FC2ブログ







鍋島藩窯公園 (佐賀県伊万里市)

(2009年8月2日訪問)

しばらく時間があります。せっかくここまで来たのだからと、タクシーで鍋島藩窯公園まで足を伸ばしました。


20061401.jpg


20061403.jpg

[ 2020/06/21 17:00 ] ---まちあるき--- 佐賀県 | TB(0) | CM(0)

JR九州 筑肥線「肥前長野駅」前 散策 (佐賀県伊万里市)

(2009年8月2日訪問)


 肥前長野駅前には、のどかな空気が流れています。

20061202.jpg

20061201.jpg

駅舎横の トマト畑の後ろには、家?納屋がありました。





20061209.jpg

20061210.jpg

その横にお花が咲いている後ろにあるのは、牛を運動させる場所だとかで、検索してみると本当に何頭かの牛が写っています。

もしかすると、昔は貨物列車で牛も運んでいたのかもしれません。








[ 2020/06/20 17:00 ] ---まちあるき--- 佐賀県 | TB(0) | CM(0)

JR九州 唐津線 「唐津駅」 駅前散策 (佐賀県唐津市)

(2009年8月2日訪問)

唐津駅前を少し歩いてみました。

20060703.jpg


20060704.jpg


20060705.jpg





[ 2020/06/14 17:00 ] ---まちあるき--- 佐賀県 | TB(0) | CM(0)

JR九州 筑肥線 「虹ノ松原駅」前 <虹ノ松原> (佐賀県唐津市)

(2009年8月2日訪問)

20060501.jpg

駅前からまっすぐ伸びる道路の両脇には松林。。松原 があります。



20060509.jpg


[ 2020/06/11 17:00 ] ---まちあるき--- 佐賀県 | TB(0) | CM(0)

JR九州 筑肥線 「虹ノ松原駅」前  (佐賀県唐津市)

(2009年8月2日訪問)

駅入口にはこのようなプレートがありました。
20060402.jpg



20060401.jpg
こちらが「重商店」さんなのでしょう。


[ 2020/06/10 17:00 ] ---まちあるき--- 佐賀県 | TB(0) | CM(0)

博多での夕食 (福岡県博多区)

(2009年8月1日訪問)

20053108.jpg

香椎線香椎駅で乗換 鹿児島本線で博多駅へ。




20053305.jpg

20053306.jpg

博多での夕食は、ラーメン。
[ 2020/06/06 17:00 ] ---まちあるき--- 福岡県 | TB(0) | CM(2)

JR九州 久大本線 「夜明駅」前、ぶらり散策・坂本商店 (大分県日田市)

(2009年8月1日訪問)

駅前をぶらりと散策です。

20052902.jpg


20052903.jpg


20052906.jpg


[ 2020/06/02 17:00 ] ---まちあるき--- 大分県 | TB(0) | CM(0)

JR九州 日田彦山線「香春駅」前、ぶらり。(福岡県田川郡)

(2009年8月1日訪問)

20052209.jpg


 採掘場の麓にある香春駅。
かつては、人々の往来も多かったのでしょう。
その時代から続いているようなお店が残っていました。

20052201.jpg



[ 2020/05/28 17:00 ] ---まちあるき--- 福岡県 | TB(0) | CM(2)

名古屋市中村区界隈 昭和の香り (愛知県名古屋市)

(2017.12.19訪問)

 2017年12月と言えば、今から約2年半前の事。

西枇杷島駅界隈の画像のあとに、入っていたのは昭和の香がする町並みの写真。
ん? こんなとこ行った? 時期が違うのかな? ここは名古屋? 思い出せない。
確かに名古屋駅に戻り、高速バスで帰ってるから、行ったらしいけど?
画像をすみずみまで見て、住所などのヒントを手掛かりに、そこが中村区である事判明。
なんだっけ? どうしてそんな所に行った?
そして、徐々に思い出しました。 駅の近くに昭和の町並みがあると知り、計画の中に入れたのでした。
困ったものです。せっかく出かけたのに記憶から飛んでいる。
でも、こうして思い出せたことに感謝しましょう。
やっぱり 旅から帰ってすぐブログ記事にしないといけません。






20051501.jpg

名古屋駅から、地下鉄に乗って、「中村区役所前」駅まで。ここは、桜通線の終着駅です。



下車してしばらくすると、昭和の商店街が現れました。
20051502.jpg


[ 2020/05/20 17:00 ] ---まちあるき--- 愛知県 | TB(0) | CM(2)

芝金鰻店 (愛知県名古屋市)

(2017.12.19訪問)

Facebookの昭和グループで知り合ったおじいさん(「おじいさん」という呼び方が似合いすぎる、とても優しいお方です)
昭和レトロな小物収集が趣味で、なおかつ昭和の小物やロボットをそれはそれは、精巧に味わい深く製作されています。
本業は鰻屋さんの店主。
「一度遊びに来てください」との言葉に甘えて、上飯田駅まで。


20050804.jpg





[ 2020/05/15 17:00 ] ---まちあるき--- 愛知県 | TB(0) | CM(0)

大須商店街 (愛知県名古屋市)

(2017.12.19訪問)

 新型コロナウィルス感染拡大防止の為の「緊急事態宣言」は少しずつ解除されつつありますが、まだまだ予断は許さない状況です。
多くの業種がテレワーク、自宅待機などとなり、自宅でのんびりと過ごしておられる方が多い状況ですが、私の場合、なんら変わらず。逆に多忙となり「年末の繁忙期のよう」という状況の日が続いていました。
コロナの影響で変わった事と、言えば、鉄道歴史研究会に行く事がなくなったこと、4月の福島の旅に行けなかった事位でしょうか。
 外出自粛のため、最近の記事をアップする事はてきませんが、気になっていた2017年末の記事の続きです。






 その地を訪れば、訪れる以前よりも興味が広がり二度三度と再訪する事が多くなる私。
名古屋・東海もそうでした。2017年には9月・11月に訪れてるのに12月三度目の訪問となりました。

前回記事は 大須観音の記事まででした。→ 「大須観音」()愛知県名古屋市


20050601.jpg



大須観音門前町にアーケードが縦横に伸びる「大須商店街」があります。



[ 2020/05/14 20:58 ] ---まちあるき--- 愛知県 | TB(0) | CM(0)

南岩国駅~尾津のハス田 (山口県岩国市)

(2019.7.26訪問)

「ハス田」は南岩国駅前に広がっているので、下車すぐにそこに身をおけるような気がするのですが、少し回り込まないと行けません。
南岩国駅を出て、山陽本線にほぼ並行して走っている国道188号に出ます。

20050401.jpg

20050407.jpg

20050408.jpg


[ 2020/05/08 22:13 ] ---まちあるき--- 山口県 | TB(0) | CM(0)

尾津のハス田 (山口県岩国市)

(2019.7.26訪問)

南岩国駅の東側一面、見渡すかぎりに広がるハス畑。
「尾津のハス田」と呼ばれています。

車窓からその壮大さを眺めながら「いつかあの中に身をおきたい」と思っていて、やっと叶ったのがこの日でした。

20050301.jpg

20050303.jpg

20050307.jpg

20050316.jpg


その広さ200ヘクタール。
とりあえず、端から端まで歩いてみました。



[ 2020/05/06 22:06 ] ---まちあるき--- 山口県 | TB(0) | CM(2)

松永町という町 (広島県福島市)

(2019.7.25訪問)

 旅の行程のため・そこにリーズナブルなホテルがあったからというだけの理由で下車した駅、松永駅。
ところが、歩いてみれば面白い町だったのです。


駅前にある大きな広場。
20041902.jpg


20041901.jpg


20041913.jpg


「江戸時代に築造された入浜塩田による製塩、さらに明治以降からの下駄をはじめとする履物産業、また戦後急成長を遂げた家具等と、その時代を築いてきた伝統産業の発達は、そのまま木工の町として発展してきたのでした。」
当時の繁栄を感じさせてくれる町並みもまだ残っているそうです。





[ 2020/05/03 17:00 ] ---まちあるき--- 広島県 | TB(0) | CM(0)

天神山文化プラザ  (岡山県岡山市)

(2019.7.25訪問)

20041805.jpg

岡山電気軌道東山線「城下」で下車。 路面電車の走る賑やかな通りから東へと少し進めば、静かな通りとなります。

天神山文化プラザがあるのは、天神山の頂上部だったところ。
江戸時代には岡山城下の一部となり、岡山藩支藩の岡山新田藩(のちに鴨方藩)主・池田氏の屋敷や政庁、さらに郡会所が立地していました。

20041801.jpg
長く岡山県庁もありましたが、昭和20年岡山空襲により焼失しました。

[ 2020/04/30 15:55 ] ---まちあるき--- 岡山県 | TB(0) | CM(0)

たまごサンド 


20041204.jpg

最初にいただいたのは去年の10月頃。
「たまごサンド」を頼んで、運ばれてきたのは、刻んだゆで卵がはさんであるものではなく、一枚のたまご焼が、はさんであるものでもありませんでした。
大きなたまご焼きが、はさまれていました。
その たまご焼きはふんわり。。
柔らかいパンとともに、とても優しい感でした。

忘れられず今年三月に再び訪れました。






20041202.jpg


[ 2020/04/22 22:01 ] ---まちあるき--- 滋賀県 | TB(0) | CM(0)

自宅近くの桜 <2020.・4・2>  (滋賀県大津市)

朝、窓をあけると、川沿いの桜が目に飛び込んできます。

20040308.jpg


[ 2020/04/18 17:00 ] ---まちあるき--- 滋賀県 | TB(0) | CM(0)

長等公園の桜 <2020・4・3>  (滋賀県大津市)

「長等公園」
 夜桜の名所で、子供の頃何度か両親連れられ、ほのかな雪洞の灯りに照らされる妖艶な桜の花に心くすぐられました。
母校の小学校からゆっくり歩いて15分程の公園へは、新しいクラスメート、担任の先生の中での緊張をほぐすため 各クラスでお花見に行くのが恒例でした。

 結婚、子育てが一段落してから訪れた時には、当時の面影を少しだけ残しと整備されていました。
それでも、今も桜の名所。近くの保育園児が色を添えてくれていました。


20040803.jpg

20040801.jpg


[ 2020/04/17 08:00 ] ---まちあるき--- 滋賀県 | TB(0) | CM(4)

母校へ通った道の桜 <2020・4・3>  (滋賀県大津市)

20040913.jpg

 物心がつき始めた頃 母に連れられお買い物に行く時から、幼稚園、小学校へと通う時、毎年みていた風景です。

「春は校舎の窓近く、輝きにおう山桜♬」と校歌の唄い出しにありましたが、山桜だけでなく、疎水にうつる桜並木はここまで勢いがあったのか、もしかすると、今、最盛期を迎えているのかもしれません。


20040911.jpg

北國橋を右手に見て、鹿関橋を渡れば疎水の水門と、山手の三井寺の桜が見える。。
春の恒例風景のように、気にもとめてなかったのは、風流心の子供だったからで、勿体ない。

20040910.jpg
[ 2020/04/16 11:09 ] ---まちあるき--- 滋賀県 | TB(0) | CM(2)

川口公園の桜 <2020・4・3>  (滋賀県大津市)

 本来なら、福島の地に居たはずの今日。NHKの連続テレビ小説「エール」の舞台となっているので感慨もひとしおだったでしょう。
いろんな事はあるものです。全世界の新型コロナウィルスの終息を願っています。

 まだ緊急事態宣言の出ていない4月3日に大津市中心部の桜を見に行きました。
生まれ育った地が桜色に染まれば、どうしても我が身を置きたくなります。


 「川口公園」  
この堀は、もと豊臣秀吉の時代に築城された大津城の中堀の跡で、江戸時代は薪炭などを荷揚げする船入り堀として活用されていた。大正年間以降は湖東の農村から大津町で出る下肥えを採集する船が出入りしていたという。昭和になって埋め立てられ、現在は堀の区画をしのばせるような長細い公園となっている

父の実家はこの公園の前にあり、船で運ばれてきた商品などを販売、配達する仕事をしてきたようで、私が物心ついた時も、荒物を販売、日用品の学納もしていました。


小さな公園を覆いつくすように満開になると、それは夢の世界のようです。
桜の木の下で遊ぶ子供達、遊具。 そして京阪電車との 融合がまた気持ちを高めてくれます。


20040102.jpg


[ 2020/04/15 12:20 ] ---まちあるき--- 滋賀県 | TB(0) | CM(2)