JR西日本 北陸本線3セク移管直前旅 「富山地方鉄道」

 鉄道好き、昔の姿の鉄道好きにとって「富山」は魅力ある土地です。
「富山地方鉄道」
 現有路線の総延長距離は100.5kmという、私鉄が走っています。 しかも、レトロ感たっぷりの駅舎、車輌、日本海、立山連峰と車窓も素晴らしく、富山県の宝のひとつでもあると思うのですが、新幹線開業にともなって 「富山駅で降りて富山地方鉄道に乗ろう」と宣伝するわけにはいかないのでしょう。


 2010年に訪れた時のブログはこの日から続いていますが、途中までとなっています。
→ 立山へ">立山へ


 富山地方鉄道は、富山市内をも路面電車で走っていて、その姿もまた私が好きなもの。


15032601.jpg

 前回見る事のできなかった電飾電車!!

JR西日本 北陸本線3セク直前旅 「富山駅」 (富山県富山市)

 企業の支社が多い地方都市は、ビジネスホテル乱立地域となり競争が激しく格安ホテルが多数あります。
富山駅前のそのひとつで、二日間同じホテルに連泊しました。

 朝晩お世話になった富山駅は北陸本線開業に向けて最後の仕上げ工事中。

 過去に何度か下車している富山駅もこうなってしまうと元の姿が思い出せなくなっています。

15032509.jpg
新幹線駅工事前からあった富山駅だったでしょうか。
現在は「あいの風とやま鉄道」の駅舎として使われているのでしょうか。

15032520.jpg
工事中の富山駅ですが、私が乗車した時にも一部使っていたのかもしれません。

15032501.jpg




JR西日本 北陸本線3セク移管直前旅 「泊駅」下車 (富山県下新川郡)

15032407.jpg

こういう地図は、昭和の時代にはよく見かけました。

泊駅前。
これが作られたのもきっと昭和でしょうから、どれだけのお店が残っているかわかりませんが、このあたりを歩けば痕跡があるはず。
ただ、ゆっくりとした時間がないので、ぐるっとひとまわり。


15032401.jpg


[ 2015/03/29 06:00 ] ---まちあるき--- 富山県 | TB(0) | CM(4)

JR西日本 北陸本線3セク移管直前旅 「泊駅」 (下新川郡)

 前回記事「谷浜駅」は、JR西日本駅の東端「直江津駅」の一つ手前の駅でした。
駅目的で旅をする事が殆どの私の場合、素直に前進あるのみでない事も多々あり、今回「泊駅」は、直江津駅から一時間かけて戻ったところにある駅です。 黒部から少し北東の駅です。


15032319.jpg
「泊駅」
同名の駅が山陰本線にもあって、混乱しがちでしたが、記事を書いている時点では「あいの風とやま鉄道」の駅となってしまいました。



15032314.jpg
何か新しい機械にカバーがかかっているのが気になってしまいますが、改札から待合室を見れば、昭和がそのまま。
改札口に駅員さんが立つ場所がある。
床材。
ドアの取っ手。
目に入るものすべて私をひきつけます。

やっぱりここで降りて良かったなぁ。


JR西日本 北陸本線3セク移管直前旅 「谷浜駅」下車 (新潟県上越市)

15032205.jpg


15032206.jpg

改札口を出た右側の陸橋は、北陸本線、国道8号を越えます。

15032207.jpg

15032209.jpg

[ 2015/03/27 06:00 ] ---まちあるき--- 富山県 | TB(0) | CM(0)

JR西日本 北陸本線3セク移管直前旅 「谷浜駅」 (新潟県上越市)

 有間川駅の隣の駅。
駅間距離がわずか、4キロと短いのは、有間川駅が地元の強い要望により作られた駅だからです。

15032225.jpg




15032202.jpg

15032203.jpg



JR西日本 北陸本線3セク移管直前旅 「有間川駅」 (新潟県上越市)

 筒石駅から、直江津方面へ10分。 有間川駅で下車します。

15032101.jpg



15032103.jpg

15032109.jpg


企画展「江若鉄道の思い出」 (滋賀県大津市)

15033051.jpg
 現在 大津市歴史博物館で開催中の「江若鉄道の思い出」
初日の朝に足を運びました。


玄関を入ってすぐ、目をひくのが 三井寺下駅のジオラマ。
15033004.jpg

 三井寺下駅のすぐ近くに住んでいたのに構内を見た事は一度もなく、垣間見えていた懐かしい建物が どのような位置にどんな風に建ち、どのような役目を果たしていたのかが、ジオラマからわかります。


15033001.jpg

15033002.jpg






15033003.jpg


[ 2015/03/24 06:00 ] ▼廃線・未成線 江若鉄道 | TB(0) | CM(6)

企画展「江若鉄道の思い出」 <江若鉄道の痕跡さがし> (滋賀県大津市)

「JR西日本 北陸本線3セク移管直前旅」は、小休止。




 幼い日の思い出を、たぐり寄せることが心地よく、懐古趣味であるのは、幼い日の時間が幸せであったからでしょう。
両親の愛情を一心に受けて、穏やかな日々を過ごしていたからだろうと、感謝しています。




 現在、大津市歴史博物館で開催中の「江若鉄道の思い出」 

15032934.jpg

江若鉄道とは、その名の通り近江と若狭とを結ぶ事を目的に設立された鉄道。
1921年(大正10年)に滋賀県の三井寺下-叡山間。10年後の1931年(昭和6年)に浜大津 - 近江今津間51kmが開通しました。
ところが、湖西線開通が決定。1969年(昭和44年)に廃線となりました。

 幼い日々を過ごしたのは三井寺下駅。 毎日、江若電車を見て育ち、幼い日の情景の隅にはいつも江若がありました。
鉄道好き、思い出好き の私が、「江若鉄道の思い出」という企画展示を見逃すわけがありません。


初日の3月7日の朝から見にいきました。


 15032938.png
勿論、関連講座は三つとも参加させて頂きます。


[ 2015/03/23 06:00 ] ▼廃線・未成線 江若鉄道 | TB(0) | CM(8)

JR西日本 北陸本線3セク移管前直前旅 「筒石駅」 下車 (新潟県糸魚川市)

 筒石駅 次の電車まで1時間15分。
でも、地上に出るまで結構時間かかったような気はするけど。。
駅周辺を少し歩いてみます。

駅への取り付け道路を出ると、さほど交通量の多くない一般道が走っています。
目の前には、北陸道。

15032002.jpg

15032003.jpg

15032001.jpg




 二本の北陸道を頭上に見て、目の前遠くには海が広がっています。
15032004.jpg

 特急が運休するほどの荒天日。
傘をさしても、飛ばされる。
フードをかぶっても飛ばされる。
横殴りの小雨が降る。
カメラのレンズを手で覆いながらの撮影で、全体に鮮明でない写真ばかりになりました。

お天気のいい日なら、綺麗に日本海を見落とせたでしょうに。
でも多分、ここりあたりは、地形的に晴天日が少ないように思います。

[ 2015/03/22 13:15 ] ---まちあるき--- 新潟県 | TB(0) | CM(4)