FC2ブログ







湯谷温泉駅界隈  **飯田線に乗って**  (愛知県新城市)

 湯谷温泉駅で降りたのはいいのですが、次の電車まで、3時間以上の待ち時間があります。
木造駅舎で案内を頂き、下調べしておいた情報を元に、ちょっと町を歩いて見ます。。

 温泉街と言っても、有馬や城崎のような奥座敷的な華やかさこそありませんでしたが、「秘湯」と呼びたくなるような、のんびりとのどかな町でした。


駅を出て右手に少し歩くとこんな風景と出会えました。
 08041820.jpg


0804181_20080414141343.jpg



0804188_20080414141450.jpg

昔ながらの「温泉」らしい建物。



0804183_20080414141404.jpg

0804184_20080414141414.jpg

ちょっと小経を入るとお薬師さん。



0804185_20080414141424.jpg

0804186_20080414141436.jpg

温泉のお湯を、ガソリンのように購入することが出来ます。
100リットル100円はいいけど、どうして持って帰るのかなぁ?


0804189_20080414141500.jpg

汽車の標識って、そういや最近見ないなぁ。。






駅に戻り今度は左手へと歩いてみます。

08041815.jpg

湯谷温泉集会所。

08041810.jpg




08041813.jpg

08041812.jpg

08041811.jpg

吊り橋ですが、昔の吊り橋ほどは揺れません。。

08041814.jpg

鯉のぼりですか。。 もう少ししたら端午の節句ですもんね。。



宇連川沿いの<ささやきの小径>を歩く時間がなかったのが残念でしたが 山間の温泉街をの~んびり散策して、お昼ご飯を食べるのに「3時間」は丁度 いい時間でした。




08041816.jpg

0804182_20080414141356.jpg



f_01.gif
関連記事
[ 2008/04/14 14:42 ] ---まちあるき--- 長野県 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/1177-477a29f3