FC2ブログ







如意の渡し (富山県高岡市 射水市)

 JR氷見線伏木駅近くを流れる「小矢部川」
この小矢部川を渡るための渡し船が、ありました。
「如意の渡し」

「ありました」。。。

「もうなくなったんですよ」と教えて頂いたのは、高岡商工会議所伏木支所の親切な女性の方でした。

2009年8月2日廃止

「渡し船」という独特の情緒を感じさせてくれる船には、乗った事がなく、今回の楽しみの一つでしたが残念。。
ちょっと遅かったなぁ。。。



10102403.jpg

 対岸へ渡る船が一年前まであったのに。



10102401.jpg

10102402.jpg
「義経記 如意の渡」は、義経一行が奥州に落ち延びる途中、義経であることを隠すため、弁慶が義経を打ちすえる芝居を演じた伝説に基づき、弁慶が義経を扇でたたく姿を表現したブロンズ像。

 かつては賑わいを見せただろう高岡市側の乗場は、その余韻を残すものは特に見あたることなく、逆にこのブロンズ像がポツン。。寂しげに佇んでいました。





10102404.jpg
伏木万葉大橋開通 2009年8月2日。

そうです。この橋の開通と同時に「如意の渡し」は廃止されました。


10102405.jpg
歩いて橋を渡りました。



10102406.jpg
対岸の射水市に到着。





10102407.jpg

10102408.jpg

10102409.jpg

ここに船は着いていたのでしょう。。





勾配のある橋の上は、風もあります。
自転車の高校生は夏も冬も大変でしょう。

ひょい。。と気軽に船にゆられて、川の向こうに行けたのに、便利になったのは車ばかりではないでしょうか。。




関連記事
[ 2010/10/30 15:39 ] ---まちあるき--- 富山県 | TB(1) | CM(2)

謡曲の「安宅」とか歌舞伎の「勧進帳」の舞台になった場所として 石川の小松・・・安宅がクローズアップされることが多いですが・・・
あの話自体 後に脚色されたつくり話やと思うのですが・・・元になった逸話が生まれたのは 実はこのあたりやないかな・・・というのが自分の憶測です^^

どちらが本家か・・・
今となっては わかりようもないことですが・・・

10年ほどまえに決着がついたのをご存知ですか・・・?

甲子園で富山の新湊vs石川の小松・・・
9対5で 新湊が勝ちました^^
[ 2010/10/30 22:37 ] [ 編集 ]

★dendoroubikさん

ヒャヒャヒャ 野球で勝負ですか。。♪

昔の話の真実ってわかりませんね。。
うちが。。私のところが。。と争うことも多いのですが、わからないからこそいろいろ想像をめぐらせてみたり、調べてみたりして。。ますます楽しくなってくるんですよね。

[ 2010/10/30 22:48 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/2089-7cfa8aa1


-

管理人の承認後に表示されます
[2010/12/06 16:45] URL