来年もよろしく♪

 すっかり御無沙汰となりました。

12月12日に 何人目かの(笑)孫が誕生しました。
14121106.jpg




-------------------------------------------------------------------------------------

12月23日に、主人の父 永眠。

バタバタと過ごすうち、気がつけば今年も残すところ僅かとなりました。

仕事は一年で一番忙しい時期。
私の側の親戚とのお正月のご挨拶の準備やらなんやら。。

多分、今年はもうブログ更新する時間がないと思います。

もう少し落ち着いてご挨拶をしたいのですが、取り急ぎの年末のご挨拶とさせて頂きます。

一年間ありがとうございました。
また来年もよろしくお願いします。

皆様 良いお年をお迎え下さい。
[ 2014/12/27 23:09 ] ご挨拶 | TB(0) | CM(4)

別府の町 「鉄輪温泉風景」 (大分県別府市)

 別府温泉 鉄輪の町は 温泉だけでなく、町並も、心を休ませてくれます。

14121001.jpg




14121003.jpg


14121005.jpg


[ 2014/12/16 17:33 ] ---まちあるき--- 大分県 | TB(0) | CM(2)

別府の町 「鉄輪温泉」 (大分県別府市)

 別府と聞けば、温泉。
でも、別府に八箇所の温泉地があることは知りませんでした。
別府八湯のなかで、一番温泉地らしく賑わっているのが「鉄輪温泉」 “てつわ” ではなく “かんなわ” と読みます。難読地名の一つでしょうか。覚えるしかない。。という読み方ですね。

 細い坂道に沿って、温泉、宿、お土産屋さんなどがあり、綺麗に整備もされています。



14120901.jpg

14120902.jpg

14120903.jpg




[ 2014/12/15 22:05 ] ---まちあるき--- 大分県 | TB(0) | CM(2)

とり天発祥の地 「東洋軒」 (大分県別府市)

14120803.jpg

 こんなにたくさん、「とり天」べられないかも。。
そんな心配無用。
「とり天」はとってもあっさりしていて軽いんです。
の女性の方も、お年を召した方も大丈夫。

「とり天」ファンです。


[ 2014/12/14 13:24 ] ---まちあるき--- 大分県 | TB(0) | CM(5)

「野口病院管理棟」 (大分県別府市)

別府駅の西。静かな住宅街の中に聳え立つ赤い三角屋根のかわいい建物。


14120701.jpg

大正11年(1922年)7月竣工。


[ 2014/12/13 12:56 ] ---まちあるき--- 大分県 | TB(0) | CM(0)

別府市市民会館 (大分県別府市)

別府市中央公民館の敷地内に隣接している、別府市民会館なども同じく改修工事に入ります。
2018年 新たな文化施設として生まれ変わることでしょう。
その前の貴重な姿を見納めすることができました。

14120601.jpg

14120602.jpg

14120603.jpg

14120604.jpg


[ 2014/12/12 12:36 ] ---まちあるき--- 大分県 | TB(0) | CM(0)

「別府市中央公民館」 (大分県別府市)

 「京大理学部施設地熱学研究施設」を後にして、広大な別府公園を西へと歩き抜け、昭和初期の迎賓館「聴潮閣」、朝早いため入館できないのは分かっていましたが、外観も殆ど捉えにくく。。またのおたのしみ。
→  聴潮閣

 南へと下ります。

目指していた「別府市中央公民館」らしきが、見え隠れしてきました。

14120502.jpg


 目の前に、お目当ての建物が 大きく現れるのも感動ですが、今日のように、ちらちら。。ちらリズムもまた快感。



[ 2014/12/12 11:40 ] ---まちあるき--- 大分県 | TB(0) | CM(0)

湯の町別府 「京都大学理学部施設 地球熱学研究施設」 (大分県別府市)

「湯けむり展望台」から見渡した別府の町。

14120413.jpg

 温泉とは無縁の町に生まれ育った私にとって、町中がもこもこと湯けむりが立ち込めている風景は、なんだか空想の瀬高のよう。旅番組で見た事はあるものの、こんな風景を目前にすると感動です。

14120414.jpg




[ 2014/12/11 10:10 ] ---まちあるき--- 大分県 | TB(0) | CM(2)

別府ラクテンチ - 歴史を抱えたラクテンチ -  (大分県別府市)

 別府ラクテンチ、ケーブルカーで入場して、道なりに進んで行くと、目に止まるのが朱の鳥居。


14120304.jpg

 なにやら、遊園地の賑やかさとは対照的に鬱蒼としていたので、一人でこの先へと進むのは断念しましたが、自宅に戻って調べて見ると、この先には「別府ラクテンチの創設者「山崎翁像」の胸像があり、さらに稲荷大社が祀られているとの事です。

 昭和初期には軍部にラクテンチの鉄や金属に目をつけられるが、乃木神社を建立し「軍人を祀るラクテンチ」とPRし、市民や観光客の楽しみを守った。「夢を創って夢を売る」知力を駆使し別府観光の立役者になった山崎権市は別府の観光王・油屋熊八と共に名を残した。



 

[ 2014/12/10 10:04 ] ---まちあるき--- 大分県 | TB(0) | CM(0)

別府ラクテンチ - 昭和の遊園地風景 ② -  (大分県別府市)

 面積15ヘクタール。。 と言われても私はイメージがわかないのですが、別府ラクテンチは、結構な広さです。
ケーブルカーを降りて外周をぐるっと回ると、ラクテンチ演芸場・お食事処に行き着きます。

14120226.jpg



さらに「デイキャンプ場」に続く下り坂が続いています。
14120225.jpg

14120234.jpg
→ ディキャンプ場
近くなら、娘家族が揃った時に利用したいけどなぁ。。。





[ 2014/12/04 22:43 ] ---まちあるき--- 大分県 | TB(0) | CM(4)