FC2ブログ







樽見鉄道の旅 「日当(ひなた)駅」 【2018】  (岐阜県本巣市)

18092401.jpg

トンネルを出ると「日当駅」だった。

18092416.jpg







18092414.jpg
駅の先には、すぐに橋梁が待っています。

トンネルと橋梁に挟まれた駅です。
[ 2018/09/30 15:00 ] 樽見鉄道 | TB(0) | CM(0)

樽見鉄道の旅 「谷汲駅~日当駅」 【2018】  (岐阜県揖斐郡・本巣市)


18092301.jpg

谷汲口駅の隣、「神海駅は」 国鉄時代、樽見までが開業する1989年まで終着駅でした。


谷汲口駅~日当(ひなた)駅まで4駅。
その間に7箇所もの橋梁があり、平日には車両先頭部に立つことも容易なので、なかなか面白いです。


18092302.jpg

18092303.jpg
[ 2018/09/29 18:12 ] 樽見鉄道 | TB(0) | CM(4)

樽見鉄道の旅 谷汲口駅 保存車「オハフ500形」  (岐阜県揖斐郡)


18092207.jpg

谷汲駅口駅のホーム脇、多分貨物側線であっただろう場所に 保存車両がありました。

18092202.jpg

18092208.jpg


その、古びた感じは、駅周辺の静けさにとても似合っています。


18092201.jpg


[ 2018/09/28 15:00 ] 樽見鉄道 | TB(0) | CM(0)

樽見鉄道の旅 「谷汲口駅」 【2018】  (岐阜県揖斐郡)

 1956年(昭和31年) 国鉄樽見線、大垣~樽見口駅開業に伴い終着駅として開業しました。



18092109.jpg

18092110.jpg

列車を降りて正面が駅舎。
特徴のない簡素な駅舎ですが、ゆったりとした場所に建っているので存在感があります。


旧名鉄谷汲駅が谷汲山華厳寺のすぐ近くにあるのに対して、こちらの駅は華厳寺まで5キロ。 駅名に「口」が入っているのも納得です。
列車の到着に合わせ、華厳寺へ行くバスが発着。列車の本数は少ないものの、公共交通機関で華厳寺へ、いえ、「旧名鉄谷汲駅」へへ行くのには、便利です。

[ 2018/09/27 21:19 ] 樽見鉄道 | TB(0) | CM(0)

「谷汲山華厳寺」 【2018】 (岐阜県揖斐郡)

18092016.jpg

18092017.jpg

西国三十三番満願霊場「谷汲山華厳寺」

 西国三十三カ所をまわって、最後にお参りするところ。

この石段を登りきれば、華厳時にお参りできるけど、この石段を前にして引き返しました。
帰りのバスの時間がとても気になりました。 駆け足で登れば、間に合うかもしれないけど、バス停を確認しておかなかったのし、ひとつ逃せば予定がくずれる と、断念しました。

 今回の旅でここは計画に入っていませんでした。
名鉄旧谷汲駅を見た後は、廃線跡をたどりつつ、樽見鉄道谷汲口駅へ戻る予定でいたものの、草が多いのと、自信がなかったのとであきらめ、それならお昼ごはんにしようかと思ったものの近辺に見つけれず、ならば、華厳寺へ行ってみようかと思ったのでした。

[ 2018/09/26 17:00 ] ---まちあるき--- 岐阜県 | TB(0) | CM(2)

名鉄 旧谷汲駅<昆虫館> 【2018】 (岐阜県揖斐郡)

 
   駅舎はホーム部分と切符売り場のあるあたりだけだと思っていましたが、左隣接の「昆虫館」は廃線当時駅舎でした。
 平成8年(1996)、廃線の5年前に二階に昆虫館を併設した駅舎に改装されました。

 下調べが甘く、ホームに比べ新しく雰囲気が違うそこもが駅舎だと思わずに写真を撮りませんでした。


 駅舎一階だった部分は売店になっていて、 どうやら二階に展示があるらしい、そういや鉄道資料が展示してあると書いてあったけど。。あらまぁ昆虫館と一緒?

 二階への階段にすでに蝶々の展示が見えています。
昆虫の中でも、特に苦手なのが蝶々。図鑑、テレビで見ているだけでも鳥肌が立ち、たとえ漫画のような「絵」であっても気持ち悪い。。

 んーー どうしましょ。 ここまで来て 鉄道関連の資料を見逃してしまったらもったいない。。




1801913.jpg

[ 2018/09/25 15:43 ] 名古屋鉄道谷汲線 | TB(0) | CM(0)

樽見鉄道の旅 「名鉄谷汲線 ほんの少しだけ廃線跡」 【2018】  (岐阜県揖斐郡)


18091801.jpg

18091802.jpg

名鉄谷汲線終着駅 「谷汲駅」

保存車両の運転席から伸びる線路。
ホームの先から伸びる線路。

線路はどこまで続くのでしょう。

[ 2018/09/23 17:00 ] 名古屋鉄道谷汲線 | TB(0) | CM(2)

樽見鉄道の旅 「旧名鉄谷汲駅」保存車 【2018】  (岐阜県揖斐郡)

 2001年(平成13年)に、全面廃線となった、名鉄谷汲線。駅舎が保存されているだけでなく、車両も保存されていて、その時代にそのまま戻れる視覚を強めてくれています。



 18091723.jpg

18091722.jpg

18091720.jpg

18091702.jpg


「モ514」
大正15年(1926)に製造されたという車両。
丸いヘッドライト、丸窓 そしてなんと言っても車両の両端が半円型とも言える程に丸くカーブしています。
カッコいい、シャープさなどを求める現在の車両と違い、まぁるくまぁるく、優しくかわいい車両。
まるでおとぎの国の列車のようなものが、町を走っていた時代、そんな時代に戻ってみたいと思うのです。

[ 2018/09/22 16:37 ] 名古屋鉄道谷汲線 | TB(0) | CM(4)

樽見鉄道の旅 「名鉄 旧谷汲駅」 【2018】 (岐阜県揖斐郡)

「名鉄旧谷組駅」

18091504.jpg

18091505_s.jpg 18091506_s.jpg



18091508.jpg


大正15年(1926) 谷汲鉄道が黒野 - 谷汲間を開業
昭和19年(1944) 名古屋鉄道が谷汲鉄道を合併。谷汲線となる
平成13年(2001) 全線廃止

名鉄 谷汲駅は当時の姿を残して保存されています。

18091503.jpg






[ 2018/09/21 11:25 ] 名古屋鉄道谷汲線 | TB(0) | CM(2)

ひそかに。 あるバス路線の廃止 (滋賀県大津市・京都市)

 
 5月に鉄道歴史研究会の仲間とフィールドワークに出かけた帰り、知人がこんなバス路線がある事を教えてくれました。

18091601.jpg

 年に一度の運行。
丁度お休みなので、乗ってみようと計画していたのですが。。。

[ 2018/09/21 09:41 ] その他 | TB(0) | CM(2)