高岡の町散策 (富山県高岡市)

 感動の塚本小児科を後にして、今度はJR高岡駅へと向かいます。
「どこが面白そう?」と裏道をフラフラと歩きます。


10111002.jpg
煉瓦積の防火壁、黒が基調となっている。。 山町筋を外れても、高岡らしい建物はあちこちにあります。


10111004.jpg
10111003.jpg
角にある高岡中央郵便局は、一階二階部分を町並みに合わせています。
庇の形も凝っています。



10111001.jpg
「高岡信用金庫」
縦のラインが綺麗、家に帰って調べてみるとやはり近代建築でした。




10111005.jpg
10111006.jpg
10111007.jpg


10111008.jpg


10111009.jpg


10111010.jpg


10111011.jpg
10111012.jpg


10111013.jpg

10111014.jpg



夜はこんなところで。。いっぱい?。。。
0111014.jpg




いえいえ 私達は、駅前の銭湯でのんびりしてから。。。 金沢の町へと移動します。。
10111015.jpg
10111016.jpg






関連記事
[ 2010/11/15 18:59 ] ---まちあるき--- 富山県 | TB(0) | CM(8)

ニャンちゃんの一コマ、ホッコリしたもの伝わります。“背中で語る”は人ばかりではないと…。そして今 朝日湯の紹介。塚本小児科といい本当に甘酸っぱい思いに浸っています。どちらも(朝日湯=改装前)子供時代 生活には切り離せないところでしたから。高岡は、年代を重ねた建物も現役で活かせられ各々の町名も江戸期?からのまま。古きものを大切にする・伝統を育むそんな凛とした姿勢が魅力です。いつの日かまたお越の際には金屋辺りを散策してみてください。
[ 2010/11/16 10:01 ] [ 編集 ]

★小豆とレトロさん

小豆とレトロとさんコメント、どうもありがとうございます。
幼い時を過ごした場所にはとてつもなく多くの思い出がびっしりと詰っているものです。
私など、大津市中心部で生まれ育ち現在は、大津市の郊外に住んでいますが、いまだに生まれ育った場所が懐かしく、年に何度かは訪れています。
両親の無尽の愛に包まれ育った場所。目に映る風景から幼い日々が溢れるように浮かんできます。
一年前に父を亡くし、その後母は病に伏し。。 そんな状況だからこそ生まれ育った場所が懐かしい。。
。。。。と 私の話になってしまい申し訳ありません。
朝日湯さんは、つい何年か前までは、小豆とレトロとさんがいらしていた時の姿を残していたようです。検索すると画像が出てきます。 内湯のない家で育ち、銭湯通をしていた私は お風呂屋さんもまた懐かしいのです。。
 でも私の生まれ育った町は、その時から古き良き時代を残しているものは少なかったですよ。
高岡の町で育たれたなんてとても羨ましいです。

 ブログ友達の富山に単身赴任中に、富山を好きになられ、高岡を好きになられた方がおられます。
「金屋町」の素晴らしさをよく書いておられます。
高山再訪を決めています。 金屋町もきっと訪れます。
[ 2010/11/17 21:09 ] [ 編集 ]

お返事の発見に今日は朝から五つ星のように弾みが付きました。こんな風に、生まれ育った地をほめて頂き二重の喜びです。色々思い返せば朝日湯の薬湯、あまりの黒さに見つめるだけの幼かった頃や塚本先生の往診等々細かなことが鮮明に蘇ってきました。そして今 大津も大好きな土地のひとつとなっています。そんなところからブログへ立ち寄ることが出来たことも確かです。高岡再訪の折には建築以外として長く変わらない宮田のたいやきもお勧めです。私もまた滋賀散策描きます。
[ 2010/11/18 18:02 ] [ 編集 ]

★小豆とレトロとさん

甘いもの大好きです。「宮田のたいやき」ですか。。 是非、口にしたいと思います。

11/23まで、旧大津市街で「大津百町大写真展」が、商店街の古い店舗、町屋、駅。。などで開催されていて、今日やっと見に行って来ました。
懐かしい。。懐かしい。。と見入る中に。。 父の優しさが鮮明に蘇る写真がありまして、涙が溢れてきました。
幼い時を過ごした風景というものは、本当に、今ここにいる自分の礎だと思います。。

滋賀散策されたのですね。。 小豆とレトロとさんの目が楽しみです。
[ 2010/11/18 21:21 ] [ 編集 ]

父と娘って、母と―とは全く違うものがあるような…と感じています。
“おんぶ”の工夫やら自転車の二人乗りとか…。そこには母が介入していないんですよね。
遠い昔の だけど小さな一コマ一コマがしっかり生きている!。
=大切な宝物=ですね。

そして<大津>発見自慢!?に湖西線乗車の折りに車窓から釘付けになったお家があります。
志賀駅近くですが眺める機会があればそれはもうドキドキ☆
とっても存在感があって周囲には黙っていられないほどです。
写真展のお知らせ、ありがとうございました。
[ 2010/11/20 06:09 ] [ 編集 ]

★小豆とレトロとさん

小豆とレトロとさん たびたびのコメントどうもありがとうございます。
志賀駅の近くの素敵なお家ですか。。 ん~ どこなんでしょ?。。。。
湖西線から見下ろす琵琶湖は絶景ですね。
高架路線で駅舎も新しく(開通は今から40年位前です)情緒は少ないように思いますが、車窓が素晴らしいと思っています。

父にお風呂に入れてもらうのは嫌だったなぁ。。だって洗い方が雑だったんですもの(笑)
[ 2010/11/20 21:07 ] [ 編集 ]

何だか しつこくなってしまいごめんなさい。

目が引き寄せられたお家。
JR線より西エリアにあり、確か…郵便局を中心に駅とは約等間隔。いわゆる洋館付き住宅でその洋間?
と思える間取り部分が車窓いえ琵琶湖に面しています。

それだけに北陸方面から上り京都・大阪方面の場合 進行方向“右側座席”は必須!
また“お目に掛かれた”それだけでも満足してしまうのです。
[ 2010/11/22 07:20 ] [ 編集 ]

★小豆とレトロとさん

小豆とレトロとさん。。 たびたびありがとうございます。
しつこくなんてないですよ。。♪
私も近代建築・洋館、洋館付住宅は好きなんで、貴重なお話ありがとうございます。
今度 湖西線に乗るときは、しっかりと確認させて頂きます、。
[ 2010/11/24 20:32 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/2103-137ee396