富山地方鉄道 不二越・上滝線 「上堀駅」 (富山県富山市)

 感動の「立山連峰」から、始めた富山地方鉄道の駅舎記事。
立山駅から南へ下っていきました。

 今度は、二日目の朝 富山駅から富士越上滝線に乗車して駅舎を訪ねた時の記事です。


1003316.jpg

1003312.jpg

電鉄富山駅から三つ目の駅。
朝 7時台という事もあり、通勤通学の利用者がたくさんおられました。

石の階段と、屋根の形。。 支える木の梁と柱、木枠の窓がなんとも言えません。


1003314.jpg


JR石山駅の機関庫が。。。。 (滋賀県大津市)

 富山地方鉄道の駅舎記事の途中ですが、このままだと時期を逃してしまいそうなので、割り込みです。

 昨年5月の記事 「日本電気硝子引込線」 がJR敷地内で撤去され、機関庫までが無くなってしまっていました。
気がついたのは、この3月5日。
 ない。。 ない。。 あの機関庫が。。
そして線路が。。。

100330.jpg


いったい何時の間に?
駅ビルから、日本電気硝子内に伸びる線路を確認して、母の病院付き添いでなければ、、写真撮るのになぁ。。なんて思っていたけど、あの時すでにJR側の線路と機関庫がなかったのかも?



富山地方鉄道 立山線 「下段駅」 (富山県中新川郡)

1003291.jpg

1003293.jpg

1003292.jpg


田圃の中に殆ど手の加えられないまま佇む駅舎。



10032917.jpg
サッシ戸も本来の溝に合ってない。。



富山地方鉄道 立山線 「五百石駅」 (富山県中新川郡)

1003281.jpg

富山地方鉄道立山線の中心駅というだけあって、堂々たる構え。
左右対称なデザインが落ち着きを感じさせます。
有人駅で、駅周辺も賑やかです。

富山地方鉄道 立山線 「釜ヶ淵駅」 (富山県中新川郡)

立山駅から7つめの駅。
ここまでくると、もう山の駅と言うより麓の穏やかな場所に建つ駅。。

1003275.jpg

1003279.jpg


駅舎の形は、原型を残しているけれど、あちこち綺麗になっている、これを「改修」「改装」と言うんだろうなと思わせてくれる駅。。
ん~ 勿体無い。。

富山地方鉄道 立山線 「有峰口駅」 (富山県富山市)

立山駅に向かう途中、車窓から見えたこの「有峰口」に是非降りて見たくなりました。
予定を組みなおし、途中下車した駅。


1003269.jpg
このアプローチの感じは、駅に向かう人たちの気持ちを引きあげることでしょう。



10032616.jpg


1003267.jpg

「有峰口」の前は「小見駅」だったそうです。。

富山地方鉄道 立山線 「千垣駅」 (富山県中新川郡立山町)

「立山」から始まった富山地方鉄道シリーズ。このまま「立山線」を富山方面へ戻るとしましょう。。

1003252.jpg

1003253.jpg


立山駅から三つ目の駅。

国道6号線から、一段下がったところに駅舎があります。

富山地方鉄道 立山線 「立山駅」 (富山県中新川郡立山町)

 よいしょ。。よいしょ。。 大きな 川と立山連峰を左手に見ながら。。電車はかけ登る。。
一生懸命。 かけ登る。。 


10032413.jpg


10032412.jpg

 
 富山地方鉄道立山線「立山駅」。

車中斜め前のボックス席に座っておられた郵便配達のおじさんが階段を登って行かれました。


1003241.jpg



立山へ (富山県)

 休日、そうでない日にかかわらず ずっと両親関係の用事に追われていましたが、ようやく「自分だけの休日」が訪れました。
 倒れそうなほどに心身ともに疲れていたけれど、「自分だけの休日」となれば なんとかなるもので(笑)
磁気ネックレス、ピップエレキバン、バンテリン、栄養ドリンク、栄養剤なんかを駆使して 久しぶりの「おでかけ」。

 父が健在であれば、昨年末には「富山地方鉄道」に乗りに行く予定をしていまして、その計画をそのままざっと見直して 仕事を終えたその足で青春18切符片手に まずは金沢の娘の元で一泊。
翌日から富山地方鉄道に乗りました。

 久しぶりの古い木造駅舎は懐かしくもあり、心落ち着く場所であり。。

 終着駅の「立山駅」に向かう車窓から迫り来る立山連峰の雪景色はそれはそれは雄大で迫力いっぱいで胸が高鳴りました。

 1003211.jpg


[ 2010/03/21 18:37 ] ---まちあるき--- 富山県 | TB(0) | CM(10)

サクランボの花

10年以上前に植えたサクランボの木。
毎年、桜が咲き始める前に、小さな薄ピンクの花で満開になります。

1003141.jpg

1003142.jpg

[ 2010/03/14 16:38 ] 日常 | TB(0) | CM(13)