山陰本線 城崎温泉駅 ~ 鎧駅 車窓  

<山陰海岸ジオパーク女子旅モニターツアー>





 城崎温泉駅から西へ、車窓から海が見え隠れします。

12101201.jpg



城崎温泉駅前で「かにとろろ丼」 (兵庫県豊岡市)  

 世の中には「そんな訳ない」けど、「そんな勘違いもするかもしれないよねぇ~」って事がたくさんあります。
娘が幼稚園の頃、空港のレストランで「ケーキセットべる~」注文したものが運ばれて来て駄々こねられました。 娘はケーキセットって、メニューに載っているようにケーキがいっぱいセットになって運んでくるのだろうと思っていたのです。 「んな ケーキばっかりがセットになってるわけないやん」


 そして私は、この日そんな出来事を思い出して苦笑いしてしまう事になりました。



12101101.jpg

「ミニ丼セット 980円? いろいろべられていいやん」 そう、女性は欲張りのいしん坊なので ちょっとずつでいいからたくさんの種類がべたいものなんです。

駅前をうろうろしたけれど、この「ミニ丼」セットに惹かれ、店内へ。


[ 2012/10/30 15:33 ] ---まちあるき--- 兵庫県 | TB(0) | CM(0)

城崎温泉駅界隈町あるき (兵庫県豊岡市) 

<山陰海岸ジオパーク女子旅モニターツアー>




 「温泉」と言われるところは全国各地にたくさんありますが、城崎温泉は駅からのアクセスが非常によく、温泉町としても綺麗に整備されているので、老若男女万人が、気軽に行くことの出来る温泉だと思います。

 ぷらりと町歩き。。

12101017.jpg


12101018.jpg
城崎温泉と言えば、この風景。 湯けむりののぼる中、浴衣着てのんびりぶらぶら。。 いいでしょうねぇ。。


12101001.jpg
城崎温泉は、外湯めぐりも楽しめます。

電車に乗ることに目覚めた頃、鉄道の日記念切符で城崎まで来て、外湯めぐりして 日帰りした事があります。
思えば、あの頃から、今のような私がはじまったのでした。。。


[ 2012/10/29 14:58 ] ---まちあるき--- 兵庫県 | TB(0) | CM(3)

山陰本線 「城崎温泉駅」 (兵庫県豊岡市)  

<山陰海岸ジオパーク女子旅モニターツアー>



12100901.jpg

列車は、円山川沿を城崎に向かって走ります。この橋が出来て、玄武洞への渡し舟が一時運行されなくなったのでしょうか?


12100902.jpg
「城崎温泉駅」

2005年に城崎駅から「城崎温泉駅」に改称。
温泉駅らしい風情が漂います。
以前、蟹の季節に途中下車した事がありますが、蟹を茹でる湯気が一層、風情を強めていました。



12100915.jpg

玄武洞観光センター展望台 (兵庫県豊岡市) 

<山陰海岸ジオパーク女子旅モニターツアー>


12100801.jpg




玄武洞公園の右手、少し寂れた場所に見つけたお店には、「フジカラー 思い出をいつまでも」の看板。
そういえば、観光地にでは、フィルムが必ず売られていました。ケースの中にはフジカラーやら、サクラカラー、たまにコダック 24枚撮、36枚撮。高価なフィルムを大事に使ってもやっぱり旅の途中無くなって、お土産屋さんで売られているフィルムには随分助けられました。
でも、今 フィルムの需要ってどうでしょう? 写真家の方々は利用されているでしょうが、一般の人はねぇ。。
使捨カメラですら、殆ど見なくなってしまいました。



[ 2012/10/27 11:44 ] ---まちあるき--- 兵庫県 | TB(0) | CM(2)

玄武洞公園 (兵庫県豊岡市) 

<山陰海岸ジオパーク女子旅モニターツアー>


12100701.jpg

渡し舟で渡ってすぐのところが玄武洞公園。

玄武洞は160万年前に起こった火山活動によって、山頂から流れ出したマグマが冷えて固まる時に規則正しいきれいな割れ目を作り出した物です。
6000年前、波に洗われて姿を現し、人が石を取ったために洞となったもので、数知れない六角形の玄武岩が積み上げられて不思議な美しさを見せています。

以下、公園内の案内板です。
12100706.jpg

12100712.jpg

12100708.jpg
玄武洞と名づけられた後に、玄武岩がなづけられたと言うのは意外でした。

12100702.jpg

[ 2012/10/26 16:51 ] ---まちあるき--- 兵庫県 | TB(0) | CM(4)

渡し舟で「玄武洞」へ (兵庫県豊岡市) 

<山陰海岸ジオパーク女子旅モニターツアー>




 玄武洞駅の前を流れる円山川の対岸にあるのが、国天然記念物指定の山陰海岸国立公園「玄武洞公園」


以前は、川沿いの道がなく唯一の交通手段は渡し舟。
明治後期、玄武洞駅の完成を機に、円山川両岸にある二地区が合同で運航。最盛期の約40年前には年間30万人以上が利用していたそうです。
ところが、道路が出来た事で利用客が減り、1999年(平成11年)営業を停止、同年11月には別の業者が小型漁船を使って渡船を引きぎましたが、2006年9月に運航中止となりました。
そして、再び2008年夏、復活。
12100613.jpg


12100611.jpg


12100601.jpg



[ 2012/10/24 16:25 ] ---まちあるき--- 兵庫県 | TB(0) | CM(2)

山陰本線 「玄武洞駅」 (兵庫県豊岡市) 

<山陰海岸ジオパーク女子旅モニターツアー>



 豊岡駅は、北近畿タンゴ鉄道(旧国鉄宮津線)との接続駅。
ここで、唸りながら、健気に一生懸命走る気動車に乗換さらに西へと進みます。

12100501.jpg

12100510.jpg








ほどなく、円山川と並行して走るこの風景は、いつも気持ちがいい。。
12100502.jpg



山陰本線 「和田山駅-煉瓦車庫と給水塔」 (兵庫県朝来市) 

<山陰海岸ジオパーク女子旅モニターツアー>



 山陰本線といえば、ローカル線でいつも乗客が少ないようなイメージがありますが、京都発着の電車は意外に通勤通学としての機能が強く、混雑していて特に通勤時間帯は座る事もできないような状態。
そんな電車も福知山でやっと、四人掛のボックスに一人、という私の好きなローカル列車の雰囲気に変わります。

山陰ジオパークエリア内の「和田山駅」は山陰本線と播但線の接続駅。
ここでの楽しみは煉瓦車庫。

1912年(明治45年)建築。
12100401.jpg

奥に見える「JR」の青文字の塔は、給水塔。

ともに、蒸気機関車全盛期には大活躍だったのですが、今では線路も撤去され空地にポツンと佇んでいます。

山陰海岸ジオパーク女子旅モニターツアー 「出発」

<山陰海岸ジオパーク女子旅モニターツアー>


 暑い暑い毎日が続く、8月始め、あれこれ検索していてふと見つけた「山陰海岸ジオパーク女子旅モニターツアー後期募集」の記事。
特に難しい条件もなく「女子」であればいい。(「女子」なんて年齢ではないけど)
ジオパークエリアを旅する事が基本でテーマは自分で決めればいい。。となると 私のばあい「鉄道」しかないし。。
すぐに計画書を添えて応募。

めでたく「決定」の通知を頂いたのは、夏の厳しい暑さも和らぎかけた9月半ば。

「山陰海岸ジオパークを旅する女性ブロガーを大募集」
→ 後期モニターツアーのレポーター決定






ふふふ。。。具体的にどんな旅にしようかなぁ。。とネットサーフィンしていると間もなく届いた封筒いっぱいの資料。




12100303_20121021215919.jpg


12100302.jpg



 鳥取と言えば「鳥取砂丘」位しかポイントはないように思っていたけれど、海岸線を中心とした多くの魅力ある場所がある事を知り、鉄道ばっかりじゃ勿体無いなぁ。。駅ばっかりじゃ勿体無いなあ。。と、「鉄道・駅」という骨組みに、次々と色をつけさせてもらいました。。
[ 2012/10/21 22:15 ] ---まちあるき--- 鳥取県 | TB(0) | CM(6)