JR西日本 山陽本線 新山口駅~広島駅  “美祢線・小野田線の旅”  (山口県・広島県)

青春18切符を利用して、JR西日本 東海道本線・山陽本線 自宅から西方向に進んで、日帰りはしたのは「尾道」が最西。
さらに西は、「一日かけて帰る」という行程の時です。 それも、中国地方の山間部から帰ってくると言うことも多いので、広島以西を通過したのは2.3度でしょうか。

それゆえ、駅名、車窓が新鮮。


16111001.jpg









16111002.jpg

16111003.jpg

16111004.jpg
ホーム上奥、跨線橋。目をひきます。
木造駅舎を想像しますが、画像検索すると平屋の国鉄色の駅舎。
一度下車してみたい駅です。

JR西日本 山陽本線「新山口駅」 “美祢線・小野田線の旅”  (山口市)

夜行バスで小倉駅→厚狭駅~<美祢線>~<小野田線>  
<小野田線支線>~<宇部線>~  
二日目。 ひたすら東への帰路のスタートは 新山口駅です。

16110805.jpg

16110806.jpg


時間がなくて、駅の外へ出る事はできませんでしたが、広い構内を感じました。

16110801.jpg

16110804.jpg


JR西日本 山陽本線 「厚狭駅」 “美祢線・小野田線の旅”  (山口県小野田市)


16103001.jpg
美祢線起点駅の厚狭駅で下車して目の前に見えた景色です。

厚狭駅→あさえき と読みます。
過去二回、「ムーンライト九州」に乗車した時、0時過ぎに岡山を出た後の、最初の停車駅は「厚狭駅」でした。
5時過ぎに 「次はあさ駅」ですと 放送されると えっ? 朝? 朝になったって事? と 洒落のような放送に首をかしげました。

その「厚狭駅」にはじめての下車です。



16103021.jpg

16103002.jpg

しっかりとした広い跨線橋です。

JR西日本 山陽本線「小野田駅」 “美祢線・小野田線の旅”  (山口県山陽小野田市)

16101924.jpg

 「鉄道の日」に関連してJR西日本から発行される「JR西日本一日乗り放題きっぷ」
一日3000円と、青春18切符よりやや高めとなりますが、認知度は青春18切符ほどでなく、さほど混雑しないこと、快適な季節であること、一枚ずつ購入できること、があり、私の大好きな切符です。

 夏に三江線に乗車して、JR西日本管内の西方に惹かれ 早速「美祢線」を計画。
どうせなら、少しの隙間を利用して「小野田線」に乗車してみたのですが、これがなかなか良かった。。(笑)
感動さめやらぬうちに記事にしないといけないのは、小野田線の方でした。



16101931_20161022155756f24.png

16101930.png

小野田線は、山口県小野田市と宇部市を結ぶ 本線11.5キロの路線。小野田市南部を縦貫するように走っています。
かつては石灰石や石炭輸送で賑わった路線で、その名残を感じる事ができます。

何度か通過したことのある 山陽本線小野田駅。 小野田線に乗車しようと思わなかったら降りることはないだろう駅です。


16101901.jpg


JR西日本 山陽本線「糸崎駅」 “陰陽連絡路線の旅” (広島県三原市)

広島駅からは、ただひたすらに山陽本線を東へ。自宅へと向かいます。

 どうやら岡山駅で乗車する電車を間違えたらしい。
確か、こんなバタバタするはずは、なかったなぁと、慌てて 昼食のおにぎりを買って、電車を乗り継いだけれど。車内アナウンスを聞いていると この電車は糸崎止まりらしい。はて?
とりあえず、下車。
時刻表を見れば相生行が車で30分以上あるのです。

下車予定ではなかった「糸崎駅」
駅好きとしては、ラッキー。 糸崎駅は乗り継ぎで下車することはあったけど、駅の外に出たことはありません。


16092801.jpg


 こじんまりとしていて、派手さはないけれど、木の温もりを感じる趣のある外観です。

JR西日本 山陽本線「福山駅」 “青春18切符 陰陽連絡路線の旅”  (広島県福山市)

 青春18切符陰陽連絡路線の旅は、三江線が目的で、ローカル色溢れる静かな雰囲気に感動して帰宅、その翌日に廃線が報じられるというインパクトの大きい旅となりました。
感動冷めやらぬままblog記事を書き続けましたが、今日からその前後のお話しをさせて頂きます。

 午前中の仕事を終え、お昼過ぎに最寄駅からJRに乗り込む。ひたすら西へ西へ。 見慣れた景色のつもりだけど、やはり毎回発見があって、日のある時間の車窓は目を離せません。


16092201.jpg

16092202.jpg

16092203.jpg

暮れなずむ車窓は、日常を忘れさせてくれます。




JR西日本 山陽本線・智頭急行 「上郡駅」 (兵庫県赤穂郡)

JRと智頭急行の乗換「上郡駅」ですが、何故か乗降の記憶はありません。
JRとの接続はもう一箇所「佐用駅」であるため、そちらで乗り継ぐことが多かったのだろうと思います。

意外に始めての駅。

14070213.jpg


14070211.jpg

「姫路駅の“えきそば”」 <中播磨旅モニターツアー> (兵庫県姫路市)

#昭和レトロ

<中播磨旅モニターツアー>


「姫路駅の“えきそば”」

 幼い頃の「そば」は黄色でした。
「黒いそば」は「年越そば」だけでした。
いつの頃からか、お店でべる「そば」が黒くなり不思議な思いでいながら、いつしか「そば」は黒いものと認識するようになりました。

 姫路駅の「えきそば」をべて、記憶の中の「そば」に出会えた気がしました。

14042806.jpg


 「中華そば」ではありません。和風だしの「そば」です。。

JR西日本山陽本線 「徳山駅」 (周南市)

山陽本線「徳山駅」

13082103.jpg
「昭和の駅」

13082111.jpg

広い1番線ホームからそのまま改札、徳山の町。

駅前にはタクシーばかりがずらりと並んでいる。。

子供の頃の京都駅のよう。
昭和の時代の大きな駅はみんなこんな感じで、みんなが心躍らせていました。

JR西日本岩徳線・山陽本線「櫛ヶ浜駅」 (山口県周南市)

13082008.jpg

山陽本線と岩徳線の分岐駅が「櫛ヶ浜駅」です。
ただ、ここで乗換なくても岩徳線の列車はすべて徳山駅まで乗り入れてますが、駅舎を見るためにここで下車。


13082006.jpg

JR西日本 山陽本線 「相生駅」 (兵庫県相生市)

「相生駅」

石山駅を出て、姫路駅で乗換。そして次は相生駅で乗換。
関西人に取っては耳慣れた駅名で、何度が乗換たとは思いますが、駅舎を見た事はありません、この駅を見るために、朝少し早く出ました。


13080202.jpg


 1万~1万5千㌧級の貨物船に使われていたという重さ3トンの本物のストックアンカー = 特大アンカー の後ろに青色屋根の駅舎。
 さすが、造船の町です。

青春18切符の旅 (山口県)

13080102_20130804213955f89.jpg

山陽本線「南岩国駅」
ホームの向こうにハス畑が広がっています。。。


うだるような暑さの夏。
電車の窓から、流れる景色を眺めるのは至福の時です。

大津から、山口県徳山駅まで。。 電車に揺られ 日本を感じてきました。。


13080101.jpg


 少々多忙のため、のんびりペースで、この夏の青春18切符の旅の記事をアップしていきます。。


広島駅 (広島県広島市)

0810391.jpg

0810392.jpg


JR山陽線 下関駅~三次駅 車窓から  

下関駅~三次駅まで5時間乗換はありません。
特に混む事もなく、窓際の席にゆったりと座る事ができました。

0808351.jpg

下関駅を出て、しばらくの所で、車庫。

東岡山駅 (岡山県岡山市)

0808071.jpg