JR西日本 三江線 「三江線を撮る人達」 “青春18切符陰陽連絡路線の旅” (広島県 島根県)

 車窓から見えるのは、江の川に広がる緑に包まれた景色や、橋梁だけでなく 三江線を撮る人達を見かけます。

一日目の夕方です。

16093001.jpg

JR西日本 福塩線 三江線 「橋梁」 “青春18切符陰陽連絡路線の旅”  (広島県 島根県)

山間を縫うように江の川沿いに沿って走る三江線。
のどかな車窓の中に、色や形の違った橋梁も、目を楽しませてくれます。

カメラがとらえた 橋梁を並べてみました。

16092901.jpg

16092902.jpg

福塩線から見かけた強固な石橋。
欄干が低ければ、圧迫感なく町の風景にすっかり溶け込んでいます。

JR西日本 三江線 「石見川本駅」 朝の光に包まれて “青春18切符陰陽連絡路線の旅” (島根県邑智郡)

「石見川本駅」

 全線108.1キロの中間駅の中で、おそらくこの駅が一番大きな駅で、周辺施設も多い駅でしょう。
一日目、終着江津駅で折り返し、石見簗瀬駅を見に行って再び折り返し宿泊のため下車した駅はここでした。

 2日目。
江津駅6時始発の列車は、石見川本駅 7時8分発となります。
始発時間に合わせてゆっくり、町と駅を見るために早くに宿を出ました。

16091202.jpg

16091201.jpg

16091203.jpg

かつて、大きな駅であった名残があちこちから感じられます。
手前、左半分 カーテンがしてある部分は、現在使用されていないようです。

JR西日本 三江線 因原駅~江津本町駅 “青春18切符陰陽連絡路線の旅”  (島根県邑智郡 江津市)

 終着江津駅に向けて列車は出発です。
石見川本駅で同乗の人達がそれぞれに言葉を交わし合ったからでしょうか。車内の雰囲気は一気になごみました。
私も、ずっとお隣だったお方が同世代であることがわかり話に夢中になってしまいました。
このようなローカル線を好んで乗る人と言うのは、やはり気持ち通じるところがあります。

「因原駅」
16091512.jpg

16091513.jpg




 

JR西日本 三江線「石見川本駅」 “青春18切符 陰陽連絡路線の旅” (島根県邑智郡)


16091407.jpg

 ダイヤ通りなら、12時09分 石見川本駅着。 13時43分に江津駅が出るまで1時間半以上の待ち時間がある駅です。
ところがこの日、石見川本駅に着いたのは13時20分。
始発の三次駅は30分位遅れての発車でしたから、徐行による遅れも40分位追加されています。いえいえ。。これは嬉しい遅れです。
先を急ぐ旅ではありません。三江線を楽しむ旅ですから、徐行しながらゆっくり景色がみられるなんて思いもしていなかった嬉しい誤算でした。

 出発まで20分。とりあえず駅の写真を撮ります。


16091404.jpg

16091401.jpg


JR西日本 三江線 「乙原駅」「竹駅」「木路原駅」 “青春18切符 陰陽連絡路線の旅” (島根県邑智郡)

 石見簗瀬駅を出ると、簡素な駅が三つ続きます。

16091101.jpg

16091102.jpg

16091103.jpg

「乙原駅」
道路より高い位置にあり、階段を上ったところが駅です。

JR西日本 三江線 「石見簗瀬駅」 “青春18切符 陰陽連絡路線の旅” (島根県邑智郡)

16090901.jpg


「石見簗瀬駅」
今回の旅で、唯一 自分の意志で下車出来た駅です。他はすべて乗換駅でした。
三江線のダイヤは極めて本数が少なく、日中に途中下車すると4時間5時間も次の列車はありません。
どうにか、ひとつだけでも下車したいとダイヤを眺めて、宿泊駅を通り過ぎて下車。そして再び宿泊駅に戻るというもの。
「駅好き」 行ったり来たりはいつもの事。 時にはダイヤグラムを作ってみて下車可能駅を調べてみることもあります。

昭和12年までは、終着駅だったからでしょうか。こちらもきちんとした駅舎があります。



16090917.jpg

16090908.jpg

16090915.jpg

16090911.jpg


1999年に行き違い設備撤去。
線路も撤去され、その部分が ゆったりした駅風景を作り出しています。





JR西日本 三江線 「粕淵駅」「明塚駅」 “青春18切符 陰陽連絡路線の旅” (島根県邑智郡)

粕淵駅
駅舎は美郷町商工会館の建物と合同になっています。
16090801.jpg

16090809.jpg

16090810.jpg



16090802.jpg

JR西日本 三江線 「浜原駅」 “青春18切符 陰陽連絡路線の旅”  (島根県邑智郡)

16090701.jpg

16090702.jpg

相対式2面2線のホーム。跨線橋、駅舎。
久しぶりに大きな駅です。

「浜原駅」
かつては三江北線の終着駅、今も三江線における業務上主要駅となっています。





JR西日本 三江線 石見都賀駅~沢渡駅 “青春18切符 陰陽連絡路線の旅”  (島根県)

 天空の駅「宇津井駅」を過ぎてトンネルを抜けると、まだなお高い所を走りやがて江の川を左に見るようになり、堤防に絵・文字が描かれているのが見えてきました。

16050601_201609071446586ae.jpg


16090602.jpg

16090603.jpg
線路の向こうは、くねくね道。

JR西日本 三江線 「宇津井駅」 “青春18切符陰陽連絡路線の旅”  (島根県邑智郡)


「宇津井駅」
地上20メートルの位置していて「天空の駅」と呼ばれています。
この場所に駅を設置すると決定したものの、山間を縫って走っているので高架にするしかなかったのだといういきさつの所以です。


16090503.jpg

16090501.jpg

16090502.jpg

JR西日本 三江線 「信木駅~伊賀和志駅」 “青春18切符陰陽連絡路線の旅” (広島県 島根県)

 車窓から駅名標を捉えた写真が続きます。
途中下車出来ないから、せめて雰囲気だけでも感じたい。

16090411.jpg

16090412.jpg

16090413.jpg

JR西日本 三江線 「船佐駅」 “青春18切符陰陽連絡路線の旅”  (広島県安芸高田市)

16090314.jpg

16090313.jpg


16090319.jpg


まるで、おとぎの国の小さな小屋のようなかわいい駅が、ホームからかなり離れた場所にポツンとあるんです。。



JR西日本 三江線 「尾関山駅」「粟尾駅」「長谷駅」 “青春18切符陰陽連絡路線の旅” (広島県三次市)

 9時57分三次駅発の列車は、終着 江津駅には14時49分の到着です。 そのまま折り返せば18時47分三次駅着ですが、折角の三江線です。途中の石見川本駅で宿泊、翌日 三次駅まで乗車しました。
そのため、これからアップする写真は、二日間の画像を組み合わせたものです。

駅好きの私ですが、さすがに途中下車していては前に進めません。
車窓から、できる限り 駅と、駅をとりまく環境をカメラに収めました。




三次駅周辺は量販店や住宅がちらほらと見える町風景です。
16090301.jpg



16090302.jpg
暫くすると、江の川と合流です。

JR西日本 三江線 「三次駅」にて “青春18切符陰陽連絡路線の旅”  (広島県三次市)

7月30日 福塩線に乗って三次駅下車 9時56分。 三次発石見川本行の三江線の発車時刻は9時57分。
わずか1分の乗り継ぎで、一体大丈夫だろうかと心配していました。

ところが下車しても、前のホームに三江線列車は停車していませんでした。


16090203.jpg


16090201.jpg



ホームには、青春18切符旅の人が十数人。
みなさん、列車が遅れてる事や、その理由を口々に話されています。
なんの心配もなくこの駅に降り立ったけれどどうやら、昨日は台風の影響で一部バス代行運転になっていて、今日もその関係で遅れているのだろうというお話。
川沿いに走っているからよく運休になる、テレビでこの間放送していたねぇ。。 みなさんのお話に耳を傾けるのも面白い。
そう、三江線に乗ろうと決めたのは、今夏の青春18切符を購入した7月の事だったけれど、つい一週間前にBSで三江線の特集があって、乗客さんが増える事を懸念してました。
この人数がその影響なのかどうだかわかりませんが、結果的に この日乗り合わせたみなさんは、とてもいい方々ばかりで気持ちのいい旅となりました。


三江線 「線路は続くよ どこまでも」  (広島県 島根県)

 2014年7月。
山陰路の鉄道旅の途中、山陰本線で「江津駅」に到着した時、偶然に「三江線全線運転再開セレモニー」に遭遇しました。
駅に着く直前、大きな音で汽笛が鳴りました。 駅に到着するとホームには人がいっぱい。
一番列車の到着を待ちわびる人たち。。 
少し遅れて、三次からの三江線の列車が到着すると、高校生が演奏を始めました。。
「線路は続くよ どこまでも」。。。。。。。。。。
ただ、居合わせただけの私も、無事開通して良かったと。。胸が熱くなりました。

 JR西日本 山陰本線 「江津駅」 思いがけず いい瞬間に遭遇♪ (島根県江津市)

 その日は、江津本町周辺を散策して、江津本町駅を見ただけでしたが いつか私も、「全線を乗ろう」と 心を暖めてきました。


 どこからともなく 廃線の噂が聞こえてくる。。
つい最近、全線開通をみんなで喜んだばかりなのに、そんなはずないでしょ。。

 そんな思いを抱いて、2016年8月30日、3日前、三次駅~江津駅~三次駅 往復してきました。
16090104.png


江の川沿を走る、ローカル列車から見える風景は、自然に囲まれた雄大さを感じさせてくれました。
目に映る車窓を眺めながら、日常の色々な事をぼんやりと思い浮かべ、穏やかにそれを受け止めそしてしまい込んでいく。。
そんな時間は私のリフレッシュ時間でもあります。




やっぱり、発表になりました。

16090103.png

江津本町を駆け抜ける「三江線」 (島根県江津市)

 三江線は島根県江津市と広島県三次市を結ぶ108.1キロのローカル線。
江の川にほぼ並行して走るのどかな路線ですが、起点の江津駅から江津本町駅までの線路風景もなかなか面白いものでした。

140810_map1.png

 マップでも確認できるように、江津駅を出た電車は南へとカーブ、間もなく道路と並行して走りますが、ここまで真横を走るのかと最初南へと歩いた時 驚きました。

14081008.jpg

14081009.jpg

JR西日本 三江線 「江津本町駅」 (島根県江津市)

 江津駅発着の三江線は一日わずか5本。
途中下車好き、駅舎好きの私も、さすがに覚悟を決めるか、上手に計画を立てないと途中下車は出来ないダイヤです。
ところが、「江津本町駅」は 「江津駅」から1.1キロ。 十分徒歩範囲です。

 江津本町甍街道から、駅への道があります。

14080908.jpg



石州赤瓦の町並は、やがて途切れます。
14080907.jpg