FC2ブログ







琵琶湖疏水・第一トンネル洞門 (滋賀県大津市)

0904164.jpg

琵琶湖疏水
明治2年(1869)の東京遷都によって火が消えたようになった京都を復興する方策は、京都を近代的な産業都市に脱皮させること。。と琵琶湖との水運を開き淀川を利用して大阪につなごうと琵琶湖疏水が建設されました。


画像は琵琶湖からの取水口を少しあがったところで 今では「三井寺の桜」とともに「疏水の桜」も有名になりました。


このつきあたりが長等山でトンネルをくぐり、これまた桜で有名な山科疏水へと通じ、京都東山のインクラインへと通じます。



疏水を最初に迎える第一トンネル東口は 三角破風をコリント式の柱で支え、半円アーチを開く堂々たる構えである。  
(「湖国のモダン建築」より)

0904161.jpg

書籍などには綺麗な画像が掲載されていますが、この場所に近づくのは至難の業。。といいますが、特別に許可を貰わないと近づけません。


父の子供時代には、このトンネルを抜け京都に通じる観光船もあったそうです。
私の通っていた小学校では 「あのトンネルの中には、コウモリがいっぱい飛んでいる~」と言われ、女子は恐れていたものです。。




0904162.jpg
トンネルの上部道路からの画像。
写真上部が琵琶湖です。


0904165.jpg
少し下流にある 明治22年完成 「大津開門」
ほんの数年前までこの場所に小さな小屋もあったのですが、このあたり少し風景が変わっていました。
さらに古い画像をさがし出してみたいと思います。




『 湖国のモダン建築 5 』
関連記事
[ 2009/04/16 22:38 ] ---まちあるき--- 滋賀県 | TB(0) | CM(4)

さすがyumeさん!!
真正面のトンネルがキレイに撮れてますね~o(≧▽≦)o
どーしても横から見たトンネルしか撮れなくて(汗)
私も三井寺の琵琶湖疎水は子供の頃から馴染みがあるので(遠足とか)特に桜シーズンはワクワクしちゃうんデスよね~(笑)

昔は観光船もあったんデスか?(・o・)
今もあれば絶対に乗ると思うのになぁ~探検が出来て面白そう♪
[ 2009/04/16 23:38 ] [ 編集 ]

疎水をたどる旅・・ですか

空と川と疎水の両側の桜のコントラストが美しいですねー

今も昔と変わらぬたたずまいを感じますね。
疎水をたどるって旅は、大変でしょう半端な距離じゃないでしょうし・・
トンネルを抜けると京都への観光船があったのですか。
復活させればいいのにー
人気の観光スポットになるかも知れませんね。

こうもりもご愛嬌ですし、こうもりで思い出しましたが、ヨハン・シュトラウスのオペラ
こうもりは面白いですよ♪ 
[ 2009/04/16 23:38 ] [ 編集 ]

★うさこさん

長等小学校正門に通じる石橋のところで、三脚をすえて、一眼レフの望遠で撮れば もっと綺麗に撮れると思うのですが、最近の私はもっぱらコンパクトデジカメです(汗)

父の話によると あの橋の手前に切符を売るところがあって、京都まで船に乗って行けた。。と言うのですが。。
考えてみれば、当時の事でしょ。トンネルの中は真っ暗かそれに近いのじゃないかと思うんですよ。
結構な距離 そのトンネルの中を通る事になるし、どんなだったんでしょ?
[ 2009/04/17 19:43 ] [ 編集 ]

★ryuさん

小学校の六年間、この景色を見て通学していたのですが、その頃は特に何を感じることもなく日常の風景でした。。 そんなものですよね。地元風景って、意外にその美しさに気がつきませんもの。


数年前に 実際に舟で疏水をたどる番組があったそうです。
地球環境保持が叫ばれる今、また 大津から京都への水運を復活させてみるのもいいですよね。

[ 2009/04/17 19:50 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/1615-90ebf8e4