【再掲】 小湊鐵道 <上総鶴舞駅>  (千葉県市原市)

 「相棒」大好きなのですが、夜は殆どテレビを見る事ないので、16時から時々ある再放送を楽しみにしています。
今日 再放送だった「まちぼうけ」(2014.3.12放送)
冒頭から木造駅舎が映し出され、、吸い込まれるように見入ってしまいました。
ここは、もしかして?。。 
走る電車も確か。。。
「小湊鐵道」でしょ。

「白鳥駅」とされるその駅が、何駅であるかまでは、さすがにわからなかったけれど、やはりそうでした。
今回のストーリーはなかなかお洒落で良かったです。



では 「白鳥駅」と設定されていた「上総鶴舞駅」の再掲です。
08091210.jpg


→  小湊鐵道 <上総鶴舞駅>  (千葉県市原市)">小湊鐵道 <上総鶴舞駅>  (千葉県市原市)


また のんびりと;小湊鐵道に乗りたいものです。




小湊鐵道 <飯給駅> (千葉県市原市)

小湊鐵道に乗って、一番 良かった駅がこの「販給駅」
「いたぶえき」 この難解な読み方も魅力ですが、山と田園の真ん中にポツンと佇んでいる キャシャな感じがたまらない。。。

0809141.jpg

0809147.jpg

08091410.jpg

小湊鐵道 <上総大久保駅>  (千葉県市原市)

上総大久保駅 
車窓から。

0809131.jpg

0809132.jpg


小湊鐵道 <上総鶴舞駅>  (千葉県市原市)

08091210.jpg

0909122.jpg

関西人だと つい「舞鶴」と読み急いでしまいそうな駅。

小湊鐵道 <養老渓谷駅> (千葉県市原市)

「養老」聞けば、滋賀県人、関西人は岐阜にある養老の滝を思い浮かべるので、「あれ?」と思いましたが、「養老渓谷温泉郷」として千葉県有数の観光地だそうで、小湊鐵道の中で、一番人が多く、賑わっていた駅でした。

0809111.jpg

0809112.jpg

他の駅と違って 屋根のデザインが凝っているのと、屋根の上の飾りがポイントでしょう。


小湊鐵道 <上総牛久駅>  (千葉県市原市)

五井駅からの列車の大半はここで折り返します。
この先 養老渓谷駅までの列車は1~2時間毎 終点 上総中野駅まで行く列車は一日4本です。
牛久駅12時48分の列車に乗らないと16時27分まで上総中野駅に行く列車はありません。

0809081.jpg

0809082.jpg

小湊バスとの連絡もあり、人の多い大きな駅です。

小湊鐵道 <上総山田駅>  (千葉県市原市)

「海士有木駅」のふたつ先の駅。

0809072.jpg

0809073.jpg

0809071.jpg

0809077.jpg
08091213.jpg

さてこの小湊鐵道、どの列車にも車掌さんが乗っておられて、無人駅から乗車があったときは、その人の席まで行って切符を売ってくださいます。
走る車内を車掌さんが歩かれる。停車駅のアナウンスをされる。
降車駅では切符を回収してくださる。。
ワンマンカーにはない暖かさが 小湊鐵道 全体に流れています。

小湊鐵道 <海士有木駅>  (千葉県市原市)

「馬立駅」から五井駅方面へ10分余り戻ったところにある駅。

0809069.jpg

小湊鐵道 始めてのダイヤグラム

0809102.jpg

滋賀の近江鉄道の運賃が日本で一番高いと言う話を聞いた事がありますが、こちらも結構なお値段でした。
フリー乗車券で これだとちょっと考えてしまいます。

小湊鐵道 <馬立駅>  (千葉県市原市)

小湊鐵道始発駅の「五井駅」から20分、「馬立駅」

0809056.jpg

08090511.jpg


小湊鐵道 五井駅にて (千葉県市原市)

東京駅 5時21分発、 五井駅 6時14分着。
東京駅から 1時間もかからないところに、こんな列車の走る私鉄「小湊鐵道」の始発駅があります。

08090410.jpg
(JRホームから) 

0809041.jpg

小湊鐵道 <上総川間駅>  (千葉県市原市)

8月27日

0809027.jpg

待合室の向こうに見えるのは、稲刈りをする家族。

夏休みの終わりの昼下がりの、日本の風景。。。