JR東海 東海道本線 「豊橋駅」 風景 (愛知県豊橋市)

 豊橋駅は平成8年に橋上駅となり東西連絡通路が綺麗に通っています。

17051501.jpg

17051504.jpg
頭上になびく、カラフルな旗が気分をポップにしてくれます。




17051505.jpg

17051502.jpg
観光客をも優しく迎えてくれます。
この地が、どういう地なのか、最初に感じ取れるのがこういったものです。

17051506.jpg





[ 2017/05/31 17:00 ] ---まちあるき--- 愛知県 | TB(0) | CM(0)

JR東海 東海道本線 「豊橋駅」 (愛知県豊橋市)


 「飯田線秘境駅号」に乗車するために、秘境駅号運行区間外の移動は青春18切符を利用する事にしたのですが、飯田はやっぱり遠く一泊の必要がありました。 豊橋駅発に乗車するか飯田駅発に乗車するかわくわくと思いを巡らせたりしましたが、結局 二日目に飯田駅から乗車するしか方法がありませんでした。
2日目の13時に飯田駅に居る必要がある。 さぁて どうしようか。。JRの駅巡りもいいなぁ。でも結構、周辺は降りてるから。。
そうだ!! 豊橋鉄道に乗ろう!! (笑)
豊橋の路面電車と近代建築に長年思いを寄せていたものの、中途半端な距離でなかなか行けていない路線。(実は、こういう路線がまだまだ多くあります。)

 豊橋駅まで3670円 青春18切符との差額1370円。 途中下車もしないからお得感は小さいけれど、まぁいいでしょ。


17051401.jpg
名古屋駅から豊橋駅行に乗車。

17051403.jpg
さすが、愛知県の主要都市。 多くの乗降客です。


JR東海 飯田線 「飯田駅」下車 ピアゴ飯田駅前店 (長野県飯田市)

 9年前に下車したのは、一体何時だったのでしょうか。駅前のスーパーもすでに閉店していました。

ピアゴ飯田駅前店。


17053508.jpg

17053502.jpg
このエスカレーターで昭和を感じるのはなぜでしょ?
手すり形状? 色? 
それとも照明の形?

お店の外観も、昭和。やはり「駅前店」は、手を加えられる事なくなっているのでしょう。
系列のショッピングモールが郊外に出来ているようです。

人々の生活が、車によるものになっていっています。

[ 2017/05/29 17:00 ] ---まちあるき--- 長野県 | TB(0) | CM(2)

JR東海 飯田線 「飯田駅」下車 ぶら~り (長野県飯田市)

9年前に飯田駅で下車した時は、もう日が暮れかけている時。
駅前のお店はすでにシャッターがおり、食事を取るところさえ見つけるのに苦労したのですが、太陽がさんさんと降りそそぐ昼間は全く印象が違います。
飯田市の中心駅というだけあり、そこそこの賑わいがあり、ここもまた観光拠点の雰囲気が漂っています。


17053401.jpg

17053402.jpg
[ 2017/05/28 17:00 ] ---まちあるき--- 長野県 | TB(0) | CM(0)

JR東海 飯田線 「飯田駅」 (長野県飯田市)

 天竜峡駅から、岡谷行に乗り飯田駅で下車します。

17053301.jpg

17053302.jpg

17053303.jpg

17053305.jpg

跨線橋、待合所、ローカル線の主要駅らしい佇まいです。

JR東海 飯田線 「天竜峡駅」下車 ぶら~り  (長野健飯田市)

17053202.jpg

17053204.jpg

国定公園 「天竜峡」は 天竜峡駅を降りてすぐ。眼下にその雄大さを見下ろせます。




17053219.jpg

17053218.jpg

17053203.jpg

天竜峡にかかる白い橋は「姑射橋」という名称。。
ん~。。 なんかさらっと流せない。。 でもだから 覚えられる。。



17053211.jpg

[ 2017/05/26 17:00 ] ---まちあるき--- 長野県 | TB(0) | CM(0)

JR東海 飯田線 「天竜峡駅」下車 ぶら~り (長野県飯田市)

観光地「天竜峡」を見渡す、立地が最高の「天竜峡駅」
ここは、天竜川ライン下りの発駅でもあります。

17053009.jpg

17053004.jpg

17053001.jpg



[ 2017/05/25 18:00 ] ---まちあるき--- 長野県 | TB(0) | CM(0)

JR東海 飯田線 「天竜峡駅」 (長野県飯田市)


山、川が線路に迫りくる中、ここにいったい人が住んでいるの?と思うようなところにある駅を通り過ぎ、突然前後左右を明るく感じるようになりしばらくして停車する駅が「天竜峡駅」

17052906.jpg

17052901.jpg

17052904.jpg

17052912.jpg

赤いマンサード屋根が町をより明るくしています。

昭和2年 伊那電気鉄道の終着駅として開業。駅舎は平成2年に改築されていますが、形はほぼ同じで この地にあって、きっと洒落た駅だったことでしょう。

JR東海飯田線 豊橋駅~天竜峡駅  (愛知県 静岡県 長野県)

急行「飯田線秘境駅号」は期間中1日2本 
豊橋駅発 9時50分発 飯田駅15時30分着
飯田駅13時08分発 豊橋駅17時54分着
日帰りはとても無理だとわかっているけれど、1泊2日での自宅への帰路往路を考えると、2日目に飯田発に乗車するしか方法がありませんでした。


17052801.jpg

豊橋駅泊  
豊橋駅6時発

「飯田線秘境駅号」に乗車するため飯田駅へと向かいます。


17052802.jpg

JR東海 飯田線 「渡らずの鉄橋」(浜松市)  「東栄駅」(愛知連設楽郡)


飯田線秘境駅号は、秘境駅に停車してくれるだけではなく、ビューポイントでの徐行運転もしてくれます。

小和田駅を過ぎ、しばらく豊橋方向に走行。 城西駅の前後は、「渡らずの鉄橋」として有名です。


17052710.png

水窪川右岸を走っていた列車は 城西駅手前で左岸へ渡ったあと、しばらく左岸を走り城西駅通過するも、再び 右岸を走り始めます。

短距離内に鉄橋があるのに、結局 川を渡った事になっていません。
これは、水窪川左岸の掘削中のトンネルが中央構造線の地殻変動により崩落し、やむなくその部分を迂回したためにできたものです