FC2ブログ







あれから17年 (滋賀県)

17年前の5月14日。 朝9時過ぎ 私は、石山駅前のバス停にいました。

「バスで行く? 電車で行く?」と話す女性グループの会話が聞こえてきました。
17年前、信楽では「世界陶芸祭」が開かれていて、連日たくさんの人で賑わっていました。
「あぁ。。陶芸祭にいかはるんやなぁ。。 」

午後 家に帰って、「信楽で電車が正面衝突して大変な事故になっている」と言うニュースを聞きました。

 あ。。あの人達は、電車で行ったの? バスで行ったの? 


 それより 「昨日でなくって良かった。。。。。。。」



 次女達はその前日、「電車で陶芸祭に行く」と言う校外学習を終えたばかりでした。
事故を起こした電車に乗る予定でした。

 一日違いで難を逃れた話は、次の保護者会の時に報告され、卒業式でも話題になり、ずっと語り草となっています。
 一日違っていたら、次女の学年はどうなっていたでしょ。
0805322.jpg






 事故に遭われた方々は、この日をどんな思いで迎えられたでしょう。
 お気持をお察致します。
 
 一昨日5月12日、信楽高原鉄道はのんびりと走っていました。
 事故の教訓をしっかりと受けとめ、安全運転をして頂きたいと思います。


0805321.jpg



f_01.gif


 
 
関連記事

今日(14日)のお昼のニュースで
17年も経ったことを知りました。

当時はデンシャにもまったく興味もなく、
また今以上に幼くバカだったので
「ふーん、大変なことが起こったんやね。
っていうか信楽に電車なんか走ってたん?」
ぐらいにしか感じませんでした。

いま改めて、亡くなられた方の御冥福と、
事故に対するJR、SKRの真摯な対応を願います。

娘さんはご無事でよかったですね。
紙一重で、人の運命は変わるんですね…。
[ 2008/05/15 02:53 ] [ 編集 ]

★Kyo-toさん

★Kyo-toさん
「草津線」「信楽線」
大津に住んでいる私達でさえ、日常的に利用する事はなく、その存在は、高校生になった時にそこから通学してくる人によって知りました。
「草津線」よりまだ不便だったのが「信楽線」
冬になると雪深く、大津の親戚に下宿する友人もいました。
廃止になる、第三セクターで「信楽高原鉄道」となって存続すると言う事も、私にとっては遠い話。
この日の事故にょって始めて、身近に感じた路線、鉄道です。

先日 お話に出ていた福知山線脱線事故もそう。。
鉄道事故でなく、交通事故、天災。
人の命って本当に、紙一重のところにあるんだと思います。

だからこそ、毎日一生懸命、充実した輝く生き方をしたいと思います。
[ 2008/05/15 16:02 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/1228-16d77365