御堂筋の銀杏

このごろ、町で目につくのが金色に輝く銀杏。
堂々と三角形にそびえたつ銀杏に、強さを感じます。
学校の敷地に決まって銀杏の木があるのは、そんなところからなのでしょうか。

ちょっと大阪へ行ってきました。
大阪中央公会堂の見学会を終えた後、いくつかの近代建築を辿って、帰路は御堂筋。。 御堂筋といえば銀杏。
御堂筋が金色でした。

0611303.jpg

[ 2006/11/30 21:39 ] ---まちあるき--- 大阪府 | TB(0) | CM(3)

徳光ハイウェイオアシス

0611295.jpg


北陸自動車道 金沢西ICの手前に「徳光ハイウェイオアシス」と言う、パーキングがあります。
始めての休憩はこちら、瀬田西インターから約2時間半です。
[ 2006/11/29 22:51 ] ---まちあるき--- 石川県 | TB(0) | CM(6)

石川県庁舎石引分室(旧陸軍金沢偕行社・旧陸軍第9師団司令部庁舎)

兼六園の裏あたりに見つけた二棟の近代建築

石川県庁舎石引分室だったそうです。

06112710.jpg

[ 2006/11/27 22:42 ] ---まちあるき--- 石川県 | TB(0) | CM(10)

石山寺の紅葉 続き。

石山寺の山門を入って、拝観受付所まで数メートル歩きますが、その途中のこちら。
0611255.jpg

[ 2006/11/25 22:50 ] ---まちあるき--- 滋賀県 | TB(0) | CM(12)

石山寺の紅葉

仕事の帰りに自転車で「石山寺」まで行ってきました。
いつの間にか町は綺麗に彩られているのですね。

06112311.jpg

[ 2006/11/23 22:47 ] ---まちあるき--- 滋賀県 | TB(0) | CM(10)

石川県立歴史博物館(旧金沢陸軍兵器支廠)

0611226.jpg

赤煉瓦三棟がゆったりとした公園の中に並んでいます。

赤煉瓦の3棟の建物は、旧金沢陸軍兵器支廠兵器庫として建てられた。最も古い第3棟は明治42年(1909年)竣工で、後の2棟は大正2年、3年竣工である。
 終戦後、昭和21年金沢美術工芸専門学校(現金沢美術工芸大学)の校舎に転用された後、昭和47年に石川県が譲り受け、昭和61年から現在の博物館になった。
 煉瓦造り2階建てで、左右対称の端正な意匠で、長さは90mに及ぶ。この種の建築としては我が国で数少ない貴重なものとされている。



[ 2006/11/22 21:34 ] ---まちあるき--- 石川県 | TB(0) | CM(9)

金沢の紅葉

20061119164614
金沢の紅葉はまだ少し先でしょうか?兼六園の近くの画像です
[ 2006/11/19 16:46 ] ---まちあるき--- 石川県 | TB(0) | CM(7)

たねやさんの「近江大福」

0611181.jpg

来客に持って帰って貰おうと買ったのに、渡すの忘れてしまった。
「まっ いっかぁ。。自分でべよ」っと。。
ちょっとした贅沢♪
日持ちしません。

0611182.jpg

左から「栗大福」「きなこ大福」「豆大福」
どちらも柔らかくて、上品な甘さ。
どれもおいしかったけど、一番好きなのは「豆大福」
出町ふたばの「豆餅」に似たお味です。塩加減がいい。。



少々の多忙と、体調が少し良くないために皆様のところへの巡回が出来ていません。。またゆっくりとお伺いしますね。
明日から二日間「金沢」に行ってきます。
観光だといいのですが。。所用のため。。
[ 2006/11/18 22:40 ] ---まちあるき--- 滋賀県 | TB(0) | CM(5)

旧中川煉瓦製造所 縄縫工場

旧中川煉瓦製造所の「縄縫工場」は 窯、機械場、事務所のある敷地からバスで5分位行った、民家の中にひっそりとありました。

0611164.jpg

煉瓦造平屋建、正面6メートル、側面22メートル。屋根は切妻造、妻と軒廻りに歯飾状の装飾。

「縄縫工場」
読んで名の如く、煉瓦をくくるための縄を縫っておられたのでしょう。

保存状態がよくいい感じの建物でした。

[ 2006/11/17 20:00 ] ---まちあるき--- 滋賀県 | TB(0) | CM(6)

旧中川煉瓦製造所

0611178.jpg


「近江八幡の近代化遺産見学会」のもう一つの見学場所は「旧中川煉瓦製造所」
ホフマン窯を使って煉瓦を焼いておられた所です。

ホフマン窯は、1854年にドイツ人ホフマン氏が開発した煉瓦焼窯です
最盛期の昭和25年(1950年)頃には全国で約50基のホフマン窯があったと言われていますが、現存するホフマン窯は4基のみとなり、旧中川煉瓦製造所のホフマン窯はそのなかでも最大級のものだそうです。
 明治の末から大正5年(1916年)ごろの間にホフマン窯を築かれましたが、昭和42年(1967年)まで煉瓦を焼成し、その後 屋根瓦に転換し昭和45年(1970年)に休業されました。

 一般公開されていないここにいつか行きたいと思っていて、今回の企画を知って飛びついたのでした。
[ 2006/11/16 22:22 ] ---まちあるき--- 滋賀県 | TB(1) | CM(6)