長野電鉄 「須坂駅」 ‘信州・私鉄の旅’ (長野県須坂市)

長野電鉄長野駅からノンストップなら26分の「須坂駅」なのに、途中下車を繰り返していてすでに2時間。

ここに来て、はじめての大きい駅。
駅前広場も広く、ゆったりとしているのですが全体像を綺麗にとらえる場所がみつかりませんでした。

16043107.jpg

少し前の画像では、駅名は建物の上に一文字ずつ大きく掲げられていてインパクトがあったのに、現在はおさなしい感じで少し寂しいです。


16043115.jpg
「すさか」ではなく「すざか」と読みます。


長野電鉄 「村山駅」 ‘信州・私鉄の旅’ (長野県須坂市)

 朝陽駅からは7分 駅の所在地は長野市から須坂市へと変わり、信州らしい広大な景色に包まれるようになってきました。



「村山駅」
16043003.jpg

16043001.jpg

16043004.jpg


長野電鉄 「朝陽駅」 ‘信州・私鉄の旅’  (長野県長野市)

 桐原駅から4分でまた下車します。
趣きのある駅舎を見るのが大好きなので、前へ進むのはなかなかです。。

16042901.jpg
相変わらず、多くの乗降客があります。





「朝陽駅」
16042907.jpg

16042906.jpg



長野電鉄 「桐原駅」 ‘信州・私鉄の旅’  (長野県長野市)

16042801.jpg

 乗車して驚き。次から次へと学生さんが乗り込んできます。
ローカル線もターミナル駅周辺は通勤通学の電車としての役目大きいところが多く、朝乗車するとこのような状況になることはよくあり、長野電鉄同じくなようです。



長野駅から5つめ、8分。地上駅になってふたつめの駅です。

16042803.jpg

16042824.jpg

 これ位のダイヤだと、町のみなさんも利用しやすいだろうと思います。

長野電鉄 長野駅 ‘信州・私鉄の旅’ (長野県長野市)

2012年8月。
長野駅で乗換をした時に、ちらっと駅の外に出たときに見かけた「長野電鉄」の文字。
いつか乗りたいと思っている路線を目の前にしながら、素通りしないといけないもどかしさ。
長野は遠いよなぁ。。 今度いつ来られるかなぁと、思ったのでした。
→   信越本線「長野駅」 2012夏の青春18切符は乗り鉄で

ローカル私鉄ながら、地下駅から発着するという事に興味がありました。 




JR長野駅善光寺口前の地下通路入口からと、駅前の入口二方向から、乗り場へ行くことができます。

16042704.jpg

16042703.jpg

16042705.jpg



信州大好き!! ‘信州・私鉄の旅’ (長野県)

ずっと遠くまで続く高原。高い山。。
あーやっぱり信州!!と 深呼吸してしまいます。
そんな中を駆け抜ける電車。
降り立った駅は、澄みきった空気の中で、時を越えた様相を健気に感じさせてくれます。
あーー いいなぁ。。
もっとどっぷりとつかりたいなぁ。。

信州は裏切りません。。すべてが素晴らしい。





 私が始めて信州に足を踏み入れたのは中学三年生の時の修学旅行。近隣の学校は東京や日光を訪れていた時代に、なぜか東京と信州でした。
でも、決められたルートをバスで行くだけ。それより友達とのおしゃべりに夢中だったり、好きな男の子の行動ばかりみていたり(笑)
蓼科高原、鬼押出し、善光寺。
記憶の中で、際立っているのは 長野駅から椅子の夜行列車で大津駅まで帰ってきたこと。薄暗い中で車内を友達と歩き回ったこと。

 鉄道が好きになって、まだ間もないころ。身延線に乗ってみようと思い訪れたのが、意識して信州に足を踏み入れた最初。
ペンションのおじさんに標高が一番高いところにあるという「野辺山駅」まで車で送ってもらったのも、スイッチバックの姨捨駅に行ったのも、小海線に乗ったのも、今思えば鉄道ファンとしては魅力的な事なのに、まだまだ何もわかっていない時でした。
 その後、何度訪れたでしょう。飯田線で長野県入した事もあったし、松本を訪れたこともなり、諏訪湖を訪れた事もありました。
 そのどれもで、素晴らしい景色に出会えました。


0608091_2016042421370621e.jpg
(2006)

12081911_20160424214111b7d.jpg
(2012)











 今回は、念願だった上田電鉄、長野電鉄が目的でしたが、その道中出会ったすべてが最高でした。
この感動をどうしようか、缶詰にでもつめこめたらいいのにと。。
このような状況に居ることができるすべてに感謝だと。。。

それほどにいい旅でした。
[ 2016/04/25 17:00 ] 長距離バス | TB(0) | CM(6)

近鉄 「古市駅」 “近鉄週末フリーパスの旅”  (大阪府羽曳野市)


 まだ少し時間はあるし、名残惜しいし、阿倍野まで乗鉄してみようかと橿原神宮前駅で南大阪線に乗ってみました。

16042501.jpg


田園地帯が見えたかと思えば、住宅地、大きなお店。。
都市近郊らしい車窓が続きます。

日曜の夕刻、意外に通勤客のような雰囲気の人が多い。。

さて、
と時刻表を検索してみると阿倍野まで行って帰って来ると帰りが遅くなる。
阿倍野の手前は「古市駅」ということで、下車。

近鉄吉野線 「葛駅」 界隈 “近鉄週末フリーパスの旅”  (奈良県御所市)



16042405.jpg


16042401.jpg
[ 2016/04/24 17:00 ] ---まちあるき--- 奈良県 | TB(0) | CM(0)

近鉄吉野線 「葛駅」 “近鉄週末フリーパスの旅” (奈良県御所市)

 橿原神宮前駅から吉野駅まで途中下車した駅以外に、気になる駅はいくつもありました。
それほどに、私にとって魅力を感じさせてくれたのが吉野線でした。

16042411.jpg

なんでもない駅のようですが、階段・柱を見るとその古さを感じます。

16042412.jpg

ポストが丸ポストだといいけど、殆ど見かけなくなりました。

吉野山ケーブル 「吉野駅」 “近鉄週末フリーパスの旅”  (奈良県吉野郡)


16042201.jpg

16042202.jpg

16042203.jpg


 帰りはのんびりと下り坂。景色をゆっくり楽しみながら歩くのもいいのですが、ここはやっぱり「ケーブル」に乗って、復路も楽しみたい。。。