FC2ブログ







熱田神宮で「七五三詣」  (愛知県名古屋市)

 御無沙汰気味です。

数年前、娘たちが学校を卒業して自分の時間が十分に持てるようになりました。休みの日になれば、必ずどこかへお出かけ。青春18切符の期間は毎週のように泊りがけだったり。。
「仕事と家事以外は自分の時間」


それがどうも、ここ最近家族の用事が増えました
冠婚葬祭、父のお寺関係の行事。家族の世話が多く自分の時間がなかなか持てない状態。
そんな中、三女が入院、一歳四ヶ月の三女の子供の世話のため時差出勤の毎日。
ふう~~。 
二週間前には、主人の甥の結婚式が松原市で、この間の日曜日は長女の娘の七五三。
あ~ 忙しい?
いやいや、こういう行事もある意味、気分転換です。


12100208.jpg


「七五三」
11月15日が正式な日。
それぞれの都合に合わせてずらしたりはするけど、11月に入ってからと言うのが普通だと思っていましたが、娘からのお誘いは、10月7日。

「熱田神宮11時集合」

熱田神宮は高校生の時、家族旅行で行きました。とても広い境内で尾長鳥が居た記憶があります。
19歳の時、社員旅行でも行った記憶があります。自然に恵まれた広い境内の印象からか、名古屋市のはずれにある印象があるのですが、実際は名古屋の中心にあります。

10時半に駐車場の列に並ぶ事が出来て安心したのは束の間。その列が動かない。
ん? 何事? まだ10月に入ったばかり。
20分位でようやく駐車場に入れたけど、その人の多さにびっくり。
なにがあるの?

12100203.jpg

12100202.jpg




[ 2012/10/10 21:14 ] ---まちあるき--- 愛知県 | TB(0) | CM(6)

ちくわパン

 ちょっと時間があるので、こんなパンの紹介。



滋賀県内大手スーパー 10月1日~10月15日 「新パンコーナー」で販売されているパン。
12100101.jpg

袋も竹模様だったりして、思いっきり「ちくわ」しています。

でもこのパンは、まるっきりの初顔というわけでなく、時々スポットで入っていた記憶があります。


[ 2012/10/03 12:49 ] 日常 | TB(0) | CM(9)

★2009年西日本パスの旅 JR九州 肥薩線 「矢岳駅」

* 2009年11月、西日本パスで南九州を訪れた時の記事です。当時、作っていた記事ですが、事情により未アップになっていましたが。そのままアップします。*





 肥薩線の山線と呼ばれる険しい区間にある駅の一つで、肥薩線で最も高く標高約536.9mの地点にある駅です。
 → 肥薩線の駅を訪ねて~矢岳駅・真幸駅">肥薩線の駅を訪ねて~矢岳駅・真幸駅


ここでも数分間の停車。SL展示館などがあるのでみなさんはそちらに行かれますが、私達は ひたすら「駅」



0912201.jpg

★2009年西日本パスの旅 JR九州 肥薩線 「大畑(おこば)駅」 (熊本県人吉市)

* 2009年11月、西日本パスで南九州を訪れた時の記事です。当時、作っていた記事ですが、事情により未アップになっていましたが。そのままアップします。*





 肥薩線の山線と呼ばれる険しい区間にある駅。日本で唯一、ループ線の中にスイッチバックを併せ持つ駅としても知られています。

詳しくはこちら → 肥薩線の駅を訪ねて~スイッチパックとループ線が併用された駅、大畑駅


0912197.jpg
ループ線を走る途中にこんな案内板があり、電車は停車、案内アナウンスがあります。






★2009年西日本パスの旅  観光路線 「肥薩線」

 何かと家族の用事が多く、過去記事の更新すら遅れがちですが、のんびりボチボチアップしていきます。
 
* 2009年11月、西日本パスで南九州を訪れた時の記事です。当時、作っていた記事ですが、事情により未アップになっていましたが。そのままアップします。*




 肥薩線は、熊本県八代市の八代駅から鹿児島県霧島市の隼人駅までの路線で、1909年(明治42年)全線開通といいますから、歴史ある路線です。
 山の中の険しい場所を走るため、ループ線、スイッチバックなどの工夫が随所に施され、蒸気機関車時代は走る事が大変でした。
 そんな路線ですから、ローカル鉄道ファンにとっては、憧れの路線。それに伴う駅舎も古くからのものが残されていて、魅力いっぱいでした。

 ただ、やはり利用者の少ないローカル線、2000年頃には、廃線の可能性も取り沙汰されましたが、 2004年3月13日の九州新幹線部分開業を期に、八代 - 人吉間の球磨川沿いの風景や国見山地を越える人吉 - 吉松間のスイッチバックとループ線、日本三大車窓の一つに数えられる矢岳越え、古くから残る駅舎などの観光資源に着目し、観光路線としての整備・PRが進められています。



以下 JR九州発行パンフレット

0912291.jpg

0912292.jpg

0912293.jpg