています。
→ 立山へ">立山へ


 富山地方鉄道は、富山市内をも路面電車で走っていて、その姿もまた私が好きなもの。


15032601.jpg

 前回見る事のできなかった電飾電車!!

富山地方鉄道 本線 「越中荏原駅」 (富山県富山市)

ホームに降りてみる。。 簡易フェンスと三角コーンがあり、誘導路がある。。
おや? なんかおかしい。。

10070704.jpg

私降りる駅間違った?。。

富山地方鉄道 本線 「東新庄駅」 (富山県富山市)

 今から、4ヶ月前。今年3月に富山地方鉄道に乗りに行った時の話です。
あの時、立山の広大な景色に感動したあまり。。立山の記事からはじめてしまい、キリのいい駅まで進んだところで、桜の下の美作滝尾駅の感動を伝えたくて鳥取の記事へと変えてしまいました。。

 今。。 再び富山地方鉄道の画像を振り返れば、やっぱり素晴らしい。
気持ちが高揚したところで再び富山地方鉄道の記事を書かせて頂くことにしました。


第一日目。
富山駅の脇にある「電鉄富山駅」

特徴のない、まるでデパートの入口かな?と思ってしまうような駅ですが、天井の高さが印象的です。

10070601.jpg


富山地方鉄道 立山線 「岩峅寺(いわくらじ)駅 構内 ①番②番ホーム (富山県中新川郡)

1004022.jpg

岩峅寺駅立山線五百石方面の①番ホームの屋根の形が、とても綺麗てす。

富山地方鉄道 立山線 「岩峅寺(いわくらじ)駅 構内 ③番線④番線 (富山県中新川郡)

10040210.jpg



岩峅寺駅は立山線と上滝線が合流する駅で、たくさんの線路が絡み合っています。
その絡み具合を、肌で感じられるのが、こういうった地方ローカル線の良さ。絡んでいる構内を線路、電車と同じ地上で感じる事ができます。

そしてこの岩峅寺駅は、田園に囲まれた開放的なところにあり、広々としたところに 線路と駅舎があるのでとても気持ちがいいのです。。



1004021.jpg

立山線の途中駅、上滝線の終着駅。折り返して南富山方面へと出発するこのホームは ③番ホーム (④番ホームは年末年始以外使われないそうです)


富山地方鉄道 立山線 「岩峅寺(いわくらじ)駅」 (富山県中新川郡)

10040102.jpg

富山地方鉄道の立山線と不二越・上滝線が交わるちょっと複雑な構造を持つ駅。
その複雑さは、とても面白いのですが、駅舎そのものも重厚で立派な事からも重要な駅であることがわかります。


10040106.jpg


10040104.jpg


屋根の形は、駅近くの「雄山神社」の屋根の形を模したものだそうです。


10040111.jpg




富山地方鉄道 不二越・上滝線 「開発(かいほつ)駅」 (富山県富山市)

1003321.jpg

電鉄富山駅から6つめの駅。
山の中の駅舎のような感じを受けますが、富山市の郊外になるのでしょうか、通勤通学時間帯の7時代だったため、次々に乗客さんがいらっしゃって写真を撮るのをためらってしまうほどでした。
富山市内へ向かう人々の足として重要な役目を果たしている私鉄ローカル線だという事を、感じさせてくれました。


1003322.jpg


富山地方鉄道 不二越・上滝線 「上堀駅」 (富山県富山市)

 感動の「立山連峰」から、始めた富山地方鉄道の駅舎記事。
立山駅から南へ下っていきました。

 今度は、二日目の朝 富山駅から富士越上滝線に乗車して駅舎を訪ねた時の記事です。


1003316.jpg

1003312.jpg

電鉄富山駅から三つ目の駅。
朝 7時台という事もあり、通勤通学の利用者がたくさんおられました。

石の階段と、屋根の形。。 支える木の梁と柱、木枠の窓がなんとも言えません。


1003314.jpg


富山地方鉄道 立山線 「下段駅」 (富山県中新川郡)

1003291.jpg

1003293.jpg

1003292.jpg


田圃の中に殆ど手の加えられないまま佇む駅舎。



10032917.jpg
サッシ戸も本来の溝に合ってない。。



富山地方鉄道 立山線 「五百石駅」 (富山県中新川郡)

1003281.jpg

富山地方鉄道立山線の中心駅というだけあって、堂々たる構え。
左右対称なデザインが落ち着きを感じさせます。
有人駅で、駅周辺も賑やかです。

富山地方鉄道 立山線 「釜ヶ淵駅」 (富山県中新川郡)

立山駅から7つめの駅。
ここまでくると、もう山の駅と言うより麓の穏やかな場所に建つ駅。。

1003275.jpg

1003279.jpg


駅舎の形は、原型を残しているけれど、あちこち綺麗になっている、これを「改修」「改装」と言うんだろうなと思わせてくれる駅。。
ん~ 勿体無い。。

富山地方鉄道 立山線 「有峰口駅」 (富山県富山市)

立山駅に向かう途中、車窓から見えたこの「有峰口」に是非降りて見たくなりました。
予定を組みなおし、途中下車した駅。


1003269.jpg
このアプローチの感じは、駅に向かう人たちの気持ちを引きあげることでしょう。



10032616.jpg


1003267.jpg

「有峰口」の前は「小見駅」だったそうです。。

富山地方鉄道 立山線 「千垣駅」 (富山県中新川郡立山町)

「立山」から始まった富山地方鉄道シリーズ。このまま「立山線」を富山方面へ戻るとしましょう。。

1003252.jpg

1003253.jpg


立山駅から三つ目の駅。

国道6号線から、一段下がったところに駅舎があります。

富山地方鉄道 立山線 「立山駅」 (富山県中新川郡立山町)

 よいしょ。。よいしょ。。 大きな 川と立山連峰を左手に見ながら。。電車はかけ登る。。
一生懸命。 かけ登る。。 


10032413.jpg


10032412.jpg

 
 富山地方鉄道立山線「立山駅」。

車中斜め前のボックス席に座っておられた郵便配達のおじさんが階段を登って行かれました。


1003241.jpg



富山地方鉄道 南富山駅~地鉄富山 (富山県富山市)

富山市内軌道線から不二越・上滝線に乗換、再び JR富山駅へ戻ります。

0908141.jpg

0908142.jpg

ブログで見る富山地方鉄道の駅舎は、どれも素晴らしい。
冬になったら、今度は ゆっくりと富山地方鉄道に乗りに行きます。

富山地方鉄道富山市内軌道線 (富山県富山市)

少しの間の滞在だったので、車両の写真は殆ど撮っていないのですが、気になりました。

0908138.jpg

シンプルな電車もあります。

でも。
0908135.jpg

0908136.jpg

屋根の上が気になります。
夜になると光輝くのでしょうか?

広告塔ではなく 広告灯となり町を照らしてくれるのでしょうか。
今度 機会があれば観察してみたいと思います。

南富山駅前 (富山県富山市)

富山地方鉄道「富山市内軌道線」の起点駅「南富山駅前駅」
富山地方鉄道「不二越線」「上滝線」の駅「南富山駅」
その二つがあるのがこちら。

0908139.jpg

09081312.jpg


右が富山市内軌道線 左が「不二越線」「上滝線」です。

富山地方鉄道富山市内軌道線 富山駅前~南富山駅前 (富山県富山市)

富山市内には路面電車が二種類走っています。
JR乗継の一時間の間、そのうちの一つ、「富山地方鉄道富山市内軌道線」に乗りました。

0908111.jpg


0908112.jpg

「足代わり」としての役割要素が強い「路面電車」はどこの町でも、こんな風にひっきりなしに入ってきます。