FC2ブログ







JR西日本 城端線 「二塚(ふたつか)駅」 (富山県高岡市)

10100701.jpg


10100712.jpg


城端線 高岡駅から3.3キロ、一つ目の駅です。



降車しようとする「こんなとこで降りるの?」と運転手さんに言われてしまいました。
「本当にこんなとこでいいの? マニアか?」と笑われました。

そりゃあそうかもしれません。
旅行者風の女性二人が、田圃だけしかない駅で降りるのですもの。。
何かの間違いじゃないかと。。聞いてみたくもなるでしょ。。(笑)



10100707.jpg
一見なんの変哲もない古い駅。

10100717.jpg
「ふたつか」の文字もなかなか味がありますが、「JR貨物」の看板が珍しい。
ここは、旅客駅でもありますが「貨物駅」でもあります。
貨物駅といえば、広い構内、多くの貨車、機関車が並んでいるイメージがありますが、ここはのどかな田園風景の中に佇む貨物駅。

10100705.jpg


10100713.jpg






 降車してから、ホームで写真をゆっくりと撮っていると「早く来てください」と言われてしまいましたが、その理由はしばらくしてわかりました。
 改札のおじさんは、入線してくる貨物車の誘導をする必要があったのです。
10100704.jpg

10100706.jpg
貨物車を運んできた機関車が戻っていきます。




機関車はどこから来ているの?
この線路はどこに続いているの?
10100709.jpg

10100710.jpg
白煙がもうもうと立ち上がっているあの煙突のある工場。。
「中越パルプ」まで伸びています。

数少なくなってきて「専用線」。
国鉄時代、国の鉄道であった時代に企業へ専用線が敷かれていたということに興味があり、今もそれが残っている箇所には特別な魅力を感じます。


10100714.jpg







10100715.jpg




貨物車は線路に停車したまま。
高岡駅から機関車が迎えにくる様子を見届けたかったのですが、城端行の電車がやってきました。

関連記事

ローカル線の駅に若い女性が下車、なんて姿は今ではめずらしくない光景かと思うのですが、、、やはりJRの方も綺麗な女性に話しかけたかったのかもしれませんね。
[ 2010/10/11 08:33 ] [ 編集 ]

★うてきなぷりぱさん

 同行の女性が若くて綺麗だったからでしょうねぇ。。
彼女のおかげで、いろいろと得することがいっぱいありましたよ。
「旅は道連れ」です♪
[ 2010/10/11 19:18 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/2070-e572a47d


北陸の旅 ~城端線の駅

富山から戻って、高岡での城端線への乗り換えも4分。ホーム風景も撮る間もなくあずき色の 気動車に乗り込むと、学生でいっぱい!この線は安泰そうだ。 さて、yumeさんが下調べしてくれた途中下車候補駅のうち、二塚駅をいったん通り過ぎまず戸出駅へ。 戸出駅は古い木造...
[2010/10/17 03:26] URL まちかど逍遥