FC2ブログ







広兼邸 (岡山県高梁市)

広兼邸は大野呂の庄屋で、同家2代目元治が享和・文化のころ小泉銅山とローハ製造(ベンガラ)を営み巨大な富を築き、二階建ての母屋、土蔵3棟、桜門、長屋、石垣は文化7年(1810年)の建築で庭園には水琴窟がもうけられており、規模、構造とも雄大な城郭を思わせる構えで今もそのままに当時の富豪を偲ばせている。

邸宅の向かいには明治初期、天広神社が建てられ、広兼個人の神社として祭られていた。社務所もあり、境内には花木が植えられ、池、築山がつくられ、形の変わった石灯籠数基がおかれ、狛犬もあり、全体的には庭園風となっており衆楽園と呼んでいる。

離れは大正の建築でお茶室、化粧部屋、客間、風呂などを備えたお座敷で当主の結婚式で一度使用されただけで以後は使用されていない。

映画「八つ墓村」のロケが昭和52年と平成8年の2度にわたり行われ、全国に放映された。


(「広兼邸」パンフレットより抜粋)


「あのお城みたいな建物がそうなん?」
hirokane1.jpg



hirokane2.jpg


hirokane3.jpg



hirokane15.jpg

坂道をひぃひぃ言いながら建物にたどりつき、お城さながらの城壁を横にしながら楼門をくぐります。

hirokane6.jpg

hirokane7.jpg

「門番部屋」「不寝番部屋」がすぐにあり、あとは玄関へと。。

間口が広い建物で、また内部に入ることができないのでイメージがつかみにくいのですが、とにかく広い。。


母屋部分では土間の部分に入れました。
hirokane11.jpg

「控間」

hirokane12.jpg

「台所」

hirokane13.jpg

「漬物置場」



母屋右側には「茶室」と「離れ座敷」
hirokane4.jpg

hirokane5.jpg



母屋左側は「長屋」
農作業場、仔牛小屋、番頭部屋 下女部屋 下男部屋・・
そして面白いのが「種こんにゃく保存室」
hirokane9.jpg

hirokane10.jpg



個人の神社まで所有していたと言う大邸宅。
高台に建つこの建物は富の象徴だったことが伺い知れます。

関連記事
[ 2008/02/26 15:58 ] ---まちあるき--- 岡山県 | TB(0) | CM(5)

素晴らしい写真と懐かしい建物に惹かれ、コメントします。
この近くの新見出身で、家族で行きました。
この秋定年退職で,Uターンです。
もう一度行ってみたくなりました。
実家の築120年の写真も保存しようと思います。
[ 2008/03/01 17:20 ] [ 編集 ]

★元ベース弾きさん

★元ベース弾きさん
ようこそおいでくださいました。コメントありがとうございました。
青春18切符での旅が好きで、よく新見で乗換をします。
因美線、津山線、姫新線、播但線。。 いい雰囲気ですね。
この日は、車で訪れたので また違った面を見ることができてよかったです。
美作あたりもいいですよね。
ゆっくりと行きたい場所です。

元ベース弾きさんのブログ、じっくり拝見させて頂きました。
[ 2008/03/01 22:19 ] [ 編集 ]

流石の邸宅。けれど、このすぐ傍に西江邸という現在もご当主がお住まいの大邸宅がありますよ!

是非、次回行かれて見たらいかがでしょう。
[ 2008/04/04 20:37 ] [ 編集 ]

★やったーまんさん

★やったーまんさん
そうなんですってねぇ。
昨日 青春18切符で旅中、三重県のとある無人駅に「吹屋ふるさと村 観光周遊バス」というパンフレットが置いてあるのを見つけました。
周遊コースに 「西江邸」が新たに加わりました。。
と書いてありました。
ん~。。 一足早すぎたかなぁ。

私が訪ねたのは モノトーンの雪の季節でしたが、今は、ピンクの桜や、黄色の菜の花が咲いていて華やかなんでしょうね。
また訪ねてみたいけれど。。ちょっと遠いかな。
[ 2008/04/05 21:46 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2008/07/11 03:47 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/1117-9e6bd717