梅雨空の下で。

12062301.jpg

12062307.jpg

 猫の額程の庭に欲張って、あれもこれも植えるから淘汰されてしまって、根元で小さく消えて行ったのはピーマンとオクラ。
 元気にしているのが、これ。


[ 2012/06/30 22:24 ] 日常 | TB(1) | CM(2)

西本願寺伝道院 (京都府京都市)

 2年半しか使用していない「CANON PowerShotS90」がレンズが収まらないという不具合で全く動かなくなり修理に出せば1万円。新しいカメラを買おうか修理か迷いながら、その前に使っていた 「CANON IXY900is」がなんとか使えるので騙し騙し使っていたら今度は自分の不注意で水没(水筒と一緒にバックに入れていたら水筒の蓋がきちんとしまってなくてこぼれてカメラが濡れた) その翌々日 ブログ友達のぷにょさんと京都で会うことになっていて、携帯電話のカメラだけを撮影機器として出かけたのでした。


 久しぶりの京都歩き、近代建築に興味を持つようになってからは、殆ど歩いていないので、ましてや近代建築友達のぷにょさんと一緒となると新しい魅力をいっぱい発見。。
あの時のように「○○通歩き」を今度は視点を変えて再開すれば楽しいかもしれないなあと。。思いました。


 「西本願寺伝道院」
京都歩きをはじめた1~2年は姿が見えていましたが、意識して伝道院を見ようとした頃にはシートにくるまれていて、それはずっと長く続いていました。

 そして今回、ふらふらぶらぶらと歩いていて 「あっ!! 見えた!!」

12062002.jpg

[ 2012/06/29 19:06 ] ---まちあるき--- 京都府 | TB(1) | CM(4)

JR西日本北陸本線 北陸新幹線開通を待つ「福井駅」 (福井県福井市)

 始めて福井駅に降り立ったのは2002頃だったでしょうか。その時の印象は、県庁所在地でありながら地味な小さな駅。まるで大津駅のよう。二階のお土産屋さんも寂れていたし、駅前も開放感のない地方都市の風景だったと記憶しています。
 その後、2007年越美北線に乗る前に福井駅で降りて、駅前を少し歩きました。何故か駅の印象がないのですが、その時既に新しい駅になっていたようです。


「2007年 福井駅」
12061901.jpg

12061902.jpg
新しくなってはいるものの、駅前は整備されていないようです。





2012年4月福井駅。

12061908.jpg



えちぜん鉄道三国芦原線 「三国港駅」 (福井県坂井市)

12061804.jpg

「三国港駅」
‘みくにこう’と読んでしまいそうなところを‘みくにみなと’と読むことで、「港」が強調されイメージが広がります。

駅名標が、綺麗。

そうです、2010年3月 旧駅舎の建材を利用して、同じ構造に改修されました。

12061801.jpg


えちぜん鉄道三国芦原線 「三国駅」 (福井県坂井市)

12061701.jpg
「三国駅」

 今までの駅舎と違って、しっかりとした印象を受けるのは、駅ビル「京福三国ビル」一階を駅施設として利用しているからです。


12061702.jpg

12061707.jpg




えちぜん鉄道三国芦原線 「本荘駅」 (福井県あわら市)

えちぜん鉄道三国芦原線は、広い田園地帯を駆け抜ける気持ちのいい路線です。
訪れたのは4月22日。丁度、田植前の水田がキラキラと輝いていました。

12061501.jpg



綺麗な海岸線を走る電車もいいけど、村の鎮守の神様が見える電車もいい。。
12061502.jpg







12061507.jpg

えつぜん鉄道三国芦原線 「鷲塚針原駅(わしづかはりばらえき)」 (福井県福井市)

 勝山永平寺線終着「勝山駅」から再び、えちぜん鉄道福井駅に戻ります。
福井へ来たなら、やはり「越前蕎麦を食べなきゃ」と朝から思っていたのですが、駅巡りを始めるとなかなかそんな時間もありません。またローカル駅を巡りは飲食店に出会えないのが常です。。
でもお腹もすいたしなぁと。。 駅の立ち食い蕎麦を食べることに。。。(笑)
忙しい「駅巡り」にこんなに便利な「食」はありがたいものです。

12061412.jpg

12061411.jpg








えちぜん鉄道三国芦原線は、福井市から北東方向へ平野部を抜け三国港までの路線です。
福井駅を出た電車は、勝山永平寺線と別れて、北へと進みます。

12061413.jpg




12061416.jpg
「鷲塚針原駅」

えちぜん鉄道勝山永平寺線 「勝山駅」 (福井県勝山市)

12061315.jpg
勝山永平寺線 終着駅 「勝山駅」
昭和49年(1974年)までは、この先 「越前大野駅」まで線路は伸びていました。






12061301.jpg

えちぜん鉄道勝山永平寺線 「山王駅」 (福井県吉田郡)

12061207.jpg

12061205.jpg
「山王駅」

全景を捉えるのが難しい駅舎でした。


12061206.jpg



えちぜん鉄道勝山永平寺線 「永平寺口駅」 (福井県吉田郡)

12061103.jpg

「永平寺口駅」

平成14年(2002年)「永平寺口駅」から「永平寺」までを結んでいた永平寺線が廃線となりました。
さらにさかのぼる事、昭和44年(1969年)までは、JR西日本(旧国鉄)北陸線「金津駅(芦原温泉駅)」から「永平寺口」までつながっていて、JR西日本北陸線「金津駅(芦原温泉駅)」で乗り換えれば「永平寺」まで行くことが出来ました。



瓦屋根の歪みが、白く塗られた木造駅舎に似合っています。


12061129.jpg

12061120.jpg

12061119.jpg


大正3年(1914年)建築。