門司での晩ごはん。

070331b1.jpg


折角 門司に来たんですもの。「門司」らしいものべましょ。

[ 2007/03/31 20:18 ] ---まちあるき--- 福岡県 | TB(0) | CM(0)

門司でのお昼ごはん。

070331h3.jpg


門司港レトロに浮かんでいる船。
船の中でお昼ご飯なんていいんじゃない?
と入ってみます。ハンバーグが美味しいんだって。
椅子に座ると ゆら~りゆら~り。。 あ 揺れる。あ、本当の船なんや。
てっきり船の形をしているレストランだと思いましたが、浮かんでいる船でした。
ん~。。。 私はこの「揺れ」好きじゃない。 車酔いしやすい体質なんです。
でも。。 オーダーしてしまったし仕方ない。。

070331h11.jpg

[ 2007/03/31 20:10 ] ---まちあるき--- 福岡県 | TB(0) | CM(2)

下関・門司での朝ごはん。

070331a2.jpg

下関では 市場で海鮮丼をべたいと思っていたのですが、思うようなお店が見つからずに、結局、下関駅前でのモーニング。
「カニ雑炊」でした。



そして翌朝のビジネスホテルでの朝
070331a1.jpg

これが 100円です。

ホテルボート門司ホームページ → お知らせ
100円。。 これで十分おいしかったです。

[ 2007/03/31 19:36 ] ---まちあるき--- 福岡県 | TB(0) | CM(0)

関門ビル

070330k1.jpg


関門ビル
1931年(昭和6年)建築

単純な意匠のビルですが、「これって?」と気になって写真を撮ったら やっぱり近代建築でした。
シンプルな近代建築でありながら、懐かしさの漂う建物です。

070330k2.jpg

[ 2007/03/31 19:13 ] ---まちあるき--- 山口県 | TB(0) | CM(0)

下関市役所第一別館(旧下関郵便局電話課分室)  (山口県下関市)

070330n2.jpg


下関市役所第一別館(旧下関郵便局電話課分室)
1923年(大正12年)建築


綺麗に改修されたものよりもこう言う雰囲気を持つ近代建築が好きです。
平成11年、一時解体が決まっていたそうですが、市民の熱心な要望活動が実を結び、再度保存が決定したそうです、現在は空家。
いい形で残って欲しいものです。

070330n1.jpg

070330n3.jpg

[ 2007/03/30 22:00 ] ---まちあるき--- 山口県 | TB(0) | CM(0)

ロダン美容室(旧宮崎商館)  (山口県下関市)

070330b1.jpg


1907年(明治40年)建築

ロダン美容室(旧宮崎商館)は唐戸の海岸通から少し入ったところにあります。
旧下関英国領事館の影響を受けた意匠とのこと。。

ちょっと色あせた感じが好き。
アーチ壁の中に建物があるのもいいです。
この建物内部を見るためにお客さんになってみればよかったかな。

070330b2.jpg


下関観光ホームページから→ 旧宮崎商館
[ 2007/03/30 21:43 ] ---まちあるき--- 山口県 | TB(0) | CM(6)

旧秋田商会 (山口県下関市)

<旧秋田商会>
070330a5.jpg


1915年(大正4年)竣工
秋田寅之助設計
関門商事設計

下関観光ホームページから → 旧秋田商会ビル





[ 2007/03/30 19:00 ] ---まちあるき--- 山口県 | TB(0) | CM(4)

下関南部町郵便局 (山口県下関市)

<下関南部町郵便局>
070330y1.jpg


1900年(明治33年)竣工
逓信省設計
岩崎組施工

下関観光ホームページから → 下関南部町郵便局

[ 2007/03/30 19:00 ] ---まちあるき--- 山口県 | TB(0) | CM(0)

旧下関英国領事館 (山口県下関市)

門司で下車したのに下関を渡ってしまった理由は、下関の近代建築を見たかったからでした。
 
門司港から連絡線で渡ると近代建築とたくさん出会えます。


<旧下関英国領事館>
070330r3.jpg


1906年(明治39年)建築
上海英国建築局・ウィリアム・コウワン設計

下関観光ホームページから → 旧下関英国領事館

[ 2007/03/30 19:00 ] ---まちあるき--- 山口県 | TB(1) | CM(0)

下関の玄関口

最近は鉄道を使っての「旅」が少なくなっていますが、私はやっぱり「鉄道」が好きです。

町の玄関口は「駅」
下関駅の風景です。


0703295.jpg



[ 2007/03/29 19:00 ] ---まちあるき--- 山口県 | TB(0) | CM(0)