新日鐵広畑製鐵所専用線廃線跡 (兵庫県姫路市)

09112710.jpg
 飾磨港線を辿った後、再びここに戻り 赤いレール(ガーター橋と言うらしいです)の廃線跡を辿ってみます。



0911271.jpg


  向こうに見える赤い橋のようなものがのがどうやら、廃線跡のようなので、めざして歩きました。





0911273.jpg
うんうん。。この感じは間違いない。

振り返ると バラストが綺麗に残った廃線跡がはっきりとしています。
0911272.jpg


0911274.jpg
錆びて読めなくなった標識に「鉄橋 線路 内」の文字を発見。。

09112711.jpg
「ここを専用線が走り、川を越えていたんだなぁ」としみじみ想いを巡らせながら、しっかり踏みしめながら歩きます。

こちらの標識は、違う部分がはっきりと。。しかも嬉しい文字。
0911275.jpg
「新日鐵広畑製鐵所」
朽ちた感じに「鐵」の文字。


0911276.jpg


0911277.jpg
廃線5年前の塗装です。


その先も、跡は続いています。
0911278.jpg

暫く進むと、資材等がおかれていて、行く手を阻まれました。
0911279.jpg


先ほど出会ったおじいさん「工場まで続いているよ」と話してくださいました。


日曜日の昼下がりだと言うのに、人の姿は皆無に等しいこの界隈に残る廃線跡。
あまりに似合いすぎていました。

「1986年(昭和61年)11月1日 - 専用鉄道廃止。
この専用鉄道は、製品の発送や、岡山県新見市にある鉱山からの生石灰搬入に使用されていた。」




09112712.jpg



廃線跡を

たどって歩く・・・

冒険を感じますね!

山梨と静岡の分水界の「大谷崩れ」を見て衝撃を受けた幸田文さんが
その後、とりつかれたように全国の崩落現場を見て歩く『崩れ』という本(名著です)
あの迫力を感じます
[ 2009/11/28 13:10 ] [ 編集 ]

★dendoroubikさん

「とりつかれたように全国の崩落現場を見て歩く」

とりつかれたように「廃線跡を訪ね歩く」「木造駅舎を見て歩く」
<熱中人>っぽい私は、そういう事をしてみたいのですが、悲しいかな。。貧乏暇なしですねぇ。。(汗)
でも、鉄道路線図を見ながら、検索して木造駅舎を探したり、訪ねられそうな廃線跡を見つけたりしているのがとっても楽しいです。
[ 2009/11/30 18:36 ] [ 編集 ]

同じ会社のもっと古いかもしれない鉄道

全長2kmに及ぶトンネルです。途中に一箇所蒸気機関車の煙を吐き出す煙突があるようです。ちょっと珍しいでしょう。
[ 2009/12/07 14:18 ] [ 編集 ]

★東北人さん

ご紹介のサイトは東北人さんがお作りになっているものなのでしょうか?
とっても面白いサイトですね。これから参考にさせて頂きます。

2.4キロのトンネルですか。。
なんとも。。気が遠くなるような。。。
昔はいろんな鉄道、専用線があったんですねぇ。
[ 2009/12/07 22:31 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/1856-565820e0