「京町家 建田家」公開

 昨日の「田中家」のすぐ近くにあるのがこちら「建田家」
こちらも現在お住まい中の町家。5/27.5/28公開されていました。

0605317.jpg


こちらのお宅は、昔からの町家の良さを残しながら、住みやすくリフォームされていて、昨日の「田中家」とは対照的です。
[ 2006/05/31 22:40 ] ---まちあるき--- 京都府 | TB(0) | CM(5)

「京町家 田中家」公開

06053012.jpg


東本願寺近くにある「田中家」さんが、5/27.5/28 「楽町楽家」の一環で公開されていました。
明治初年頃の建築で 一列四室型。通り庭、中庭の奥に土蔵がある典型的な京町家です。
そしてこちらは現在もそのままお住まいになっているのです。
勿論、修理等は繰り返されてきたでしょうが、目だった改装がどこにもみられません。

これこそ、「生きた町家」だと思います。
[ 2006/05/30 22:54 ] ---まちあるき--- 京都府 | TB(1) | CM(7)

京・町家文化館(上京文化探訪館) - 楽町楽家

京町家ネットさんの主催で「楽町楽家」が5/13~6/20まで広域に開催されています。
 生きた町家に親しむいい機会と楽しみにしていたのですがやっと行くことが出来ました。

 まず最初は「京・町家文化館」
西陣の「山中油店」さんの借家だったところです。

0605292.jpg

[ 2006/05/29 16:47 ] ---まちあるき--- 京都府 | TB(3) | CM(9)

磯村友里「心可笑しい世界」~ドールハウス創作展~in町家deほっ

 京都人ブログのくみちょーさんのところで「ドールハウス展」の画像を見て行きたくてたまらなくなりました。
不器用で根気のない私はドールハウスを作るのは苦手ですが、見るのは大好き、幼い頃のままごと遊びを思い出します。
何もかもをミニュチュアにするだけで、夢が広がります。

0605283.jpg

[ 2006/05/28 22:37 ] ---まちあるき--- 京都府 | TB(1) | CM(8)

嵯峨野の楽しみ

0605271.jpg

 嵯峨野を歩いているといつも目に入ります。
 「思い出博物館」
[ 2006/05/27 22:39 ] ---まちあるき--- 京都府 | TB(0) | CM(6)

野宮神社

0605262.jpg


 嵯峨野にある社寺で 訪れている人の年齢層が一番若いのはおそらくこちら「野宮神社」でしょう。

 野宮神社の周辺は竹林に囲まれていてもっとも嵯峨野らしい場所です

0605261.jpg

[ 2006/05/26 21:59 ] ---まちあるき--- 京都府 | TB(0) | CM(4)

嵯峨野ひとり歩き

 嵯峨野歩きの魅力は静寂に包まれたお寺だけでなく、町角風景にもあります。
 お土産屋さんも多いのですが、どこも上品で、雑多な感じがしません。

0605251.jpg

[ 2006/05/25 21:24 ] ---まちあるき--- 京都府 | TB(0) | CM(4)

滝口寺(旧往生院三宝寺)

 祗王寺を出てそのまま進むと「滝口寺」の拝観受付所前にたどり着いてしまうのは、廃寺となっていた祗王寺の再建に続いて再建されたからでしょうか。

 滝口寺を訪れていたのは私一人でした。
一歩一歩ゆっくり、歩くと、新緑が体に染込んでいくようです。

0605242.jpg

[ 2006/05/24 20:43 ] ---まちあるき--- 京都府 | TB(0) | CM(3)

緑に包まれた祗王寺

嵯峨野の散策路から少し奥に入ったところにあるのがこの「祗王寺」

0605233.jpg


新緑に包まれていました。
[ 2006/05/23 21:09 ] ---まちあるき--- 京都府 | TB(1) | CM(12)

新緑の愛宕念仏寺

 3年前の秋、訪れた愛宕念仏寺の羅漢様が今、シャガの花に囲まれている事を友達のブログで知りました。
「シャガの咲く頃にまた行こう」と思っていました。

 そうだ、新緑の嵯峨野を歩いてみよう。

 愛宕念仏寺から嵯峨野を下ることにしました。京都駅から京都バスで一時間。「愛宕寺前」下車。

 久しぶりの「京都ひとり歩き」です。

0605226.jpg

[ 2006/05/22 22:17 ] ---まちあるき--- 京都府 | TB(2) | CM(10)