仙台駅~石巻駅 (宮城県仙台市 石巻市)

 東北のJR路線については、これまた全くわかっていない状況。
どこへ行こうか、何があるのか。
宿は決まっているから、時間的な事から石巻駅まで行く事にしました。

「仙石線」というものが仙台と石巻を結んでいる路線のようだけど、路線図で見ると東北本線から小牛田を通り石巻線を通るのが最短のような気がする。
どこを通っているのかもわからないまま、車窓に海が見えました。

15103001.jpg

駅名すらチェックしてなかったので、もしかすると「仙石東北ライン」だったのかもしれません。
未知の地に、入る時は、もっと目を光らせないといけないと、今更思います。

車窓に飛行機が見え、なんだろう?と思っていたら ここは航空ショーの最寄駅のようです。

15103002.jpg

[ 2015/10/29 22:21 ] ---まちあるき--- 宮城県 | TB(0) | CM(0)

「仙台駅」「北仙台駅」 (宮城県仙台市)

 はじめての東北。まるで外国にでも来たかのような気分で何もかもが珍しく、私の基本? 駅舎観察も上の空。

「仙台駅」
昭和のターミナル駅の堂々たる風格が漂っています。
ローカル線を旅していても、ターミナル駅というのは乗換駅であったり宿泊地にしたりするので多くの県庁所在地駅等を見てきましたが、これほど昭和感を残している駅はもう少なくなってきました。

15102914.jpg


15102901.jpg


ペデストリアンデッキ等なかったであろう、昭和の時代の方が、もっと存在感があり、駅全景を望めたでしょうに、ちょっと寂しくもあります。

15102902.jpg
なにやら、工事中です。



[ 2015/10/26 22:52 ] ---まちあるき--- 宮城県 | TB(0) | CM(4)

東北 はじめの一歩  (宮城県仙台市)

 関西人の一番遠い日本は「東北」だと言います。
日本は大きな二つ地域に分けられていて、東日本・西日本。
ここでまず、西日本の分類に属してしまうため、すべての情報が西日本中心になってしまいます。
さらに、旅も、まず北海道へ向かいます。ツアーも北海道中心、修学旅行も北海道。関東は言わずと知れた日本の中心ですし、北陸はJR西日本が富山まで伸びているため比較的近い。
そんなこんなで、中間地点の東北という場所は、どうしても一番馴染みのない場所となってしまいます。
 私とて、この歳になっても東北はまだ未踏の地。
「東北」ってとこに行ってみたいなぁと思っていたところへ、フットワーク軽く、リーズナブルに旅をするぷにょさんの様子を見て 「一度お得な飛行機で一緒に東北行ってみたいねぇ」と言っていたら、お得な飛行機予約してくださいました。
往復12000円。


 そんなわけで、二週間前に一緒に新居浜へ行ったばかりだと言うのに、贅沢にもまた旅行♪

15102801.jpg

 神戸空港の利用は二度目。
通勤時間帯に神戸空港まで移動した前回は、その混雑振りにうんざりしました。
ところがどうして、昼間の時間帯に移動すれば混雑知らず、ポートライナーを降りればそこが空港。 昼特切符を使ってJRで移動すれば1000円。
こじんまりとした空港は、落ち着けるし、意外に穴場な空港だと今回 魅力を感じました。


15102803.jpg

陽が落ちる頃に飛行機に乗るのは、何年ぶりでしょう。
飛行機に乗るのももう10年ぶり位です。




[ 2015/10/22 12:21 ] ---まちあるき--- 宮城県 | TB(0) | CM(6)

あかがねのまち新居浜ブロガー旅行記 INDEX

あかがねのまち新居浜ブロガー旅行記 INDEX

◇ 新居浜へ行ってきます

<2015年10月3日、4日>
◇別子銅山産業遺産 【東平エリア】  貯鉱庫・索道基地跡  旧保安本部
◇別子銅山産業遺産 【端出場エリア】  第四通洞 端出場鉄橋 端出場隧道 旧端出場水力発電所 泉寿亭 
◇ しらす丼 いよかんソフト みきゃん  【端出場エリア】
◇別子銅山産業遺産 【星越エリア】 旧新居浜選鉱場 旧星越駅舎 山田社宅群 西洋社宅
◇別子銅山産業遺産 【星越】 住友化学歴史資料館(旧住友銀行新居浜支店) 広田建設株式会社(旧惣開郵便局) 旧別子病院
◇別子銅山産業遺産 【上原エリア】① 広瀬歴史記念館 
◇別子銅山産業遺産 【上原エリア】② 旧広瀬邸
◇別子銅山産業遺産 【山根エリア】① 大山積神社 別子銅山記念館 山根競技場観覧席
◇別子銅山産業遺産 【山根エリア】 ② 旧山根精錬所煙突
◇別子銅山産業遺産 【立川エリア】 ① 遠登志橋
◇別子銅山産業遺産 【立川エリア】 ② 鹿森ダム 青龍橋
◇新居浜市別子山森林公園 「ゆらぎの森」
◇新居浜市別子山森林公園 「ゆらぎの森 パーゴラ」
◇新居浜市別子山森林公園 「ゆらぎの森 【オーベルジュゆらぎ】」
新居浜市別子山森林公園 「ゆらぎの森 【オーベルジュゆらぎ 夕食】」
◇新居浜市別子山森林公園 「ゆらぎの森 【オーベルジュゆらぎ 朝食】」
◇創作地区内 「cafe Zecca 」でのランチ
◇「創作地区」
◇別子ライン 【マイントピア別子周辺】 幼稚園跡 立川中宿・立川精錬所跡 つり橋を渡ってみたら 立川イエスの御霊教会
◇住友別子鉱山鉄道 廃線跡
◇新居浜市総合文化施設・美術館 「あかがねミュージアム」

◇新居浜旅行を終えて。そしてさらに・・・



今回の旅の「おとも」は、ぷにょさん。
ぷにょさんは、鋭い洞察力で素晴らしいブログを書いておられます。
是非是非、ご覧くださいませ。

→ まちかど逍遥 新居浜再訪

[ 2015/10/20 21:48 ] その他 | TB(0) | CM(4)

新居浜旅行を終えて。そしてさらに・・・ “あかがねのまち新居浜ブロガー旅行記” (愛媛県新居浜市)

新居浜旅行を終えて。そしてさらに・・・ “あかがねのまち新居浜ブロガー旅行記”




「新居浜旅行に行ってくる」と言うと、妹は「えらぃ、またマニアックなとこに(笑)」と言いました。
確かに。
際立った観光地はなく、ましてやピンポイントではなく2日間滞在するなんて、いったい何があるの?という感じでしょう。
でも、今こうしてブログを書き終えても、さらなる興味が広がっています。
それほどに「新居浜」という町は奥が深いのです。


 私自身「別子銅山」という地名は聞いた事あったけれど、それが四国の新居浜市というところにあることも、その歴史が280年にも及ぶものであるという事も知りませんでした。
旅行前の勉強は、実際にその地に立ってみないたなかなか自分のものにならないもの。
 書くために振り返り、画像整理、資料整理をしていく中でやっと自分のものになりました。


 280年前に露頭が発見され、翌年住友により発掘が開始され、一貫して住友家が経営してきた新居浜は、「住友」の町です。
その、別子銅山の発展に大きく貢献したのが、我が滋賀県出身の広瀬宰平。
以降、採鉱の地を 東平、山根へと次第に山の下へと移動、移動により人の暮らしも移動していきました。
採鉱場所が海面下1000メートルに達したとき 歴史に幕を閉じたのです。

 閉坑から40年の月日が流れましたが、多くの遺構が残っています。



[ 2015/10/10 23:00 ] ---まちあるき--- 愛媛県 | TB(0) | CM(0)

新居浜市総合文化施設・美術館 「あかがねミュージアム」“あかがねのまち新居浜ブロガー旅行記” (愛媛県新居浜市)

新居浜市総合文化施設・美術館 「あかがねミュージアム」 “あかがねのまち新居浜ブロガー旅行記”


 新居浜駅前で、斬新なデザインの建物が異彩を放っています。

15102201.jpg



2015年7月18日にオープンしたといいますから、まだ3ヶ月にもならないならない、総合文化施設。

[ 2015/10/10 21:13 ] ---まちあるき--- 愛媛県 | TB(0) | CM(0)

「住友別子鉱山鉄道 廃線跡」 “あかがねのまち新居浜ブロガー旅行記” (愛媛県新居浜市)

「住友別子鉱山鉄道 廃線跡」 “あかがねのまち新居浜ブロガー旅行記”

住友別子鉱山鉄道は、1977年(昭和52年)まで愛媛県新居浜市において鉱石輸送や旅客輸送を行っていた住友金属鉱山運営の鉱山鉄道(一時期地方鉄道)の通称です。
伊予鉄道に続く愛媛県で2番目の鉄道(山岳鉱山鉄道としては日本初)として1893年(明治26年)に開業しました。

昭和4年から昭和30年まで旅客を乗せていたので、新居浜の人々の生活に密着していた鉄道だったことでしょう。

全廃は昭和52年(1977年)ですが、今も町のあちこちにはっきりとわかる廃線跡があります。


15102601.jpg
マイントピア別子あたりでは、はっきりと線路までが残っています。

別子ライン 【マイントピア別子周辺】 “あかがねの町新居浜ブロガー旅行記”  (愛媛県新居浜市)

別子ライン 【マイントピア別子周辺】 “あかがねのまち新居浜ブロガー旅行記”

15102408.jpg

マイントピア別子あたりの道路、地図上 ちょうど「別子ライン」との文字があるあたりに面白いものがいくつかありました。



【幼稚園跡】
別子ラインから、川を渡ったところにある、広場を備えた建物。
15102306.jpg

15102301.jpg

前回 ぷにょさんが訪れた時、地元の方が「幼稚園跡」とおっしゃっていたそうです。




[ 2015/10/09 22:09 ] ---まちあるき--- 愛媛県 | TB(0) | CM(0)

「創作地区」 “あかがねのまち新居浜ブロガー旅行記”(愛媛県新居浜市)

「創作地区」 “あかがねのまち新居浜ブロガー旅行記”

「創作地区」とは、旧正起ビル等の建物があった敷地内を全面的にリノベーションしてつくられた複合商業施設です。
リノベーション = 既存の建物に大規模な改修工事を行い、用途や機能を変更して性能を向上させたり付加価値を与えることである


15102111.jpg

会社として活躍していた時の建物の、面影を消すことなく、チラリズムのように一部分だけを黒く塗装している姿がお洒落で好感を感じます。




[ 2015/10/09 14:31 ] ---まちあるき--- 愛媛県 | TB(0) | CM(0)

創作地区内 「cafe Zecca 」でのランチ “あかがねのまち新居浜ブロガー旅行記” (愛媛県新居浜市)

創作地区内 「cafe Zecca 」でのランチ “あかがねの町新居浜ブロガー旅行記”


2日目のランチ、「愛媛らしいものをべたいんですけど」、別子銅山記念館でお聞きしたら「創作地区はどうでしょう?」と教えてくださいました。


15102001.jpg
2人の目を惹いたのは、このお店。

15102002.jpg

[ 2015/10/08 22:59 ] ---まちあるき--- 愛媛県 | TB(0) | CM(0)