廃線から40年の江若鉄道 <近江今津駅>  (滋賀県高島市)

江若鉄道
近江の「江」 若狭の「若」 の文字通り、近江と若狭を結ぼうと設立された鉄道会社でした。
1921年(大正10年)に滋賀県の「三井寺下」-「叡山」 間が開業。
1969年(昭和44年)廃線と言いますから、約50年、滋賀の西部を走っていました。

実家は「三井寺下駅」のすぐ近く、三井寺下駅は車庫となっていて、「危ないから近づいてはいけない」と親に強く言われながらも、いつも並んでいる車両を目にしていました。

幼稚園に行く道の途中には江若鉄道の踏切があり、踏切番のおじさんがいつも小さな小屋に居て、電車が近づくと手動で遮断機を下ろし、旗をふっておられました。
廃線間近になると 車両を花で飾った電車が時々走るようになり、その電車が見たくて ずっと踏み切りの前で待っていて、幼稚園に遅刻した事もありました。。

廃線跡も長い間 線路はそのままで、レールと枕木を踏みながら、中学へ通う道では。。憧れの彼と言葉を交わしてドキドキしたり。。

残念ながら一度も乗った事はないのですが、父は江若鉄道で堅田まで通勤していましたし、
何かと思い出深い鉄道。
一番最初に出会った、一番近い鉄道でした。

0608263.jpg



関連記事 →  ありし日の江若鉄道
嬉しい事に昭和44年に廃線になった 江若鉄道の駅が今も残っていると聞きました。
0810047.jpg

0810048.jpg


若狭までの開通を夢見ながら、終着駅となっていた「近江今津駅」
0810046.jpg

0810045.jpg

0810044.jpg

0810042.jpg

0810041.jpg


現在は「岩盤浴」のお店となり、中に入る事はできません。
どの方向に線路があり、どの位置に改札口出札口があったのかを想像するのも難しい状態ですが、廃線から40年、駅舎が完成してからも77年もが経過した今も、当時の駅舎が現存している事は、とても珍しく嬉しい事です。

f_01.gif
関連記事
[ 2008/10/05 17:00 ] ▼廃線・未成線 江若鉄道 | TB(0) | CM(4)

近江の江ですね。近若鉄道にはならなかったのですね。この鉄道がなければ湖西線もなかったかもしれませんね。駅舎らしくない△屋根がいいですね。
[ 2008/10/05 17:59 ] [ 編集 ]

★うてきなぷりぱさん

★うてきなぷりぱさん
近江の事、「江州」(ゴウシュウ)とも言いますから、そこから きたのかもしれません。
江若鉄道が湖西線の前身みたいなもので、殆どそのまま湖西線ですものね。
江若鉄道に一度も乗ってないのが残念です。

今でも 違和感のない。。住宅のような駅舎。
当時は田圃の中のかわいい駅舎だったのでしょうね。



[ 2008/10/05 21:01 ] [ 編集 ]

残っているんですね

駅舎が現存しているとは・・
初めて知りました。
JRの駅からは離れているんですね?
パンフはJR近江今津駅でですか?
いちど見に行きたいです。
[ 2008/10/06 06:57 ] [ 編集 ]

★taketonさん

★taketonさん
湖西線の近江今津駅の近くです。
線路の西側と言いましょうか。
ちょっとしたスーパーの前でした。
マップはヴォーリズ通の「ヴォーリズ資料館」で頂きました。
taketonさんなら、すぐ見つけられると思いますよ。

駅だった。。とは言われないとわからないかもしれません。
[ 2008/10/06 16:17 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/1449-12c30abc