FC2ブログ







天神山文化プラザ  (岡山県岡山市)

(2019.7.25訪問)

20041805.jpg

岡山電気軌道東山線「城下」で下車。 路面電車の走る賑やかな通りから東へと少し進めば、静かな通りとなります。

天神山文化プラザがあるのは、天神山の頂上部だったところ。
江戸時代には岡山城下の一部となり、岡山藩支藩の岡山新田藩(のちに鴨方藩)主・池田氏の屋敷や政庁、さらに郡会所が立地していました。

20041801.jpg
長く岡山県庁もありましたが、昭和20年岡山空襲により焼失しました。

[ 2020/04/30 15:55 ] ---まちあるき--- 岡山県 | TB(0) | CM(0)

新型コロナウィルス感染拡大の中で思う事 

20041603.jpg


主人が玄関アプローチに描いた落書です。
「GWはおうちにいましょう」

[ 2020/04/28 20:57 ] その他 | TB(0) | CM(0)

おかでんミュージアム (岡山県岡山市)

(2019.7.25訪問)


2016年12月 岡山電気軌道東山線の終着駅「東山停留場」のすぐ横に「おかでんミュージアム」が出来ました。
2017年4月には「東山・おかでんミュージアム駅停留場」と改称されています。

20041513.jpg




20041503.jpg

20041502.jpg

チャギントン電車  (岡山県岡山市)

(2019.7.25訪問)
 古い駅舎・車窓・廃線跡が好きな鉄道ファンですが、「かわいい電車も好き」というのは、女性である証かと思ってみたりします。

「きかんしゃトーマス」は知っていても、「チャギントン」は知らないという人が多いと思います。
私も、男の子の孫がいるから知ってるだけで、それもトーマスほどに見る機会はありません。
イギリスで制作されたテレビアニメで、アニメらしく動きが大きく楽しいイメージです。
岡山のFacebook友達が、町を走るチャギントン電車の記事をアップしていて、そのインパクトに引きつけられました。
車体にチャギントンの絵が描かれているわけではなく、チャギントンそのままの形で、岡山の町を走っているのです。
これは、見に行かなくてはいけなぃ。。と青春18切符期間に計画したのでした。


20041402.jpg


どうです?
この ひょうきんなかわいいお顔。
人間世界の中に、アニメの主人公がそのまま飛び込んできたみたいな、この感じが、まるで夢のようでたまりません。

岡山電気軌道の車両達(2019)  (岡山県岡山市)


 - 小休止は此処までにして、2019年夏。青春18切符で岡山・山口を訪れた時の記事です。 -

青春18切符で何度か西へと旅した時に、いつも目に留まっていたのは、夏の南岩国駅から広がるハス畑。
何度も車窓から写真を撮りました。
あの場所にいつか身を置きたいと思っていた時、チャギントン電車が岡山の路面を走っているのを知りました。
「ひょうきんな顔をしたチャギントン電車が町を走る姿を見てみたい」という思いと ともに 再び西へと走ったのは2019年の夏の事てした。




(2019.7.25訪問)
20041301.jpg

20041302.jpg

たまごサンド 


20041204.jpg

最初にいただいたのは去年の10月頃。
「たまごサンド」を頼んで、運ばれてきたのは、刻んだゆで卵がはさんであるものではなく、一枚のたまご焼が、はさんであるものでもありませんでした。
大きなたまご焼きが、はさまれていました。
その たまご焼きはふんわり。。
柔らかいパンとともに、とても優しい感でした。

忘れられず今年三月に再び訪れました。






20041202.jpg


[ 2020/04/22 22:01 ] ---まちあるき--- 滋賀県 | TB(0) | CM(0)

リンクの整理をさせて頂きました。

2020年4月21日 当ブログからのリンクを整理させて頂きました。
存在しているブログは、そのままリンクさせて頂いています。
blog名が変更されているものは修正させて頂き、お引越し先のわかるものは新たにリンクに加えさせて頂きました。
リンク切れのblogは残念ながら、削除させて頂きました。


私がblogを始めたのは比較的早く、2004年11月。京都の町が紅葉真っ盛りの頃でした。
コメントを下さった方々との交流が始まり、相互リンクや実際にお会いさせて頂いた人もいらっしゃって全国に友達が出来ました。
ブログ人口はどんどん増え、最盛期2000年後半~2012.3年頃だったかと思います。
やがて、手軽でレスポンスの早いフェイスブックや、ツイッター、最近ではインスタグラムへと移行していく人々が増え、SNS人口も増加しました。
私も、そのどれもに登録し、更新もしていますが、ブログは幅広く表現が出来、時系列にきちんと保存され、マイペースでのんびり更新が出来るので、今でも更新させて頂いています。
文字通り、自分の足跡がしっかり残っているこのブログは宝でもあると思っています。


長年更新されていないblogが多数ありました。
それぞれにライフスタイル、環境に変化があったのだろうと思います。

自分のblogの存在すら忘れていらっしゃる方もおられるでしょうが、折角友達になり、相互リンクさせて頂いた方々を忘れたくはありません。
存在する限り、リンクさせて頂きます。

尚、間違いがあれば遠慮なくご指摘ください。リンク不要の方はご遠慮なくコメント、または非公開コメントを入れてくだされば対処させて頂きます。







今日現在、新型コロナウィルスの感染拡大のため、不要不急の外出自粛の状態ですが、一日も早い終息を願うばかりです。
過去の訪問先記事、近所の記事を中心にのんびりペースで更新していきたいと思います。
今後ともよろしくお願いします。



20041207.jpg
[ 2020/04/21 17:00 ] その他 | TB(0) | CM(0)

「麒麟が来る」ラッピング電車 - 京阪電車大津線 -  (滋賀県大津市)

 京阪電車大津線では2020年2月21日から、「麒麟が来る」ラッピング電車が走っています。
ほぼ車両全体に物々しく華やかな甲冑姿に身を包まれた登場人物が描かれ、一見重厚な雰囲気ですが、赤と、水色と 黄色が基調になっているので優しさも漂っています。

20041109.jpg





JR北海道 札沼線 「北海道医療大学 - 新十津川」 突然の別れ

19101709.jpg

長年利用してきたわけでも、身近にあった路線でもありませんが、日本のどこかで路線が消えていく事は寂しく哀しい。 
多くの人の心を運んできた路線が消える日までのカウントダウンの文字を見ました。

あの日、2020/5/6 のラストランまで203日だと言っていたのに。。




4月15日、新型コロナウイルス感染拡大のため、定期列車の廃止日は4月24日、沿線4町の利用者を対象にしたラストランは4
月27日に繰り上げにするとの発表がありました。

そして、それは北海道が新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言の対象地域となった事でさらに早くなりました。
定期列車の最終運行は4月17日、ラストランはなくなりました。


お別れは突然に、札沼線 北海道医療大学~新十津川 は 昨日ひっそりと廃線となりました。


仕方ない事情とは言え、札沼線の勇退を見送りかった利用者の気持ちがお気の毒で。
見送りを受ける事が出来なかった、札沼線が気の毒で。


ひっそりと消えて行く事となった札沼線に、この地から 大きく手を振り拍手します。。

自宅近くの桜 <2020.・4・2>  (滋賀県大津市)

朝、窓をあけると、川沿いの桜が目に飛び込んできます。

20040308.jpg


[ 2020/04/18 17:00 ] ---まちあるき--- 滋賀県 | TB(0) | CM(0)