FC2ブログ







年の瀬ですね。

年の瀬を迎え皆様、慌しい時をお過ごしの事と思います。


元気いっぱい90歳100歳まで生きそうな勢いの実父を、まるでドラマのような経過で亡くしました。
それはあまりに突然で、衝撃的で、哀しみよりも驚きが大きく、何が起こったのか信じられないまま、時が過ぎました。
あれからもう半月です。

人の命のはかなさを知りました。
人の温かさを知りました。



今年は本当に人生最大の波乱万丈の一年でした。
年明けすぐ、体調を崩し、検査、入院、手術、退院できたのは桜の咲く頃。
落ち着いた頃に母の入院。。 
母が快気祝をみなさんにお渡し出来たと落ち着いた頃に父の突然の死でした。

人生何が起こるかわからない、何事も決して他人事ではない、自分の身に降りかかってくる確率って意外に高いのだと感じました。



その間に小さな命の誕生もありました。
落ち着いた合間に鉄道旅もいっぱいしました。 西日本パスのおかげで「枕崎駅」まで行くことも出来ました。


決して、いい一年だったとは言えないけれど、たくさんの事を経験できた一年でした。



皆様もお体に気をつけて、よいお年をお迎えください。



関連記事
[ 2009/12/30 13:00 ] ご挨拶 | TB(0) | CM(8)

。。。

最愛のお父様を亡くされ、ポッカリと心に穴があいてしまったような心持ちでしょう。
両親の死というものは、生命あるものは、必ず死ぬんだなという事実を突き付けられますよね。
そのとき、自らがいかに無力な存在であることを思い知らされるし、、生命の大切さとか、想いやりの心の大切さを改めて思うよね。
でも、頭では理解できても、悲しみは消えないよね。人生って、しんどいよねぇー。
悲しいけれど、お父様の死は、yumeさんの心に沢山の想い出を残して下さったと思います。
yumeさん、1年間、お疲れ様でした!!
それじゃ、また、ご縁があったらお会いましょう・(笑)
来年もよろしくお願いいたします~
良いお年を・


[ 2009/12/30 16:18 ] [ 編集 ]

一年間、お疲れさまでした

しばらく休みます
・・・の言葉から半月
毎日 訪問してましたが 更新がなく
どうされたのかな・・・
と心配してましが

かなしい出来事があったんですね・・・

振り返ると今年一年
いろんなことがありましたが
yumeさんをはじめ いろんな方々との出会いもありました・・・

どうぞよいお年を!
[ 2009/12/30 19:31 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2009/12/31 08:55 ] [ 編集 ]

★ryuさん

父の事は、未だに信じられずにいます。
実家に行けば、まだ二階から飛ぶように降りてきて(それほどに元気だったんです)あれ食べる? これ食べる?。。と次々とお菓子を出してきてくれるような気がするんですよ。
「ちよっと旅行に行っていないだけ。。」そんな感じです。

何が起こったんだろ? 悪い夢でも見てるんじゃないかな。。

こんな風に。。すぅ~と父が少しずつ現実の人でなくなっていくのかな?

[ 2009/12/31 19:50 ] [ 編集 ]

★dendoroubikさん

今年も残すところあと、4時間ですね。
いろんな出来事があったけど、dendoroubikさんとの出会いは、私にとって、いい出来事のひとつです。
県内のいろんな隠れた魅力を教えていただく事が出来ました。

年があけて落ち着いたら、またゆっくりdendoroubikさんの所へお邪魔して素敵な写真拝見させて頂きます。

よいお年をお迎えください。
[ 2009/12/31 19:53 ] [ 編集 ]

★鍵コメントさん

お心づかいありがとうございます。

命は永遠ではないのですから、いずれは起こる事、でもまだまだずっと先だと思ってました。
だってあんなに元気だったんですよ。
話す事が大好きで、町中の人と知り合いでした。
「さっきまでそこを歩いていたじゃない?」「昨日話してましたよ」と。。皆さん驚かれました。
突然で、展開が劇的でした。
[ 2009/12/31 19:56 ] [ 編集 ]

御心痛の深さ、お察しいたします。
じつは私も先日、仕事上の恩師が急逝されました。
あまりに突然のことで、今もあまり実感がないというのが正直なところです。
私が今の仕事をこなせるようになったのは、まさにこの方のおかげでした。
ですので一報を聞いた時は言葉がありませんでした。
数日経ちましたが、得も言われぬ喪失感ととも、何一つ変わりなく進む職場を含めた日常や社会にたいしての空虚感のようなもの感じたりもします。
お父上のなくされたyumeさんのお気持ちは想像に
余りあるおつらい気持ちとお察しいたします。
いい言葉が見つかりませんが、また落ちつかれましたらブログのほうにもお戻りになられて、楽しい記事をご提供ください。
その時を楽しみにしております。
それでは良いお年を。
[ 2009/12/31 21:51 ] [ 編集 ]

★taketonさん

お返事遅くなりまして申し訳ありません。
少しはお気持ち落ち着かれましたでしょうか?
人の命なんて本当にわからないものだとつくづく感じました。
100歳を過ぎても元気な人もいれば、不慮の事故で突然に命を失ってしまう人もいます。
命を大切に、その日その日を大切に生きていかないといけませんね。

私の場合、直前まで言葉を交わしていて母がかわいそうでなりません。
母を守らなければ、母に成り代わらなければ。。という思いが当初から大きく、悲しみが隠れています。
人は、どんな辛い事があっても、前へ進まないといけませんね。

お互い頑張りましょうね。
[ 2010/01/06 12:17 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/1900-dbb8dcc8