因美線 智頭駅~鳥取駅  (鳥取県智頭市・鳥取市)

★ 青春18切符三木鉄道・北条電鉄の旅<2008>の続き。当時に書いていた記事が未アップになっていました。

--------------------------------------------------------


智頭駅13時発。
さらに鳥取へと北上します。

inbisen13.jpg


inbisen_2_1.jpg


因美線 津山駅~智頭駅 (岡山県津山市・鳥取県智頭市)

★ 青春18切符三木鉄道・北条電鉄の旅<2008>
の続き。当時に書いていた記事が未アップになっていました。

---------------------------------------------------------





因美線(いんびせん)は、鳥取県鳥取市の鳥取駅から岡山県津山市の東津山駅に至るJR西日本の路線。かつては津山線とともに山陽と山陰の連絡線の役割を果たしていました。

11時37分 津山駅出発。
青春18切符期間中、キャンペーン中と言う事で、思っていたよりも乗客が多く、窓際の席を確保することができませんでした。

inbisen1.jpg

JR西日本因美線 智頭急行 「智頭駅」 (鳥取県八頭郡)

 鳥取駅から因美線で45分 「智頭駅」止まり。

14070113.jpg
ホームの階段には「智頭急行のりかえ」の案内があります。

14070101.jpg
赤い瓦屋根の駅舎。緑が映える綺麗な駅舎です。

14070103.jpg

14070104.jpg
アナログの案内は、やはり暖かみを感じます。


山陰本線 因美線 鳥取駅~智頭駅 (鳥取県)

「東京へはもう何度も行きましたね ♪~」 ではなく「鳥取へはもう何度も行きました ♪~」
でも鳥取-関西間は、山陰本線であったり特急であったり、高速バスであったりします。特に 帰路に因美線普通列車を使うのは今回で2度目、とても新鮮でした。

14062102.jpg

14062101.jpg


車窓は、今までの「海」とは違い、山陽方面へと向かい 山間を南下。

14062103.jpg
郡家駅からは、東へと「若桜鉄道(旧JR若桜線)」が伸びていますが、その名にふさわしく、見事に桜に包まれていました。
若桜鉄道を訪れたのも、桜の季節で舞い散る桜吹雪の中で駅を見ていました。




JR西日本因美線 「智頭(ちず)駅」 (鳥取県八頭郡)

乗換駅「智頭駅」に着く頃は、もう日も落ち真っ暗になっていました。
暗くなってからは景色が見えないので基本的に移動はしないのですが、今回は午後出発、同じ経路を通って帰るので夜汽車に揺られました。
知らない町で夜汽車に揺られると言うのもまた面白いものですが、やはりホテルに着くまで心細い。。


明るい時間なら赤い屋根がかわいい駅舎でしょう。。

10041001.jpg

10041002.jpg

10041003.jpg


JR西日本姫新線・因美線 「東津山駅」 (岡山県津山市)

 東津山駅から鳥取駅までを結ぶ路線が「因美線」で、東津山駅は起点駅になるのですが、実際には津山駅まで乗り入れているため、ごく小さな駅です。

1004091.jpg

10040902.jpg

JR西日本因美線 「美作滝尾駅」 (岡山県津山市)

 桜に包まれ、多くの人々に愛され、大切にされてきた美作滝尾駅舎はその温もりが伝わってくる。


10040601.jpg


10040602.jpg



10040608.jpg





JR西日本因美線 「美作滝尾駅」は、桜に包まれて。。 (岡山県津山市)

 桜の時期を狙ったわけでは、決してなく、行けるといいなぁ。。と思っていたら この日になんとか行く事が出来たのでした。
仕事を終えて、そのまま鳥取に直行するのは勿体無い、たとえ到着が遅くなってもいいから「美作滝尾駅」で下車しよう。。 




1004057.jpg

夕暮れの「美作滝尾駅」は満開の桜の下にありました。。

まさしく、「今日が一番綺麗」 そんな桜の下にありました。