龍野の町は 赤とんぼ がいっぱい。

龍野の町は「赤とんぼ」がいっぱいでした。


0707331.jpg

「電柱」


0707338.jpg

「マンホール」


0707339.jpg

「溝蓋」

[ 2007/07/31 21:28 ] ---まちあるき--- 兵庫県 | TB(0) | CM(4)

龍野の「しょうゆ饅頭」

龍野の町、和菓子好きの私には たくさんの和菓子屋さんが目に入りました。

0707322.jpg

0707321.jpg

「不二家」でなく「不二屋」



[ 2007/07/30 21:48 ] ---まちあるき--- 兵庫県 | TB(0) | CM(27)

井戸味噌糀製造所

お醤油作りに欠かせないのは麹。
龍野の町にはこんなお店もありました。


0707311.jpg



[ 2007/07/29 21:31 ] ---まちあるき--- 兵庫県 | TB(0) | CM(7)

カネヰ醤油株式会社

醤油の町、龍野。
ヒガシマル醤油関連の建物が目立ちますが、その他のお醤油屋さんもあります。

0707301.jpg

カネヰ醤油株式会社

大きな煙突が目をひきます。
0707302.jpg


なんと煉瓦造でした。
0707306.jpg



[ 2007/07/28 21:50 ] ---まちあるき--- 兵庫県 | TB(0) | CM(4)

ヒガシマル醤油第二工場

うすくち龍野醤油資料館、うすくち龍野醤油資料館・別館のあるあたりから南に20分ほど歩いたところに「ヒガシマル醤油第二工場」があります。
このあたりに来ると観光客らしき人は誰も歩いておられないばかりか、町の人もあまり歩いておられない場所です。

0707293.jpg

0707296.jpg



[ 2007/07/27 22:27 ] ---まちあるき--- 滋賀県 | TB(0) | CM(0)

龍野で素麺

龍野の町に流れる大きな川 揖保川。
揖保と言えば素麺。
「揖保の糸の原料は、小麦と赤穂の塩、そして揖保川の水である」

お昼は龍野公園内にある観光案内所・売店「さくら路」
たまにはこういうところで気取らずにべてみるのもいいでしょ。

龍野に来たらやっぱり素麺でしょ。

0707281.jpg



[ 2007/07/26 21:24 ] ---まちあるき--- 兵庫県 | TB(0) | CM(0)

うすくち龍野醤油資料館*別館 (兵庫県龍野市)

0707271.jpg


うすくち龍野醤油資料館*別館(旧龍野醤油協同組合本館)
1921年(大正10年)建築
設計者不詳

うすくち龍野醤油資料館から少し北に歩いたところに別館があります。

07072720.jpg
[ 2007/07/26 16:14 ] ---まちあるき--- 兵庫県 | TB(0) | CM(5)

うすくち龍野醤油資料館 (兵庫県龍野市)

0707267.jpg


うすくち龍野醤油資料館
( 菊一醤油造合資会社:本社屋 )
1931年(昭和6年)建築
設計者不詳

龍野の町には多くの近代建築があり私を喜ばせてくれました。
その中での、大物はこちら。。

この角ばった形。
設計者不詳? これだけの建物設計しながら名前が知れ渡らなかったなんて勿体無い気がします。

[ 2007/07/25 20:36 ] ---まちあるき--- 兵庫県 | TB(0) | CM(4)

ヒガシマル醤油工場

龍野は千葉県、香川県とともに、醤油の三大産地です。

中国山脈の水を集めて南下する揖保川が、次第に流れをゆるめるあたり「龍野」の一帯は、古くから文化の開けたところです。
 播磨平野の豊な小麦、山間部に産した質のよい大豆、そして手近な赤穂の塩は、清らかな水と穏やかな気候に恵まれて、「龍野醤油」を生みました。



「本竜野」の駅を降りて揖保川に向かって数分歩くと、「ヒガシマル醤油」の工場が見えてきます。

0707253.jpg



0707252.jpg



[ 2007/07/24 17:18 ] ---まちあるき--- 兵庫県 | TB(0) | CM(5)

龍野の町へ。

「龍野」の町は憧れながらも、「いつでも日帰りで行ける」と、何年もいけてない町。

 姫路から姫新線で15分。

0707241.jpg