FC2ブログ







旧水口図書館① (滋賀県甲賀市)

東海道五十三次の五十番目の宿場町「水口」
東側は三筋にわかれていて、北側の筋をほんの少し入ったところにあるのが「旧水口図書館」

0805391.jpg


0805392.jpg


1928年(昭和3年)完成。
ヴォーリズ作。

▲昭和45年まで
 町立水口図書運として利用されていました。
▲平成13年10月
 国の登録有形文化財となりました。
▲平成15年まで
 教科書センターとして利用されていました。
▲平成15年7月
 保存慣習工事始まる(8ヶ月間)
▲平成16年4月
 再び活用が始まりました。

現在は第二、第四日曜のみの公開です。





『 湖国のモダン建築 17 』

旧水口図書館は、水口出身の実業家井上好三郎さんの寄付によって建てられたものです。


08053917.jpg

08053918.jpg

08053919.jpg

縦長の窓と、塔屋がポイントとなってすっきりした中にも、美しさを感じさせてくれます。




08053920.jpg

0805393.jpg

出入り口の上の半円アーチ部分は 書物と燭台、オリーブなどのレリーフで飾られています。


08053021.jpg

ドアが開いている。中の様子を撮ろう。。としていると。。
「あ、忘れ物取りに来たのですけどね、良かったら 中に入ってください、どうぞ。。」 と、管理人の女性の方が声をかけてくださいました。

公開日じゃないので外観だけのつもりだった私には嬉しい話。
申し訳なくって、「遠くからじゃないんですよ、大津からなんですよ」「お急ぎじやないですか。。」などと、恐縮してしまいましたが、その女性の方は心よく、説明を始めてくださいました。



f_01.gif


関連記事
[ 2008/05/22 17:00 ] ---まちあるき--- 滋賀県 | TB(0) | CM(5)

平成45年には私は20歳  な訳ないですね。ヴォーリズ建築は広島にはないので興味はありますね。実物は一度見てみたいですね。やはり近江八幡でしょうか。
[ 2008/05/22 21:33 ] [ 編集 ]

いつも見慣れた建物ですが、きれいですね!
ヴォーリズ設計の中でもバランスのいいデザインで私的にはかなり好きな建物です。

これで確か2度目の水口宿でしたよね~~
今度はゆっくりできたのかな~~~
[ 2008/05/22 23:35 ] [ 編集 ]

★うてきなぷりぱさん ★くま先生

★うてきなぷりぱさん
おっと、間違っていましたね(汗)
訂正しました。スマートなご指摘ありがとうございました。

ところで 広島は因島にヴォーリズ建築があるようです。  → http://www.jttk.zaq.ne.jp/green_house/vories-sirataki.html

http://www.innoshima.com/shirataki/index.htm

宿泊できるなんて、なんと素敵なんでしょう。
一度行って見たいです。

★くま先生
この図書館も、教会も水口宿に自然に溶け込んでいるのがいいですね。

今回は三筋の水口宿を歩きました。
手が加えられずにそのまま残っていて素晴らしかったです。
[ 2008/05/23 21:26 ] [ 編集 ]

素敵~

かわいい図書館ですねえ。柱もエンタシスになってる!
今は何に活用されているのでしょう?
yumeさんが日頃の行いよかったからいい方に出会えて中も見せてもられたのですね。そして、塔の上まで!よかったですねえ。
[ 2008/05/25 00:29 ] [ 編集 ]

★vivasanさん

★vivasanさん
こじんまんりとした図書館でした。
今は、何に使っているわけでもなく、月に二度公開しつつ、この先を考えているところだとおっしゃってました。
それでも、こうして修復保存出来た事はうれしい事ですね。
[ 2008/05/25 20:52 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/1236-a49e715d