新宮駅~熊野本宮大社 (和歌山県田辺市)  【南紀パス】

 先々週末、久しぶりの遠出は福井方面。「武生」の町並みは私好みで大満足でしたし、福井鉄道、えちぜん電鉄の駅舎と車窓も最高で、楽しい時間を過ごしました。
感動さめやらぬうちにすぐにブログ記事にしたいのですが、昨年末の南紀パスの記事がまだ途中です。
簡潔明瞭にまとめられず、ひとつひとつ再び感動に浸ったりしているもので、こうしてブログ記事が遅れていきます。

 とりあえず、南紀パスの記事を急ぎたいと思います。



12041114.jpg
南紀パスの特徴は、JRだけでなく、かなり長距離の私鉄バスも乗降自由であることでした。
つまりかなりの低価格で普段行けない和歌山県の内陸部を横断できるということ。
画像、実線がJR 破線が私鉄バス。

さて、新宮駅まで来た私は、ここからバスで熊野本宮大社まで向かいます。
図では北へ向かうようになっていますが、今度は西の内陸部へと進みます。


12050113.jpg


12050101.jpg


[ 2012/04/29 15:59 ] ---まちあるき--- 和歌山県 | TB(0) | CM(0)

パイル織物資料館 (和歌山県橋本市)

 3年前に撮った写真と半月前に撮った写真。その殆どの視点、角度が一緒で 進歩がないというか、一環しているというのか。目に付く建物も同じで、前回も駅舎の向かいにある「パイル織物資料館」まで足を延ばしました。
前回の写真と今回の写真を使いながら記事を書いていくことにします。


12040704_20120427220415.jpg
ホームから見える建物は、瓦屋根、下見板張の趣ある建物。
正面に見えているけれど、ぐるっと5分位かかるのに吸い寄せられるように歩いてしまうのが近代建築ファンの私達。


12041705.jpg

[ 2012/04/28 22:02 ] ---まちあるき--- 和歌山県 | TB(0) | CM(6)

JR西日本和歌山線 「高野口駅」  (和歌山線)

 今回の講座の集合場所が和歌山線「高野口駅」だと聞いて、あっ、あのいい駅だなぁ。。と自分のブログ内検索をしたのですが、どうしても高野口駅の記事がみつかりませんでした。
和歌山線の旅したとき桜井線にも周り、三輪駅でおりて素麺食べたし、畝傍駅に長い時間滞在して心地良かったし、その記事も書いたはず。でもいくら検索しても見つかりませんでした。記憶とはいい加減なものアップした気になっていたんです。
あの年の夏は青春18切符を二回買って、九州にも千葉にも行けたいい時代でした。
たくさんの駅を見すぎて記事にしないままになっていた事、今頃気がつきました。

 「駅をみるため」に下車した2008年9月3日の記事を中心に素晴らしい高野口駅を記事にする事にします。


12041611.jpg


 和歌山線と聞けば、海岸線を走っているイメージがあるかもしれませんが、和歌山市の和歌山駅から東方向、内陸部へと走り奈良につながる線です。

普通列車で1時間。高野口駅で下車するときちんと手入れのされた、大きめの駅舎に出会います。

高野口小学校 (和歌山県橋本市)

 4/14「関西洋風建築めぐり」に参加させて頂いた時の続き記事です。

高野口駅から歩いて10分。桜の木の下に、瓦屋根の綺麗な間口の広い建物が見えてきます。。
まるで絵に描いたような小学校。


12041501.jpg


ここは「高野口小学校」
昭和12年(1937年)7月に着工、2011年に改修工事が終わりました。


[ 2012/04/24 21:39 ] ---まちあるき--- 和歌山県 | TB(0) | CM(10)

旧葛城館 (和歌山県橋本市)

 昨年末の南紀パスを使った旅の様子を書かせて頂いているので「和歌山県橋本市」と言う地名に、南紀パス旅の一連かと思われてしまうかもしれませんが、こちらは先週土曜日に「関西洋風建築めぐり」に参加させて貰った時のものです。


12041401.jpg
和歌山線「高野口駅」は、ローカル線木造駅舎。降り立っただけでため息が出るほど、暖かい懐かしさが漂っているのに、さらに息を飲ませてくれるのは、木枠と硝子窓とその向こうの障子が見える堂々とした建物。

12041402.jpg
(高野口駅待合室から)

12041403.jpg


 何年か前、この駅舎を訪れた時も、この建物が気になって写真をたくさん撮りました。

[ 2012/04/20 20:54 ] ---まちあるき--- 和歌山県 | TB(0) | CM(2)

桜満開 昭和の香りの「南郷水産センター」  (滋賀県大津市)

 琵琶湖から流れ出る唯一の天然河川である瀬田川の水を堰き止め、利水および治水に供する目的で運用されている「瀬田川洗堰(通称 南郷洗堰)」
そのの東詰にある「南郷水産センター」は、昭和41年(1966年)、「さかなと自然と人間とのかかわり」をテーマに掲げて、滋賀県漁業協同組合連合会により開設されました。

 自宅から歩いても20~30分。 毎年桜の季節になるとピンク色に埋まっていて気になっていましたが、センター内に入ったのは今回が始めてでした。


12041301.jpg

12041302.jpg


[ 2012/04/18 15:23 ] ---まちあるき--- 滋賀県 | TB(0) | CM(8)

JR西日本・JR東海 紀勢本線「新宮駅」 【南紀パス】  (和歌山県新宮市)

12041102.jpg

12041103.jpg



堂々とした構えの新宮駅。
JR西日本とJR東海の境界駅、この先はJR東海の管轄となります。

昭和30年代の香りがすると思いましたが、昭和27年(1952年)竣工の駅舎です。




JR西日本紀勢本線 「那智駅」 【南紀パス】  (和歌山県東牟婁郡)

12040901.jpg

 熊野那智大社からのバスに揺られていると「那智駅」という案内アナウンスに耳が止まり、急遽下車。
那智駅から熊野那智大社までのほうが距離的に近いのに、熊野那智大社へのアクセス案内に「紀伊勝浦駅からバス」とあるのは、この那智駅には特急列車が停車しないからです。

12040903.jpg

12040908.jpg

4月9日 大津の桜 【膳所公園】  (滋賀県大津市)

 桜満開、はちきれそうに満開。町が明るいピンク色でいっぱいになる頃 ちょうど入学式を迎えるのが大津。
ところが今年は少し遅く、4/9小中学校の入学式もまだ3分咲き5分咲きといったかんじでした。
それでも 入学式に少しでもピンク色が添えられると華やかです。

 大津の桜 毎年少し早めなのが琵琶湖岸にある膳所公園。それも道路沿が一足早く満開の時を迎えます。
前日の寒さも柔らぎ、気持ちのいい晴天。
たくさんの人が、お花見を楽しんでおられました。

12041001.jpg


12041002.jpg




[ 2012/04/11 09:37 ] ---まちあるき--- 滋賀県 | TB(0) | CM(4)

黒飴ソフトクリーム 再び勝浦方向へ (和歌山県東牟婁郡) 【南紀パス】

12040701.jpg

熊野那智大社に着いた時から気になっていた「黒飴ソフトクリーム」

アイスクリームはあまり好きじゃないのに、ソフトクリームは大好きという私は、変わり味のソフトクリームを見つけたら必ずべてしまうんです。。
今まで一番おいしかったのは京都嵐山の「ほうじ茶ソフト」でした。。


[ 2012/04/07 20:19 ] ---まちあるき--- 和歌山県 | TB(0) | CM(6)