FC2ブログ







仁木家住宅洋館 (滋賀県甲賀市)

0906242.jpg

仁木家住宅洋館
1923年(大正12年)建築

旧東海道の脇往還、「杣街道」の深川市場というところにあるこの「仁木住宅洋館」
古い町並の中のこの重厚な洋館はどっしとりした存在感があります。

神戸や長崎の町のように、洋館が建ち並ぶ場所にないからこそ、その良さがあると言えるでしょう。



下から上へ。。

09062411.jpg

0906244.jpg

0906248.jpg





左から右へ。
0906241.jpg

0906247.jpg

0906249.jpg


おや?

09062410.jpg

この住宅は隣の日本家屋とつながっていて、現在もお住まいでした。
洋館にカーテンがかかり、綺麗にお手入れされているのは、お住まいされているからなのです。
なんて羨ましい。。

湖国のモダン建築」よよりますと、「玄関が玄関中央にもうけられ内部は玄関ホールの右端に一室、左は階段となっている。玄関ホールより奥は中廊下をL字型に廻し、左手は廊下に沿って便所があり、さらに奥の座敷へと続いている。中廊下の後方の部屋は太く短い円形とアーチで区切られている。 二階は階段を上がると細かい部屋が四室ある。
また室内の天井に吊られたシャンデリアをはじめ、調度やドアなど当初のものがよく残っている。」

この外観から室内の想像をめぐらせるだけで、胸高鳴ります。


0906245.jpg



『 湖国のモダン建築 16 』
関連記事
[ 2009/06/10 20:18 ] ---まちあるき--- 滋賀県 | TB(0) | CM(4)

ここも

インパクトがありましたね。
和風の家が並ぶ中にすっくと建つその姿に惚れ惚れしました。
玄関周りなども見事です。
アーチとシャンデリアで装飾された室内・・・うわー、想像するだけでゾクゾクしますね。
[ 2009/06/11 21:40 ] [ 編集 ]

★ひろ009さん

洋館街にある洋館も勿論立派で、それぞれ魅力があるのですが、街道沿いにその存在感十分に建っているという事が、この建物の魅力をよりいっそう引き立てていますね。

現在もお住まいになっていると言うのも、素敵です。


それにしてもひろ009さん、一日でこのあたりと、五個荘の方も行かれたのでしょ。。
私達の甲賀シリーズは 前回の東近江市とは別の日です。。
ひろ009さん お疲れ様でした。
[ 2009/06/11 21:49 ] [ 編集 ]

窓は両開き

誰が設計をしたのでしょうか。
滋賀県のあちこちにある近江兄弟社のヴォーリズが建てたのではと、想像します。

窓も両開きで、近くにはなかったモダン建築だったでしょう。
どんな人が、住まわれたのでしょう。
[ 2011/10/31 16:51 ] [ 編集 ]

★imasan

おっしゃる通り、ヴォーリズさんの設計です。
きっと、踏み込みの深い階段と、クリスタルのドアノブと、機能的な間取りと。。 優しい設計になっているのでしょうね。是非 中を拝見したいものです。

調べていくと、甲南病院を開かれた方のお宅だという事です。
甲南病院もどこかにヴォーリズさん設計の棟があると聞き、見に行った事があるのですが、見つける事ができませんでした。 甲南病院の設計もヴォーリズさんがされたとするなら、院長さんのお宅がヴォーリズさん設計というのも納得できます。
[ 2011/11/01 21:52 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/1713-61d8b3e8