JR九州 鹿児島本線 「鳥栖駅」 (佐賀県鳥栖市)

2009年11月に西日本パスで南九州を訪れた時の記事です。

--------------------------------------------------



「鳥栖駅」
ムーンライト九州、夜行バスを使えば移動できる範囲の場所で、過去に何度か通過をしているのですが、何故かいつも乗換だけで下車する時間のなかった駅です。 ホームや上屋を見ているだけで、味わいのある駅である事が感じられていました。

今回はじめての下車です。
17021601.jpg

17021602.jpg


 木造の現駅舎は1903(明治36)年の建築で、現存する駅舎では九州で2番目に古いもの、屋根に煙突状のものがあったり、飾りすぎないすっきりとしたデザインの屋根が魅力。
控えめな、赤地の駅名板が上品です。

JR九州 鹿児島本線 「吉塚駅」 (福岡県福岡市)

15012301.jpg


博多駅から、東へ一つだけ先へ行ったところにある駅。
特に、なんの特徴もないこの駅へ、行きたい所があって、わざわざ行きました。

15012303.jpg

JR九州 「博多駅」 (福岡県福岡市)

 
15012202.jpg

 東京駅、名古屋駅・京都駅・大阪駅 そういえば 大都市のターミナル駅を改めてみた事がないし、記事にしたこともないなあと思います。
 大きすぎてとらえにくいのと、大きすぎて自分のものになりにくいのが原因でしょうか。

 九州の玄関駅。 さすがに大きく堂々としています。

15012203.jpg



15012208.jpg


 もっともっとバックしないと全体像が撮れません。
昭和の時代の駅ビルのようですが、旧駅ビル解体後に2011年に開業したビルです。


JR九州 鹿児島本線 「松橋(まつばせ)駅」 (熊本県宇城市)

0912022.jpg


「松橋(まつばせ)駅」
鹿児島本線「熊本駅」から南へみっつ目の駅です。

0912021.jpg

JR九州 鹿児島本線 「川尻駅」 (熊本県熊本市)

0912013.jpg
0912014.jpg
新大阪7時42分発「のぞみ」
博多10時31分発「リレーつばめ」
鹿児島本線「熊本駅」を過ぎると、ここから南は私にとっては、鉄道未踏の地。



車窓から目に留まったのは、川尻駅の木の連続アーチ。

0912046.jpg

JR久大本線・鹿児島本線 <久留米駅> (福岡県久留米市)

0907353.jpg

久留米から大分、九州を横断する路線「久大本線」の西の起点駅 「久留米駅」

昭和30年代の雰囲気の漂うこじんまりとした駅でした。

JR熊本駅 (熊本市)

0808264.jpg

0808265.jpg

大きな駅ですが、駅前はゆったりとしています。

JR日豊本線「杵築駅」   (大分県杵築市)

「今津駅」の駅員さんが「杵築駅は改装したよ」と教えてくれたのですが。。「杵築」の名前が気になって降りてみました。

0808144.jpg

旅の始めに気づいた間違い。。

今回の予定。。
おおまかに。。博多→小倉→大分→熊本

ムーンライト九州に乗って、路線図を見ていて、ふと大きな間違いに気付きました。
「なんで博多から小倉に戻るの?」
ムーンライト九州は「小倉駅」にも停車する。。

途中下車したい駅を幾つも断念して、乗りたい私鉄も断念しての計画だったけど。。 「博多→小倉」間を 無駄に往復することで2時間のロス。
これは勿体無い。。

さりとて。。 時刻表は持ってきてない 今回はコピーも持ってこなかった。
頼りは 携帯サイト「えきから時刻表」">「えきから時刻表」と、唯一コピーしてきた九州北部の路線図。
記憶と、駅名を頼りに 途中下車する駅をピックアップ。

ん。。 南阿蘇鉄道にも乗れたかもしれないし、あれにもこれにも。。

0808101.jpg
0808102.jpg

門司港駅

07032614.jpg

JR門司港駅は、大正3年(西暦1914年)に建てられた九州で最も古い木造の駅舎で、駅としては全国で唯一国の重要文化財に指定されています。外観のデザインは、ネオ・ルネッサンス様式といい、左右の造りが対称的なのが特徴です。
以前は駅前に噴水のあるレトロ広場があったそうです。


関門トンネルが開通するまで九州の鉄道の玄関口であり、対岸の下関との間に就航した鉄道連絡船との連絡中継駅として賑わいました。