“瀬古薬師堂~寺庄駅” 【麗しの神仏に出会う滋賀の旅 仏女ブロガー】  (滋賀県甲賀市)

 瀬古薬師堂を後にして、再び杣川を渡ると、風情のある佇まいの町に出てきます。
突き当たりは、ロールかすてらの菓子龍さんや、仁木家のあった通り「杣街道」
迂回してきたことになります。

11103001.jpg



杣街道。
11103002.jpg

11103003.jpg

こういう町並みが一角にでもあれば、それを観光資源に町を売り出しているところが多々あるなか、ここは奥ゆかしく、黙ってそのままに存在しています。


[ 2011/10/31 19:37 ] ---まちあるき--- 滋賀県 | TB(0) | CM(0)

“瀬古薬師堂”  【麗しの神仏に出会う滋賀の旅 仏女ブロガー】 (滋賀県甲賀市)

 時間があればゆっくりと忍者屋敷も見学したいけれど、今回は断念。
次の目的地「瀬古薬師堂」に向かって歩きます。


11102908.jpg
広がる秋景色の見知らぬ町をこんな風に歩く旅は、始めてです。
(このあたりの写真ISO感度設定が間違っていて、色合いがおかしくてとても残念です。)

でもちょっと不安になって「瀬古薬師堂さんはこの道まっすくでいいです?」とお聞きすると「お薬師さんはそこの道渡って正面やわ」と。。
穏やかに、戸惑うことなく場所の説明ができる。。 やっぱり町に溶け込んでいるんだなぁと。。



11102901.jpg



[ 2011/10/30 09:22 ] ---まちあるき--- 滋賀県 | TB(0) | CM(4)

“甲賀は忍者の町” 【麗しの神仏に出会う滋賀の旅 仏女ブロガー】 (滋賀県甲賀市)

 矢川神社を後にして、さらに「駅から歩こう」の地図を見ながら歩きます。


11102817.jpg


あ。。 ここは2年半前に歩いた「杣街道」ではありませんか。
(過去記事 → 甲賀市甲南町深川市場 <杣街道> )
 あの時は車で娘に連れて来てもらったけど、こうして電車に揺られ、駅から歩いてくると随分と印象が違います。 


 車という自分達だけの空間から、「はい」と此処に来るのではなく、通勤通学の人々と一緒に電車に乗って息遣いを感じながら、甲賀の太陽を浴びながらここに来ると、また全く感覚が違います。
此処の背景を感じられます。

[ 2011/10/29 19:05 ] ---まちあるき--- 滋賀県 | TB(0) | CM(2)

“杣川(そまがわ)”  (滋賀県甲賀市)

 甲賀の田園地帯の中を堂々と、でも穏やかに流れる川。
その名を「杣川(そまがわ」と呼びます。
「杣」 見慣れぬ、聞き慣れぬ 文字と響きに出会うと、ますます旅の高揚感は増します。

11102802.jpg


 「杣」とは、神社仏閣などの建材となる木材を供給する森林を指す言葉だそうです。

 このあたりは東大寺などの巨大木造建築のために用いられる木材を供給する杣山で、現在の甲南町矢川橋付近の川辺に、矢川津といわれる川津が設けられていた。これは東大寺建立の折、造東大寺司という役所の下に置かれた甲賀山作所という出先機関付属の川津で、甲賀杣が開かれてからまもなくのことだった。これにより、この川を“杣川”と呼ぶようになったと考えられている


1102801.jpg



「神仏います近江」

この湖南の地で、東大寺建立のための木材が作られていたのですね。




神仏います近江
麗しの神仏に出会う滋賀の旅
滋賀県観光情報











[ 2011/10/29 15:33 ] ---まちあるき--- 滋賀県 | TB(0) | CM(2)

“矢川神社”  【麗しの神仏に出会う滋賀の旅 仏女ブロガー】  (滋賀県甲賀市)

11102712.jpg

11102707.jpg

11102708.jpg



 真っ直ぐ伸びる参道は奈良の春日大社をも思わせますが、修学旅行生がたくさんいたりするわけでなく、お土産屋さんが並んでいるわけでなく、周りは田圃。
 この町に溶け込んだ、この町の人のための守り神さんなんだと鎮座している。。

[ 2011/10/28 17:46 ] ---まちあるき--- 滋賀県 | TB(0) | CM(0)

“甲南駅~矢川神社” 【麗しの神仏に出会う滋賀の旅 仏女ブロガー】 (滋賀県甲賀市)

 草津線は、青春18切符で三重、和歌山方面へと移動した時と、鉄道趣味のために貴生川駅で下車して近江鉄道、信楽高原鉄道に乗車するために利用した事はあるけれども、貴生川駅以内の県内の駅で下車するのは始めてでした。
 滋賀県民であっても、さわやかな秋の青空の下、未知の場所に立つ高揚感が増してきます。



11102701.jpg

「滋賀を歩こう 甲南・寺庄駅発ウォーキングマップロード」に沿って暫く歩いていると、風情ある町並みが見えてきました。。

 ん? 「甲南」にもこんな風景があるんだ。。
 
 
[ 2011/10/27 17:22 ] ---まちあるき--- 滋賀県 | TB(0) | CM(0)

JR西日本草津線 「甲南駅」 【麗しの神仏に出会う滋賀の旅 仏女ブロガー】 (滋賀県甲賀市)

11102602_20111024203337.jpg


11102603.jpg

JR東海道本線「草津駅」から「草津線」で24キロ、40分。
草津線の駅舎は軒並新しい駅舎に変わっていますが、甲南駅」は、昭和の時代からかそのままの姿で迎えてくれました。


「仏女ブロガーの旅」集合の12時まで、甲南の町を歩いてみようと、この駅に降り立ちました。

“駅から歩こう” 【麗しの神仏に出会う滋賀の旅 仏女ブロガー】 (滋賀県)

 滋賀県の湖南と聞いても「え? 何があるの」と思われる方が殆どだと思います。
県民の私でさえ、今回訪れるまで「旧東海道」の魅力位しか感じていませんでした。
お隣の京都、いぇ、お隣の湖東三山に比べると本当にマイナーで華やかさは殆ど感じられない地域です。
ガイドブックや、ウェブサイトにすらあまり紹介がなかったのですが、そんな中とても役立ったのがJR西日本の「滋賀を歩こう。」



 各駅にも設置されていますが、パソコンからウォーキングマップをダウンロードする事が出来るので計画段階から大変参考になります。
例えば、 TOP → 草津線沿線コース一覧  → 甲南・寺庄駅発ウォーキングマップロード

 ダウンロードした地図は親切丁寧で正確で、方向音痴の私でも楽しみながら歩く事ができました。

11102501.jpg



[ 2011/10/25 13:50 ] ---まちあるき--- 滋賀県 | TB(0) | CM(0)

“美冨久酒造”  【麗しの神仏に出会う滋賀の旅 仏女ブロガー】 (滋賀県甲賀市)

11102414.jpg



11102412.jpg

他のブロガーさんと一緒に滋賀県のバスで連れて行って頂いた最後の場所は 1917年創業の「美冨久酒造」さん。。
ここで試飲させて頂いた「大吟醸」がそれはそれは美味しかったのです。
フルーティーな甘みが柔らかく口の中に広がりました。
アルコールは好きでも日本酒はちょっと苦手な私ですが、こんなにおいしいお酒でいい気分になれるなら、もっとゆっくりと呑みたい。。 そう思いました。
今まで、呑んだ日本酒の中で一番美味しい。。。 決してお世辞ではありません。
思わず、夜のお事の時は日本酒頼んでみようかなぁと思ったほどです。


11102411.jpg
[ 2011/10/24 21:00 ] ---まちあるき--- 滋賀県 | TB(0) | CM(4)

“大池寺蓬莱庭園” 【麗しの神仏に出会う滋賀の旅 仏女ブロガー】 (滋賀県甲賀市)

11102306.jpg

 皐月の大刈り込み鑑賞式枯山水庭園を眺めながら、いっぱいのお茶を頂く至福の時。。


11102310.jpg


[ 2011/10/23 15:46 ] ---まちあるき--- 滋賀県 | TB(0) | CM(2)