JR東海 関西本線 「亀山駅」 “青春18切符 名松線の旅” (三重県亀山市)

16093201.jpg

16093202.jpg

JR西日本と、JR東海の境界線にある「亀山駅」

オレンジの屋根が綺麗で洋風の雰囲気の駅舎です。


JR西日本 関西本線「柘植駅」 “青春18切符名松線の旅”  (三重県伊賀市)


16093102.jpg

16093103.jpg

2016年夏。
「この夏は、名松線と三江線に乗ろう」と思って青春18切符を購入しました。
いずれも、自然災害を乗り越え再び全線開通へとよみがえったローカル路線。
名松線は、4ヵ月前の3月に開通したばかり。
日帰りで十分ですが、途中の乗継駅もきちんと訪問しようと思いました。

末広橋梁 (三重県四日市市)

 
近鉄名古屋線の東側をほぼ並行して走るJRの関西本線。四日市駅の東の四日市港に向けての貨物線が伸びています。

14020901.jpg







途中にある千歳川を渡る「末広橋梁」は、「跳開式可動橋」
川を運航する船舶の通過の妨げになるので、読んで時のごとく、橋が飛び跳ねて船の運航を可能にします。



近鉄四日市駅から、ぷにょさんとひたすら歩いてやっと見えた「跳開式可動橋」は、予想以上に迫力のある大きいもの。

14021015.jpg

14021005.jpg

JR東海「四日市駅」 (三重県四日市市)

 観光で三重県へ行くと言えば、やっぱり普通は「お伊勢さん」でしょ。
でも、 ぷにょさんと私の旅となると、そうはいきません。
 今回の一番の目的は、  「四日市コンビナート夜景クルーズ」なのですが、それに付随するものか、また二人らしいものでして。。。
 これから暫らく、「四日市・桑名の旅」の記事を書かせて頂きます。


14020102.jpg
 最寄り駅から、JR四日市駅までは草津線、関西本線経由で約3時間。
金額的にも青春18切符では一泊すると損をしてしまう距離です。

関西本線 「伊賀上野駅」 (三重県伊賀市)

0812022.jpg

上野の中心部からは少し離れたところにある駅舎でしたが、大きな広場のある 大きな駅舎でした。

0812023.jpg

旧JR奈良駅

0610251.jpg

旧JR奈良駅舎
1934年(昭和9年)建造
大阪鉄道管理局工務課設計

この建物は、新駅舎計画に伴い解体が予定されていたのですが、日本建築学会などからの保存要請が受け入れられ、曳家工法で約18m移動させて保存されることになったそうです。
「塔」を思わせる和風屋根と、近代的構成物が組み合わせれた面白い駅舎だと思いました。