ありがとうございました。

平成20年が、間もなく終わろうとしています。
今年一年、当ブログに遊びに来てくださった方、コメントくださった方。。 ありがとうございました。


今年は、本当に日本全国あちこちと鉄道の旅に出かける事が出来、感動の時を過ごことが出来ました。。
なかでも一番嬉しかったのは、九州で 関口知宏さんと偶然にお会いできて、お話する事が出来た事でした。
「宮地駅にて」
今、その時撮影されたポスターが駅に掲示され、テレビでCMが流れていて、目にするたびあの時の感動が蘇ります。


0901111.jpg0901112.jpg
0901113.jpg0901114.jpg

(動画ご覧になれるかな? 「列車で行こうどこまでも」 )

来年もまた、列車の旅で いろんな事をたくさん感じたいと思っています。

皆様、よいお年をお迎えくださいませ。。。








[ 2008/12/31 19:00 ] ご挨拶 | TB(0) | CM(10)

琴平電鉄志度線 「今橋駅」 (香川県高松市)

0812281.jpg

琴平電鉄志度線 「今橋駅」

志度線の車両基地である今橋検車区と車両工場の今橋工場があり、志度線の車両の修理・点検がおこなわれている駅です。

琴平電鉄志度線 「琴電屋島駅」 (香川県高松市)

08122711.jpg

琴平電鉄志度線 一度、通り過ぎたけれど、引き返して途中下車した駅。
「あっ! かわいい。。」

そして それだけの価値があった駅。






琴平電鉄志度線 「潟元駅」 (香川県高松市)

0812265.jpg
琴平電鉄志度線 「潟元駅」

駅の周辺は、今も昔もそれなりに栄えている雰囲気で、乗降客も多い駅です。


0812262.jpg

琴平電鉄志度線 「房前駅」 (香川県高松市)

0812251.jpg
琴平電鉄の車内は、予想以上に輝いていて、連結部も広くゆったりとした感じでした。


0812252.jpg
瀬戸内海の志度湾が車窓から見えます。


初雪

毎年、クリスマス前後、年末に初雪が降りますが、今年は車窓からその様子を見る事が出来ました。
雪景色になってきたのは、野洲あたりからだったでしょうか、近江八幡、能登川。。 
でも彦根、長浜と東へ進むにつれ雪は少なくなり、途中下車を繰り返した岐阜の太多線界隈では、風は冷たかったけれど、雪を見ることはありませんでした。

帰り、名古屋から南へ四日市を経て、亀山から関西線に乗り換えた頃から、迫る車窓から見えるのは一面銀世界。

0812311.jpg


そして「柘植駅」
0812312.jpg


[ 2008/12/27 19:01 ] 日常 | TB(0) | CM(0)

徳島~JR高徳線「志度駅」 そして琴平電鉄「志度駅」 (徳島県 香川県)

0812241.jpg
徳島駅発6時39分 高徳線で高松方面へ向かいます。
四国を左回。

0812242.jpg
今日はJR区間は1060円なので、青春18切符は使いません。


0812243.jpg
瀬戸内海の海が見えます。


0812244.jpg
JR志度駅下車。

徳島郷土料理 「そば米雑炊」

0812231.jpg

徳島に行ったら「たらいうどん」を食べようと思っていました。
駅前を歩きましたが、「たらいうどん」の看板があったのはこのお店だけ。。

[ 2008/12/26 17:00 ] ---まちあるき--- 徳島県 | TB(0) | CM(0)

JR鳴門線

冬の青春18切符の難点は、日没が早いこと。
車窓、駅舎を感じたい私にとっては、楽しめる時間が短い。
でも。。通勤ラッシュ時間前に車窓から夕日が見える。。のんびりと独り占めできる。。

0812221.jpg

JR高徳線 JR鳴門線 「池谷駅」 車窓から (徳島県鳴門市)

徳島方面から北へと走ってきた「高徳線」はこの「池谷駅」で、「高徳線」と「鳴門線」に分岐します。
分岐する駅と言うのは、何も珍しくないのですが、ここは 線路が「Y字型」となっての分岐。
そして駅舎は「Y」の字の上部の▽の下の頂点部分にあります。
(説明が、うまく出来ないのですが。。)



この画像は 鳴門線のホームに停まる窓から見た「池谷駅」です。
0812211.jpg