「たびたび城たびin兵庫」 明治・大正レトロ街 市民広場

【兵庫・ブロガー100人戦国トリップ】

≪ノスタルジックアイランド淡路≫

明治・大正レトロ街  市民広場

13103506.jpg

[ 2013/10/31 12:02 ] ---まちあるき--- 兵庫県 | TB(0) | CM(4)

「たびたび城たびin兵庫」 天主茶屋

【兵庫・ブロガー100人戦国トリップ】

≪ノスタルジックアイランド淡路≫

[天主茶屋」

13103302.jpg

天守閣前に、売店があります。
「サイホンコーヒー」「あまざけ」「たこやき」ってあるかなあ?。。。

[ 2013/10/30 20:12 ] ---まちあるき--- 兵庫県 | TB(0) | CM(0)

「たびたび城たびin兵庫」 洲本城②

【兵庫・ブロガー100人戦国トリップ】

≪ノスタルジックアイランド淡路≫

「洲本城②」


13103222.jpg
本丸の敷地は意外に狭く、どうも全体像が掴み取りにくいのですが、その天主台の剛健さは十分に感じられます。


13103201.jpg

13103202.jpg

13103203.jpg


[ 2013/10/29 22:39 ] ---まちあるき--- 兵庫県 | TB(0) | CM(6)

「たびたび城たびin兵庫」  洲本城①

【兵庫・ブロガー100人戦国トリップ】

≪ノスタルジックアイランド淡路≫

「洲本城①」


淡路島には、洲本城、炬口城、白巣城、志知城、郡家城等五つのお城があり、「洲本城」は国指定史跡、淡路国の統治拠点・戦国時代は淡路水軍の本拠でした。

黒田官兵衛は、秀吉から淡路及び阿波攻略を命じられ、毛利氏と結んだとされる安宅氏が拠点とする瀬戸内洋上の要、洲本城、由良城を攻め落としました。
このとき、官兵衛が安宅河内守(あたぎかわちのかみ)を討ち取ったとされる刀が現在まで伝わる備前長船祐定作「名物 安宅切り」(重要文化財)です。



関西方面から高速バスの終点「洲本高速バスセンター」、島の中心となる場所で公共施設、ショッピングセンターなどがあります。
洲本城はここから南東方向に見えます。
13103223.jpg





歩いても60分、登山道も綺麗に整備されているので歩きやすいのですが、私は楽をしてタクシーを使わせて頂きました。
13103103.jpg

13103102.jpg

タクシーだと10分程度。料金は1450円でした。

[ 2013/10/28 20:52 ] ---まちあるき--- 兵庫県 | TB(0) | CM(4)

「たびたび城たびin兵庫」 いざ淡路島へ

【兵庫・ブロガー100人戦国トリップ】

≪ノスタルジックアイランド淡路≫

「いざ淡路島へ」


13103001.jpg

旅行の予定は、10月24日25日。
数日前から台風の進路が気になっていましたが、なんだか怪しい。
台風の進路そのものも直撃しそうですが、その北側にある前線と気圧の谷があり雨が降り続くという予報。
でも休みの都合で、変更するわけにはいかないんです。

「天気予報なんてあてにならない♪ 私は晴れ女♪ 大丈夫!!」
いつになく楽観的な気持ちになって出発しました。



13103002.jpg
最寄り駅6時58分発。


13103003.jpg
ホームの間から、青空が見えているではありませんか。

ほうら、大丈夫、晴れてくるって。



[ 2013/10/26 22:46 ] 長距離バス | TB(0) | CM(6)

「たびたび城たびin兵庫」 淡路島へ行って来ます!!

【兵庫・ブロガー100人戦国トリップ】

兵庫県が大々的に募集されていた「兵庫のお城をめぐるブロガー100人大募集」
兵庫のお城や周辺の観光スポット等を旅して、その感想をWeb上で発信するというものです。


第二期に応募したのは8月28日。

banner_200.jpg



***********************************************************


「少しオーバーかもしれませんが、兵庫県の観光大使のつもりで記事を書いていただければ幸いです。」と当選メールが届いたのは9月19日でした。


「10月旅ブロガー」
行き先は「淡路島エリア」

淡路島は応募が少ないから、採用されやすいだろう。。ってずるい気持ちも少しはありましたが。。。。。
滋賀県民にとって、「淡路島」は気になる存在なのです。

13101605.png

誰もが感じている事でしょうが、琵琶湖の形と、淡路島の形は上下こそ逆ですが、そっくりです。
地図がわかるようになった頃、「淡路島を琵琶湖に入れたら滋賀県の面積が大きくなるの違う?」と教室で騒いだものです。
それは滋賀県民だけでなく、淡路島民も同じだったらしく、知り合った淡路島の友達が「そうそう 子供の時よく言っていたよ~ 琵琶湖にはめこんだらいい」って言いました。


13101604.png13101602_20131016142645418.png

すみません。淡路島を逆立ちさせてしまいました。
逆立ちさせてみると、微妙に形は少し違います。北部は左右逆にする方がいいかもしれません。


淡路島の面積、592km²
琵琶湖の面積、670km²
はめこもうと思えば、はめこめるけど。。

実際 どんな関係があるのかと言えば。
「琵琶湖の地塊が吹き飛ばされ淡路島になった」なんて話はあったりしますが、四国とオーストリアの形が似ているように、世の中には偶然という事が多々あるという事になります。






[ 2013/10/24 06:30 ] ---まちあるき--- 兵庫県 | TB(0) | CM(6)

「CATS のなつかしのナポリタンとメロンクリームソーダ」 ‘大津百町まちなかバル’ (滋賀県大津市)

13102802.jpg

私の心をくすぐってしまうのは、こんなメニュー。
「千石鮓」さんが売り切れだった時の第二候補にしていたのは、こちらでした。

ん~。。でもべたいよなぁ。
お昼ごはんにしては、ちょっと少な目のお寿司だったし。。


またまた「バルメニューありますか?」と。。。ふらふらと入ってしまいました。

13102804.jpg


うぉぅ~。。 これこれ。。
子供の頃、スパゲッティと言えば ナポリタン、イタリアンだけ。 ミートソースは少したってからだったはず。
メニューにもあったけど、レストランメニューにもありました。
目玉焼きがのっているのも憎いなぁ。

[ 2013/10/23 21:58 ] ---まちあるき--- 滋賀県 | TB(0) | CM(3)

「千石鮓」 ‘大津百町まちなかバル’  (滋賀県大津市)

 まだ、浜大津に活気があった頃、丸屋町菱屋町長等町商店街が滋賀県で一番賑やかな場所であった頃から、その少しだけはずれにあったのが「千石鮓」さん。
あの頃からひっそりと佇んでいると言う言葉の似合う、落ち着いたお店でした。
勿論、庶民のべるお寿司は、お祭りの巻寿司と鯖寿司位という時代でしたから、お店に入った事等ありません。
同級生の家だった事と、父の実家の近くにあったという事で、存在を知っていた位です。


 今年5月の、まちなかバル。
13050905.jpg
(2013.5 第2回大津百町まちなかバル)


売り切れていた事が残念というよりも、昔からのお店が参加しているという事が驚きでした。
「まちなかバル」 = チケット片手に、参加しているお店にぶらっと入る。。
いわば、新しい感覚のイベントに 大津の町に根づいているお店が参加していると言う事で、私等は、一気に「まちなかバル」に親近感を感じてしまいました。


 パンフレットによれば「日頃は仕出しと配達が主ですが、当日はバル用に作った近江牛の巻寿司と当店自慢の箱寿司をご賞味ください」とあります。

 そんな貴重な機会ならば、今回は是非!!
ただ、今回は50限定。

 仕事もそこそこに、浜大津駅で下りて一目散にお店へ。

13102701.jpg

大丈夫そう♪


[ 2013/10/23 15:00 ] ---まちあるき--- 滋賀県 | TB(0) | CM(3)

「第3回大津百町まちなかバル」 (滋賀県大津市)

「第3回大津百町まちなかバル」
10月19日に開催されました。



13102601_201310222129058f4.jpg


初参加の今年の春は、「バル」の概要もわからず、当日券を一枚買ってお昼ご飯をべただけ。
ぐるぐるお店を確認しただけでした。
過去記事 → 大津百町まちなかバル
       「四辻の辻一」!!  ‘大津百町まちなかバル’
       大津百町まちなかバル


 でも今回は違います♪
いつもなら入りにくいお店でも、まちなかバルの日は、チケットさえ持っていれば気軽に、一人でも入れるんです。人見知り、場所見知りな私には、大きな味方。
前回、入りたいお店もたくさん見つけたし、5枚綴りのチケットだって一人で使い切れます。

 大津祭の日に前売り券を購入しました。
13102603_20131022212904532.jpg
[ 2013/10/22 21:59 ] ---まちあるき--- 滋賀県 | TB(0) | CM(2)

「滋賀会館」 (滋賀県大津市)

13102603.jpg

とうとう滋賀会館も最後になってしまうのか。。。
幼い日から、今まで多くの思い出を作ってくれました。

 滋賀会館に行った最初の記憶は、父に連れられ「101匹わんちゃん大行進」を見にいった時でしょうか。幼なすぎてあらすじなどわからないままでしたが、父自身が、101匹わんちゃんを気に入ったのか、ぬりえを買ってくれて父が塗ってました(笑)

 学校が長期の休みになる前には映画の割引券が配られ、ある時まで父に連れられ、ある時からは友達同士で、島ノ関まで電車に乗って見に行くようになりました。
始めて友達と映画を見に行った日、仕事に行ったはずの父が滋賀会館のロビーにいる。。
泣いている女の子を見て「あの子みたいにソフトクリームおとさんときや」。。とだけ言って父はまた職場へ行きました。心配して見に来てくれたのでしょう。

 学校から、マリンバのコンサートに連れてってもらって感動したのは小学校3年だったでしょうか。
高学年の時は音楽クラブに所属、MBSこども音楽コンクールに出場、何度かステージに立ちました。

 英語を習い始めた中学一年生、先生の薦めで「小さな恋のメロディ」を見て 音楽の美しさ、初恋のせつなさ、そして洋画の面白さを知りました。

 思春期の高校二年。当時の彼と「やまがたすみことグレープのジョイントコンサート」に行きました。
当時グレープ(さだまさしのグループ)は、精霊流しをヒットさせた後だったのに当日券で前から8列めの真ん中でした。

 やがて、結婚、出産のブランク期間を過ぎると、今度は子供たちを連れて「親子劇場」を見に何度も行きました。



映画は、シネコンが出来る、コンサートは、びわこホールが出来る。
建物も老朽化してくる。。時代の流れとともに「滋賀会館」の存在が薄くなってきました。




滋賀会館が閉館したのは、2010年3月31日。
その後の行方が気になっていましたが、NHKへの売却が決まりました。
「旧 滋賀会館跡地 NHKに売却」
滋賀県は来年度中に建物を解体して土地を引き渡すそうです。。

思い出をいっぱいくれた、あの大きな滋賀会館の形が無くなる。。
そんな寂しい事があっていいのでしょうか。。



[ 2013/10/19 18:07 ] ---まちあるき--- 滋賀県 | TB(0) | CM(7)