FC2ブログ







下関市唐戸へ

門司港駅に着いたのは6時過ぎ。町はまだ眠っています。
関門海峡大橋はすぐ目の前。070328karato1.jpg


下関まで連絡線で5分。
070328karato2.jpg



[ 2007/03/28 20:00 ] ---まちあるき--- 山口県 | TB(0) | CM(5)

関宿 眺望

約2キロメートルにわたる、江戸時代の面影を残す「関宿」
書き残したい事はまだまだありますが、今回はここらあたりまでとしましょう。

07032810.jpg

07032811.jpg



まだまだ見たいものがあります。
また新たな目で関宿を見たいと思います。
また近々訪ねる予定です。
[ 2007/03/28 19:05 ] ---まちあるき--- 三重県 | TB(0) | CM(0)

関宿旅館玉屋歴史資料館 

「関で泊まるなら鶴屋か玉屋、まだも泊まるなら会津屋か」

その「玉屋」
江戸時代の貴重な旅籠建築を修復し、旅に関する歴史資料などを展示されています。



0703281.jpg

(白とびのひどい画像で申し訳ありません)

[ 2007/03/28 19:00 ] ---まちあるき--- 三重県 | TB(0) | CM(0)

関門連絡線通路跡

門司港駅の一角に「関門連絡通路跡」を見つけました。

070326eki4.jpg

関宿 西の追分 ~ 無料休憩所 ~

関宿の西の入り口にあたる西追分は、東海道と大和・伊賀街道の分岐点。

ここにまた町家を利用した無料休憩所がありました。

0703271.jpg

[ 2007/03/27 19:00 ] ---まちあるき--- 三重県 | TB(0) | CM(0)

門司港駅

07032614.jpg

JR門司港駅は、大正3年(西暦1914年)に建てられた九州で最も古い木造の駅舎で、駅としては全国で唯一国の重要文化財に指定されています。外観のデザインは、ネオ・ルネッサンス様式といい、左右の造りが対称的なのが特徴です。
以前は駅前に噴水のあるレトロ広場があったそうです。


関門トンネルが開通するまで九州の鉄道の玄関口であり、対岸の下関との間に就航した鉄道連絡船との連絡中継駅として賑わいました。

関宿 関駅から西の追分へ 「新所の町並」  

地蔵堂を過ぎると「新所の町並」です。
また静かな落ち着いた町並が続いています。

0703261.jpg

0703262.jpg



[ 2007/03/26 17:00 ] ---まちあるき--- 三重県 | TB(0) | CM(0)

ヨモギもち

主人の母からの春のたより。
春の楽しみのひとつです。


07032513.jpg

07032514.jpg


あんこが入ってるといいんだけどなあ。。と思いますが、焼いてこのままべると春の香りがします。
[ 2007/03/25 22:05 ] 日常 | TB(0) | CM(2)

関宿でみかけた看板・貼り紙

0703252.jpg

地醤油なのでしょうか? 始めて聞くお醤油メーカーです。




0703254.jpg

ユビワ・洋傘・ハキモノ 「結納品店」
どれも一緒に売っているお店? どれも同格の高級品だったのでしょうね。
[ 2007/03/25 19:00 ] ---まちあるき--- 三重県 | TB(0) | CM(4)

門司へ

3月22日の夜、九州方面への夜行列車を利用して門司へ行きました。

070325m2.jpg


新大阪21時59分発、この列車には座席指定券の購入と青春18切符で乗車することができます。
[ 2007/03/25 17:14 ] 長距離列車 | TB(0) | CM(6)