JR九州 吉都線 「えびの駅」 (宮崎県えびの市)

2009年11月に西日本パスで南九州を訪れた時の記事です。

-------------------------------------------------



0912251.jpg

 今回の旅中、一番、お天気が良かったのは、この「えびの駅」に居た時。

空気は澄み、遠くに霧島連山を望む 静かな駅。


JR九州 吉都線 「京町温泉駅」 (宮崎県えびの市)

2009年11月に西日本パスで南九州を訪れた時の記事です。

--------------------------------------------------


0912276.jpg

0912278.jpg


昭和37年竣工。

この頃だったでしょうか。一般住宅でも、切妻屋根ではなく、こうした平らな屋根が流行はじめていました。
いかにも、西洋的で垢抜けした感じは、子供ながらにも憧れでした。

地方の小さな駅でも、平らな屋根にモダンさを求めていたのだろうなぁ。
と こういう駅舎を見ると、「昭和30年代後半」を感じます。

JR九州 吉都線 「小林駅」 (宮崎県小林市)

 葬儀場から主人の実家への道でライトアップされた小林駅が目に入りました。
車の中から写真を撮っていると義弟が駐車場に停めてくれました。
 思いがけず遭遇できた、幻想的な小林駅。

15010702.jpg

駅前の小さな広場も綺麗に飾られていました。
15010701.jpg



 祖母の葬儀の全てを終えた帰りの送迎バスからは、瀬田川の花火を見ました。
故人の旅立ちを明るく送ろう。。 そんな気持ちにさせてくれるものです。

JR九州 吉都線 「小林駅」 (宮崎県小林市)

 流れる景色に目をやりながら、ゴトゴト揺られ、電車を降りて、電車を見送る。。。

私が駅をおとずれる時の殆どはそんな風で、ホームを、跨線橋を、改札を、待合室を、駅の出入り口から見える風景を、そして。。駅の外観に胸はずませる。。  最後に町から見える「駅」を 眺める。。
 私と、駅との対面はそんな手順だけど。

 今回はすべて、「町から」 駅に出会いました。
電車に乗らないで 駅を見るなんて 自身に言わせれば「ズル」です(笑)
でも たまには、「始めての駅から 電車に乗る」というシチュエーションで駅に出会ってみましょう。


14051501.jpg

三角屋根が目立つので すぐに「駅」だとわかりますが、20年ほど前はそうじゃなかったはず。
地味な木造の建物で いったいどこに駅があるのか教えてもらわないとわかりませんでした。





JR九州 吉都線 「京町温泉駅」 (宮崎県えぴの市)

 2009年12月に途中まで作成していて未アップになっていた記事の続きです。
なんで今更?という感じですが、約3年後の今に、旅を振り返るのも、また懐かしく楽しい事です。

肥薩線から吉都線。南九州の山間部。
「京町温泉駅」

12090209.jpg


迎えてくれるのは「田の神さま」 = 「たのかんさぁ」
時の如く、田圃の神様。

京町温泉駅の五つ先の小林駅に住む主人の両親は、訪れた私に「たのかんさぁを みっくるといいよ」=「田の神様を見てきたら」と言ってくれたものです。
その「田の神さま」は確か、きちんとしたお堂に入ってらしたと思います。
その土地に密着した神様です。
→ 「田の神さぁってなに?」



12090217.jpg