FC2ブログ







関宿でのお昼ごはん

関宿は観光地化されすぎていない町。
お土産屋さんが並んでいるわけでもなく、本来の姿がそのまま残っています。
お食事処も数えるほど。。


こんな風情あるお店にふらっ。。と入りたくなります。
0703244.jpg

0703243.jpg

[ 2007/03/24 19:00 ] ---まちあるき--- 三重県 | TB(0) | CM(2)

関宿 関駅から西の追分へ 「中町の町並」  ~ 町家 ~

関宿の中心部である「中町」


0703232.jpg

このあたりにはこうした和洋折衷の町家がいくつかありました。
当初からこういう形であったものなのか、時代の流れの中で改装されたのでしょうか?
今となれば、こういった意匠への過程に興味が出てきます。


0703233.jpg

緑のタイルで出来た柱が面白いです。


[ 2007/03/23 19:00 ] ---まちあるき--- 三重県 | TB(0) | CM(2)

関宿 関駅から西の追分へ 「中町の町並」  ~ お店 ~

関駅から入った関宿。今度は西の追分に向かって歩きます。
関駅か入った道から、地蔵院あたりまでを「中町」と呼ぶようです。
この「中町」が関宿で一番賑やかな場所。凝った町家、大きな町家、お店が並んでいます。

0703222.jpg



0703221.jpg

桶作り一筋の「桶重」さんは、明治15年創業。この日はお休みのようでしたが、こちらで仕事をされていて、販売もされているようです。


[ 2007/03/22 19:00 ] ---まちあるき--- 三重県 | TB(0) | CM(4)

関宿 そして 「東の追分」

関駅から 東の追分へ歩いて、色つき道路の終わる所に大きな鳥居があります。

0703208.jpg


07032010.jpg





[ 2007/03/21 19:00 ] ---まちあるき--- 三重県 | TB(0) | CM(0)

関宿 「案内板」

0703201.jpg


関宿の全体像の説明がどうもうまくいきません。
町にあった「案内板」を 置かせて頂きます。

[ 2007/03/20 13:20 ] ---まちあるき--- 三重県 | TB(0) | CM(2)

関宿 関駅から東の追分へ 「木崎の町並」 ~ いっぷく亭 ~

 関宿、東の追分、西の追分そしてその中ほどの三箇所に「休憩所」があります。
 何処にでもありがちなちょっとしたベンチが置いてある程度ではなく、きちんとした町家です。

 0703206.jpg

0703207.jpg


そして驚いたことに無人。管理者が常駐しておられるわけではありません。
町の人にお伺いすると、「こちらに上がってお弁当を食べてもいいんですよ」ですって。
お昼寝だってできちゃぃます。

この「関宿」に訪れる人は、モラルもマナーもいいんでしょう。。
[ 2007/03/20 13:17 ] ---まちあるき--- 三重県 | TB(0) | CM(2)

関宿 関駅から東の追分へ 「木崎の町並」 ~ 元銭湯みっけ♪ ~

東に追分へと歩く途中、近代建築好きの私の目に止まった建物。
両脇の柱はなんだろ?
町家の玄関先を何故にこんな風に改造してあるんだろ?
0703205.jpg


近寄ってみると。。。

0703203.jpg

[ 2007/03/20 13:04 ] ---まちあるき--- 三重県 | TB(1) | CM(5)

関宿 関駅から東の追分へ 「木崎の町並」 ~町家~

JR関駅から北に歩いて数分。カラー舗装になっている道路を東へと歩きます。

江戸時代から明治時代に建てられたという古い町家が並んでいます。

それぞれ家の特徴が違っているのも面白いし 京都の町家とは違ったで意匠です。

0703192.jpg

0703193.jpg



[ 2007/03/19 22:31 ] ---まちあるき--- 三重県 | TB(0) | CM(5)

関宿 関駅から東の追分へ 「木崎の町並」 ~お店~

JR関駅から北に歩いて数分。カラー舗装になっている道路を東へと歩きます。

まず最初に目にとまった「食堂」
「レストラン」じゃなく「食堂」
このメニューサンプルが懐かしい。
0703182.jpg


0703181.jpg


07031820.jpg



07031810.jpg




[ 2007/03/18 22:19 ] ---まちあるき--- 三重県 | TB(0) | CM(2)

「関宿」へ行って来ました

0703173.jpg


青春18切符を使った旅。
昨日は近場で三重県の「関宿」
滋賀県の草津線終点「柘植駅」下車 関西本線に乗り換えて17分「関駅」で下車。 そこからほんの5分も歩くと、江戸時代にタイムスリップしたような異空間です。

 関宿は、東海道53次の江戸から数えて47番目の宿場町として参勤交代や伊勢参りの人々などで賑わいました。
現在、旧東海道の宿場町のほとんどが旧態をとどめない中にあって、唯一歴史的な町並が残ることから、昭和59年、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されました。
関宿の範囲は、東西追分の間1.8キロメートル、25ヘクタールにおよび江戸時代から明治時代にかけて建てられた古い町家が200軒あまりが残っています。

(亀山市教育委員会発行パンフレットより)

[ 2007/03/17 19:34 ] ---まちあるき--- 三重県 | TB(0) | CM(4)