JR西日本 山陰本線「長門市駅」 “美祢線・小野田線の旅” (山口県長門市)

於福駅から再び北へ、終着「長門市駅」
山陰線に接続します。

ここは、二度目の駅。
前回はは、下関から山陰本線を東へと進み到着、仙崎へと向かいました。
今回は、美祢線で到着。
頭の中に、軌跡があるので、長門市駅の捉え方が自分の中でまったく違うのが面白い。 これだから鉄道旅はいいのです。



16110202.jpg


16110210.jpg
山陰本線東西方向。
仙崎支線方向。 美祢線方向。
4方向の路線が発着することもあって大きな規模を持つ駅です。

16110208.jpg
それでも、こじんまりした、国鉄色の駅です。




JR西日本 山陰本線 「江津駅」 “青春18切符 陰陽連絡路線の旅”  (島根県江津子)

14時49分 「江津駅」到着。

16091601.jpg


16091602.jpg


16091604.jpg

16091605.jpg


二年前よりも寂しく感じるのは、今にも雨が降り出しそうなお天気だというからでもあるでしょうが、「三江線全線運転再開 」の喜びに沸く雰囲気がないからでしょうか。 ノボリもありません。


豊岡駅 (兵庫県豊岡市)

★ 青春18切符三木鉄道・北条電鉄の旅<2008>
の続き。当時に書いていた記事が未アップになっていました。

2011年にこの豊岡駅舎も新駅舎となりました。
噂を聞いて駅舎の見納めに行こうと思っていましたが、豊岡駅下車はこの日が最後になりました。

---------------------------------------------------------





兵庫県豊岡市大手町にある駅。旧国鉄の時代から「鉄道の町」として発展した町です。
堂々とした駅舎は、その頃の様子を今も感じさせてくれます。

toyooka1.jpg


日が暮れてきました。

山陰線 鳥取~豊岡  (鳥取県・兵庫県)

★ 青春18切符三木鉄道・北条電鉄の旅<2008>の続き。当時に書いていた記事が未アップになっていました。

雪景色の山陰本線を見たのは、2008年だけだったと思います。

--------------------------------------------------------



鳥取駅 14時14発。
今度は中国地方日本海側を東へと走ります。

sanin_sen1.jpg


車窓から見る海も大好き。

JR西日本 山陰本線 「浜村駅」 (鳥取県鳥取市)

青谷駅のお隣。
きちっと整ったイメージの駅です。

15023106.jpg


15023105.jpg



JR西日本 山陰本線 「青谷駅」 (鳥取県鳥取市)

 倉吉駅からみっつ 東の駅。
「青谷駅」 ですが、赤い瓦屋根が綺麗です。

15023001.jpg


15023002.jpg



 山陰本線の駅は、駅前スペースが広く、開放的で明るい印象を受けます。


JR西日本 山陰本線 「松崎駅」 (鳥取県東伯郡)

15022913.jpg


15022914.jpg


15022905.jpg



 鳥取県 倉吉駅のひとつ東側にある駅です。


JR西日本 山陰本線 「御来屋駅」③ -駅舎 待合所-

15022601.jpg

15022617.jpg

15022602.jpg


 子供の頃の、田舎の駅舎はこんな感じだったなあと思います。
駅員さんが居て、人もいっぱいいて。



JR西日本 山陰本線 「御来屋駅」② ーホーム待合室- (鳥取県西伯郡)

 御来屋駅 ホームにある待合室。

15022509.jpg

なんやら、四角っぽい変わった形。

15022501.jpg


15022505.jpg



貨物列車の最後尾に連結されていた車掌車だそうです。
「現在も貨物列車に連結されています。 昭和59年3月31日」 とありますが、翌年 昭和60年(1985年)3月14日のダイヤ改正により、原則として 運転手だけの業務となり、連結されなくなったそうです。




JR西日本 山陰本線 「御来屋駅」①  (鳥取県西伯郡)

1902年、山陰初の鉄道として、境港-御来屋間が開業した当時から残る山陰最古の駅舎。
2002年に山陰鉄道発祥100周年を記念して、昔ながらの雰囲気を大切にしたリニューアルがされました。


15022705.jpg


15022618.jpg


15022702.jpg




JR西日本 山陰本線 「乃木駅」 (島根県松江市)

「乃木駅」
松江駅からひとつ西の駅です。

15021101.jpg


15021103.jpg

15021104.jpg




JR西日本 山陰本線 「荘原駅」

 「荘原駅」
山陰本線、出雲市駅からふたつ東の駅。

15021004.jpg

15021008.jpg



JR西日本 山陰本線 「直江駅」 (島根県出雲市)

 「直江駅」
山陰本線出雲市駅のひとつ東の駅です。

15020901.jpg

15020903.jpg

JR西日本 境線 「境港駅」 (鳥取県境港市)



15020601.jpg

終着 「境港駅」
車止め、頭端駅。

この先は、海。
鉄路の終わり。

JR西日本 山陰本線 「米子駅」  (鳥取県米子市)

 鳥取県の県庁所在地は鳥取市ですが、米子市の方が大きな都市のように感じるのは、駅前が賑わいを見せているからでしょうか。鳥取駅前よりもゆったりした道路と、廉価なビジネスホテルが林立しているといった感じです。

 「米子駅」
昭和のターミナル駅の貫禄を放っています。

14100310.jpg

14100301.jpg

JR西日本 山陰本線 「波根駅」 (島根県大田市)

14092102.jpg

14092101.jpg





14092117.jpg

山陰本線。 海岸沿にある駅です。

JR西日本 山陰本線 「江南駅」 (島根県出雲市)

 夏の始めに出かけた山陰本線の旅の記事。中断してから一ヶ月以上が過ぎてしまいました。
旅からは、二ヶ月以上が過ぎ、自分でも記憶と感動が薄れて、つくづく「帰ってすぐ」「感動の醒めないうちに」を実感します。


 「江津駅」を後にして、気になっていた駅舎巡りを始めました。
出雲市方面に戻り 途中下車したのは「江南駅」

14092009.jpg


14092005.jpg

14092006.jpg




JR西日本 山陰本線 「江津駅」 (島根県江津市)

 夏に青春18切符で山陰線の旅をした時、ダイヤの乱れで駅前の写真を撮っただけの江津駅。 → JR山陰本線 都野津駅~江津駅~米子駅
 こんなにも早く再訪できるとは思いもしていませんでした。

山陰本線の駅ですが、ここから陰陽連絡線である三江線が伸びていて、山陰線の中では代表駅のひとつです。

14080221.jpg

14080223.jpg


 木造駅舎というわけではありませんが、幼い日を思い出す懐かしい造りの駅舎です。


JR西日本 山陰本線 「江津駅」 思いがけず いい瞬間に遭遇♪ (島根県江津市)

 温泉津駅 9時09分。 山陰本線、さらに西へと向かいます。

14080101.jpg
中国地方の美しい風景のひとつは、石州瓦の赤い甍(いらか)で、さらにそこに青い海、青い空が一緒であれば、胸が高鳴ってしまったりします。

14080102.jpg
江の川橋梁を渡ると、そこは「江津駅」

大きな音で長いあいだ警笛がなりました。
何?

JR西日本 山陰本線 「温泉津駅」 (島根県大田市)

14071810.jpg

温泉津温泉を後にして、昨晩降り立った温泉津駅。
緑に包まれたのどかなホーム。

14071807.jpg

14071811.jpg