FC2ブログ







石山商店街の 「TORAY」門柱 (滋賀県大津市)

0905371.jpg

石山商店街の西に、なにげなくこんな門柱があります。


0905373.jpg

歴史を感じさせてくれる門柱の奥は、「TORAY」=「東レ」の敷地かと思えばそうでもなく、物心ついたころから一般道でお店もありました。20年位前からは「石山の塾通」とも言われ塾が建ち並ぶ通りでもあります。


0905372.jpg



突当りは東レではなく、道路だったはずと、5分位歩くと、やや斜め突当りに東レの門がありました。
090053720.jpg

0905374.jpg

こちら現在の正門。
と言う事は先程の門柱は「正門」跡でしょうか?


さて 先程の門柱を反対側に進んでみます。

京阪電車大津線の線路で分断されてしまいますがその様子から、少し前までは通り抜ける事が出来たようです。

0905376.jpg

左にある建物は「東レ滋賀事業所瀬田川排水口管理室」と書かれています。電話番号から現在使われていない事がわかります。

09053714.jpg
09053715.jpg

後ろを振り返ります。この先が先程の現在の東レの門に通じています。
0905375.jpg




線路で分断された先を見るため、反対側へまわってみました。
「東レ㈱排水路敷」 これも日頃気になっていた場所ですが、商店街にあった門柱の先がここに通じていたのでした。
ペンキが綺麗に塗られているので、現在もこの下を排水管が通っているのでしょう。
0905379.jpg

道路の向こうは瀬田川です。
0905378.jpg

後戻りすると先程の線路で分断されます。
駐車場の料金案内の黄色い看板の場所で分断された場所がつながることがわかります。
0905377.jpg

恐らく。。この説明 余程興味を持って頭を働かせないとわかって頂けないでしょう(笑)





門柱からまっすぐ京阪電車の線路で分断される手前には銭湯跡があります。

09053711.jpg
09053712.jpg
09053713.jpg


09053710.jpg
ここにぼんやりと橙色の灯の下、一日の労働の汗を流そうと多くの人が 通ったことでしょう。
重い足取りが、軽やかにさっぱり。。




新快速電車が石山駅に停車するのは、東レ、旭絹織(旭ベンベルグの前身)、NECなどのたくさんの工場があったためです。
JRに引込線跡があるのも賑わいを見せた当時の名残です。
工員さんたちで賑わいを見せた石山商店街もここ数十年でもみるみる寂れ、今 マンション建設ラッシュです。
「東レ」の昔を辿る事ができる手がかりも間もなく消えてしまうのでしょう。
せめて、冒頭の門柱だけは残っていて欲しいものです。



f_01.gif

関連記事
[ 2009/05/26 17:07 ] ---まちあるき--- 滋賀県 | TB(0) | CM(4)

大津⇒石山⇒瀬田

このあたりには、まだまだ謎が秘められているんじゃないかと、常々、目をつけていました。

そうですか、こんな門柱があったんですか・・・。

この3駅には、さりげなくヴォーリズが散りばめられているでしょう・・・。これは、何かのサインですよ。今はもう忘れられたかもしれない・・・でもその瞬間には統一していた美意識みたいなもんが、きっとあったはずです。

・・・そんなものを見つけに出かけるのですが、駅前といえば写真よりも、ついつい飲みに入り、それだけで終わってしますのがこの3駅の欠点です(僕の欠点という説もあり)
[ 2009/05/26 20:09 ] [ 編集 ]

★dendoroubikさん

JRの駅があるところに 何かあり。。ですよね。
その昔そこに駅が出来たと言う事は、なにがしの需要があったはず。たとえ、今 すっかり寂れていたとしても、当時はきっと何かあった。。 そう思うとひとつひとつ調べたくなってしまいます。
三つの中で「瀬田駅」は割と最近ですね。

大津駅界隈はゆっくり歩くと面白いものがいっぱいあります。

私の場合、つい 駅前の定食屋さんに入りたくなってしまいます。。(笑)
[ 2009/05/26 20:41 ] [ 編集 ]

親父が東レにご縁があましてね。 終戦後良く石山に出掛けていました。
高度成長期になって私は一度仕事でNEGの工場に行ったこともあります。
石山はお寺以外にそんな思い出があるところです。、
[ 2009/05/27 07:55 ] [ 編集 ]

★Sango-Kc さん

いつも見てくださって、コメントも頂きありがとうございます。

Sango-Kc さんのお父様なら、この東レの門柱や当時の様子を詳しくご存知だったかもしれませんね。
石山の町。。昔は多くの煙突が並び煙が出ている様子を遠くから見る事ができました。

少し歩いて唐橋を渡りさらに瀬田川沿いを北へと歩けば、SANYOの工場もありました。(現在は研究所になっています)

月日の流れは町の姿をどんどん変えて行きますね。
[ 2009/05/27 20:59 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/1678-54c39451