JR九州 日田彦山線 「田川後藤寺駅」 駅前ぶらり。 (福岡県田川市)

2009年11月に西日本パスで南九州を訪れた時の記事です。

--------------------------------------------------


17022701.jpg

17022702.jpg

17022703.jpg
[ 2017/03/10 21:00 ] ---まちあるき--- 福岡県 | TB(0) | CM(2)

JR九州 久大本線 「うきは駅」 ぶらり歩き (福岡県うきは市)

2009年11月に西日本パスで南九州を訪れた時の記事です。

--------------------------------------------------

駅前を歩く時間がありました。

17021907.jpg

17021905.jpg



17021903.jpg


この地に何百年も前から人が住んでいる。。
そして信仰があった。
[ 2017/03/02 21:00 ] ---まちあるき--- 福岡県 | TB(0) | CM(0)

「吉塚商店街」  (福岡県福岡市 )

 方向音痴の私、地図をプリントアウトして行ったものの、やっぱり場所がわからない。
「吉塚商店街はどうですか?」と 聞いても町の人は 首をかしげる。
何事があったか、警備をされていた警官の方にまで聞いてみましたが、「あのあたりかなぁ」との返事。
やっぱり わからずバス停にいた方に聞けば、「なんかあそこにそんな商店街らしいのありますよ」と 近くまで案内して頂きました。 
 いえ。。駅からほんの5分位のところなんですけど。。


15020101.jpg

15020104.jpg



[ 2015/02/03 12:44 ] ---まちあるき--- 福岡県 | TB(0) | CM(9)

博多ラーメン  (福岡県福岡市)

 お昼時に博多に着いたならやっぱり「博多ラーメン」

新幹線口近くの「博多めん街道」に直行。
お目当ての「元祖博多だるま」へ。

15012102.jpg

15012105.jpg

15012104.jpg


[ 2015/01/31 21:57 ] ---まちあるき--- 福岡県 | TB(0) | CM(4)

「博多ポートタワー」 (福岡県福岡市)

 つい一ヶ月程前に訪れた「別府タワー」  → <別府の町> 「別府タワー」

 この別府タワーは、六人兄弟の三男です。
あとの五人はといいますと。。
長男  名古屋テレビ塔    1954年生まれ
二男  通天閣(二代目)    1956年生まれ
三男  別府タワー       1956年生まれ
四男  さっぽろテレビ塔    1957年生まれ
五男  東京タワー       1958年生まれ 
六男  博多ポートタワー   1960年生まれ

勿論 お父様が一緒。 内藤多仲という、テレビ塔などの設計を多く手がけた人です。

 運よく、九州へ行く機会に恵まれ(所用で。。笑) 帰りに寄り道。
博多駅からバスで15分のとろこにある、博多港ベイサイドエリアに建つ 「博多ポートタワー」を 見て来ました。

14111507.jpg


車窓からタワー発見。
ふーむ、先日の別府タワーに似た感じ。




14111513.jpg


 バスを降りても見つけられずキョロキョロしていたら見上げた頭上にありました。




[ 2014/11/19 14:07 ] ---まちあるき--- 福岡県 | TB(0) | CM(6)

湖月堂赤煉瓦館 (福岡県北九州市)

14060401.jpg
小倉駅前の商店街 アーケードに覆われていて壁面しか見えない 「湖月堂赤煉瓦館」

14060402.jpg


大正7年(1918年)に、湖月堂の酒造倉庫として建てられたものです。
14060403.jpg

14060404.jpg


アーケードに覆われてしまっているのが残念ですが、年月を経た風貌が魅力です。



[ 2014/06/07 20:20 ] ---まちあるき--- 福岡県 | TB(0) | CM(0)

「西小倉駅」周辺  (福岡県北九州市)

14060201.jpg

14060202.jpg

JR九州では博多駅に次いで、乗車人員が多いという「小倉駅」
その小倉駅からわずか800メートルしか離れていない「西小倉駅」ですから、大都市の延長線上にある町といえましょう。


14060203.jpg
人の流れに沿って歩けば、聞きなれた地名看板のある道路に出てきました。


[ 2014/06/06 15:59 ] ---まちあるき--- 福岡県 | TB(0) | CM(4)

BLUE BLUE KOKURA(旧小倉県庁跡) (福岡県北九州市)

 14060301.jpg

「小倉県」 聞きなれない県名
それもそのはず、明治4年11月から明治9年4月までの4年間だけ「小倉県」がありました。
その時の県庁跡です。
後は、裁判所、警察署、医院へとその役割は変化し、現在は「BLUE BLUE KOKURA」という洋服屋になっています。

こちらのHPを見れば、近代建築ファンの私は感動します。
→ BLUE BLUE KOKURA

14060302.jpg



[ 2014/06/06 15:18 ] ---まちあるき--- 福岡県 | TB(0) | CM(2)

-山陰本線の旅- 「夜行バスで小倉駅へ “2014春”」 

もう二ヶ月も前の話になりますが。

 長い冬が終わり、町がピンク色に染まろうとしている頃、青春18切符で山陰本線に乗りました。
自宅から乗り継いで、「出雲駅」までは行ったのですが、出雲駅以西はまだでした。何年も前から何度も 山陰本線→山陽本線で自宅へ戻る計画を立ててみましたが、自分の休める日数ではどうしても不可能でした。
新幹線を利用すればいいのですが、費用の事は勿論、もっと時間を有効に使うのは 夜行バス。


14060102.jpg
京都駅八条口 21時30分発博多行。



[ 2014/06/04 22:15 ] ---まちあるき--- 福岡県 | TB(0) | CM(4)

門司電気通信レトロ館(旧逓信省門司郵便局電話課庁舎) (福岡県北九州市門司区)

070408n1.jpg

門司電気通信レトロ館(旧逓信省門司郵便局電話課庁舎)
大正13年建築
逓信省技師 山田守氏設計

この建物の外観は、放物線アーチと垂直線を基調とした、「ドイツ表現主義」に通じる手法が用いられており、洗練された大正モダンを今に伝え、門司港を代表する建物一つとなっています。
(パンフレットより)

3階建ての建物ですが電話交換機器設置の為、通常の4-5階建ての建物と同じ高になっています

[ 2007/04/08 20:27 ] ---まちあるき--- 福岡県 | TB(1) | CM(0)

旧門司税関 (福岡県北九州市門司区)

070406z4.jpg

明治45年(1912年)
設計は妻木頼黄の指導のもとに咲壽栄一が担当したと言われています。

15年使用された後、民間に払い下げられ倉庫に。その後 大戦で空襲を受けて損壊、やがて屋根がなくなり、2階が崩れ落ちて廃墟と化したのでした。

この建物は1988年-94年 解体後復元、再現した。。 という建物です。

[ 2007/04/06 22:43 ] ---まちあるき--- 福岡県 | TB(1) | CM(4)

ブルーウィング門司

門司港レトロ地区にある第一船溜まりに架かる、全国で初めてつくられた歩行者専用のはね橋。
構内に船を通すために時間が来れば持ち上がって開閉します。
開橋時間は10:00~10:20、11:00~11:20、13:00~13:20、14:00~14:20、15:00~15:20、16:00~16:20。
開く少し前に「早く渡ってください」とのアナウンスがあります。

070405h1.jpg


普通に人が通っておられますが、16時になると。。


[ 2007/04/05 19:00 ] ---まちあるき--- 福岡県 | TB(0) | CM(0)

九州鉄道記念館 懐かしい風景。

「九州鉄道記念館」
展示内容に懐かしさを感じました。

070404t1.jpg

070404t2.jpg



[ 2007/04/04 19:00 ] ---まちあるき--- 福岡県 | TB(0) | CM(0)

九州鉄道記念館(旧九州鉄道本社屋) (福岡県北九州市門司区)

070404s2.jpg

九州鉄道記念館(旧九州鉄道本社屋)
明治24年(1891年)建築
現在の門司港駅の開業にあわせて、新築された九州鉄道の本社屋です。煉瓦を化粧積みにして、2階の床近くの外壁や玄関上部の切妻部には、色違いの煉瓦を使用するなどして、装飾的効果を高めた洒落た造りとなっています。また、第2次世界大戦の空襲による被弾跡を、モルタルで修復してありますが、門司港に残る最も古いレンガ造の建物です

070404s1.jpg


[ 2007/04/04 19:00 ] ---まちあるき--- 福岡県 | TB(0) | CM(0)

旧大阪商船三井船舶門司支店 (福岡県北九州市門司区)

070403s7.jpg


旧大阪商船三井船舶門司支店
大正6年(1917年)建築
河井幾次設計

平成6年(1994年)失われた両端部の装飾、軒飾りなどを復元


070403s2.jpg

070403s1.jpg


070403s3.jpg

[ 2007/04/03 20:01 ] ---まちあるき--- 福岡県 | TB(0) | CM(0)

JR九州第一庁舎(旧三井物産門司支店)  (福岡県北九州市門司区)

07040220.jpg

JR九州第一庁舎
昭和12年(1937年)
松田軍兵設計 

駅前の旧三井倶楽部を設計した松田昌平の弟の設計との事ですが、こちらはすっきりとシンプルなデザインなのは「会社」と「保養施設」の違いからでしょうか?
当時の門司港周辺で最も高い高層建築だったそうです。

老朽化が心配されている建物です。
[ 2007/04/02 19:00 ] ---まちあるき--- 福岡県 | TB(1) | CM(0)

三井倶楽部 (福岡県北九州市門司区)

07004021.jpg


大正3年建築(平成3年3月から移転工事開始)
大正10年に三井物産門司支店の社交クラブとして現在の門司区谷町に完成。
昭和24年から昭和62年まで旧国鉄の所有となり、「国鉄会館」として利用されていました。 旧国鉄の分割・民営化により国鉄清算事業団の所有となり、その後北九州市に無償譲渡され、平成2年 3月に重要文化財に指定されました

[ 2007/04/02 19:00 ] ---まちあるき--- 福岡県 | TB(0) | CM(3)

門司赤煉瓦倶楽部プレイス 門司麦酒煉瓦館 (福岡県北九州市)

070401z3.jpg

大正二年築   設計 林栄次郎
  
鉱滓煉瓦造二階建塔屋付
建築面積 210.74㎡ 延床面積446.27㎡
  
日本における最初期の鉱滓煉瓦建物であり、現存最古の本格的鉱滓煉瓦建築である。
初期工業学校建築家出身者 林栄次郎による設計建築の意匠



この建物の内部は見学することが出来ました。
門司麦酒煉瓦館HP

[ 2007/04/01 17:44 ] ---まちあるき--- 福岡県 | TB(0) | CM(2)

門司赤煉瓦倶楽部プレイス 倉庫 (福岡県北九州市)

0704012.jpg


醸造棟に隣接している倉庫。。
[ 2007/04/01 17:33 ] ---まちあるき--- 福岡県 | TB(0) | CM(2)

門司赤煉瓦倶楽部プレイス 旧サッポロビール醸造棟 (福岡県北九州市)

0704013.jpg


大正二年築
  
煉瓦造七階建
建築面積 約1211.73㎡ 延床面積3029.33㎡
 
平成12年度まで醸造所として稼動。

[ 2007/04/01 17:22 ] ---まちあるき--- 福岡県 | TB(0) | CM(0)