博多ラーメン  (福岡県福岡市)

 お昼時に博多に着いたならやっぱり「博多ラーメン」

新幹線口近くの「博多めん街道」に直行。
お目当ての「元祖博多だるま」へ。

15012102.jpg

15012105.jpg

15012104.jpg


[ 2015/01/31 21:57 ] ---まちあるき--- 福岡県 | TB(0) | CM(4)

高速バスで 小林IC~福岡駅  (宮崎県・熊本県・福岡県)

 11月に主人の実家を訪れた時は義父のお見舞いが目的だったので、前後に観光を組み入れました。
実家に一泊した翌朝は、最寄のICから、福岡駅まで高速バスです。
 九州に於いて、JRの利用率が低い分、中距離バスはかなりの頻度で運行され利用されています。
鉄道ファンにとっては、寂しい事ですが、路線の少なさと本数の少なさは否めず勢い高速バスでの移動になってしまうことは、日常生活では仕方のない事だろうと思います。


15011901.jpg

15011911.jpg

15011912.jpg






[ 2015/01/30 16:01 ] 長距離バス | TB(0) | CM(10)

大淀川橋梁 - 大淀川 -  (宮崎県宮崎市)

引用

大淀川橋梁

1915年(大正4年)建築
15011704.jpg

15011705.jpg

15011707.jpg


宮崎市の中心部を流れる大淀川を渡る日豊本線の鉄橋です。
橋長436.6メートルは日豊本線では最長。

→ 宮崎県の土木の日のページ 「大淀川橋梁」

 蒸気機関車が通る姿はさぞかし綺麗だったことでしょう。

もう少し近くで、特急列車が通過する姿を見たかったなぁ。

鉄橋の下、枕木の下から電車のお腹を見るのが最高だと。。書いておられる人がいらっしゃぃました。

 ふと。。叡山電鉄の貴船駅を思い出したりします。







[ 2015/01/29 13:46 ] ---まちあるき--- 宮崎県 | TB(0) | CM(6)

JR九州 日豊本線 「宮崎駅」 (宮崎県宮崎市)

15011202.jpg

 南宮崎駅から北へ20分位歩くでしょうか。 
「宮崎駅」です。

15011209.jpg




 駅に足場が組まれているようにみえてしまいました。
改装中なんだぁ。。。

<橘通>宮崎市役所・宮崎山形屋・養白寺・田中商店    (宮崎県宮崎市)

 宮崎空港からバスに乗り、宮交シティから、バスで主人の実家へと向かう時、車線の多さと、渋滞の様子と、「橘通○丁目」アナウンスされるバス停の名称から、「橘通」という場所が一番のメインストリートである事は 35年以上前に感じ取りました。

 あの時の賑わいを感じないのは土曜日の午前中だからなのか、時の経過とともに少し寂れてしまったのか。。
そんな「橘通」にポツポツと気になる近代建築がありました。



15011608.jpg
「宮崎市役所」 
1963年12月建築(昭和38年)
大淀川岸で昭和の香りを漂わせています。


15011607.jpg
茶色の建物は、 「宮崎市民プラザ」






[ 2015/01/27 11:25 ] ---まちあるき--- 宮崎県 | TB(0) | CM(2)

宮崎県文書センター  (宮崎県宮崎市)

宮崎県庁5号館 「宮崎県文書センター」
1926年(昭和元年) 佐伯組建築

県庁近くの静かな場所に佇んでいます。
以前は銀行だったそうです。

15011602.jpg

15011603.jpg

15011604.jpg


[ 2015/01/27 10:35 ] ---まちあるき--- 宮崎県 | TB(0) | CM(2)

宮崎県庁  (宮崎県宮崎市)

 年に一度、必ず主人の実家へ帰省した頃は、まだ子供も小さく、私自身も世の中の風景を楽しむほどの余裕はなかったので いつも空港から主人の実家へ直行。主人の実家で特に何をするという事もなく過ごしていたのでした。
35年の月日が流れ、やっと「宮崎」を ひとつの町として楽しむ余裕が出来ているのでした。
 「宮崎市」という場所もひとつの通過点でしかなかったのに昨年11月はじめて、地に足をつけて町を見て歩く事ができました。


「宮崎県庁」
1931年(昭和6年建築)

東国原知事が「どげんかせんといかん!!」と 注目を浴びていた頃。
そのバックに映し出される県庁を見て、いつか行きたいと思っていました。

15011402.jpg


 貫禄のある、堂々とした建物です。


[ 2015/01/26 20:35 ] ---まちあるき--- 宮崎県 | TB(0) | CM(6)

JR九州 日豊本線 「南宮崎駅」  (宮崎県宮崎市)

  別府の町を訪れた時の記事は昨日で終了。
そして 「南宮崎駅」 ?

 話があちこち飛ぶので混乱するかもしれません。それぞれ独立した記事として見て頂くのがわかりやすいかもしれません。

2014年は、主人の実家宮崎へは、三回行きました。
<GW> 娘達家族と一緒に車にて訪問。「義父義母が元気なうちに一度みんなで行きましょう♪」
<11月> 義父の病気見舞。 前後に周辺を周りました。
<12月> 義父の葬儀。



「南宮崎駅」は11月に訪れました。
全国各地の駅を訪れる事を趣味としている私。 駅訪問は、電車を降りた瞬間から始まっていると思います。
車窓が開く前に、ホームの様子を捉え、電車を降り、見送り、降りたホームを眺める、向かいのホームを眺める。。。。
そして、徐徐に駅外観を捉えていくその時間が好き。
 今回は、外からの訪問。
目に入る「南宮崎駅」

15011105.jpg


 こじんまりとした、昭和の国鉄駅らしさの漂う駅です。
青いラインは、「太陽と緑の国」らしさを感じます。

別府の町 「明礬(みょうばん)温泉風景」 (大分県別府市)

 年末年始の内輪の話題で随分ひっぱってしまいました(笑)
仕事以外、外部との関係が遮断されてしまうほどに忙しかった年末年始でしたが、やっと落ち着いた日々を送っています。
 10月に別府に行った時の記事を年内にきちんと終わらせたかったのに、そのままになっていました。

 別府の町の記事 → 「別府の町」">  「別府の町」


***********************************************************************************************

 順不同で記事を書いていましたが、最後に訪れたのが「明礬(みょうばん)温泉」
計画していた全行程を終えて、さらに時間が残り、市内観光バスにでもと思ったけれど、それほどの時間もなく、バス案内所で聞くと「明礬温泉はいかがですか? 丁度よい距離ですよ」と薦めてくださいました。
計画段階でも気にしていなかった温泉。
パンフレットを見れば、目にした事のないような小屋のようなものが建ち並んでいる。

 別府タワー近くのバスセンターから、山手へ20分も走るとそこは鄙びた静かな町。

15011007.jpg

15011015_20150124213054b2c.jpg

15011009.jpg


 道路沿いには、藁でつくられたような小屋 = 「湯の花小屋」 が建ち並び、道路下の地面からは湯気がたちのぼっていました。



[ 2015/01/25 17:28 ] ---まちあるき--- 大分県 | TB(0) | CM(4)

石山駅広場 元旦風景。

 

15010904.jpg

 2015年元旦。石山駅前広場でお餅つき。

15010903.jpg

 「日本海庄屋」さんの、お雑煮振舞でした。

[ 2015/01/24 22:14 ] ---まちあるき--- 滋賀県 | TB(0) | CM(2)